あの日は何曜日?
10000年カレンダー

干支表  過去の干支一覧早見表はこちら

(マウスオンで読み方が表示されます。)

番号
干支
1
甲子
2
乙丑
3
丙寅
4
丁卯
5
戊辰
6
己巳
7
庚午
8
辛未
9
壬申
10
癸酉
近年例 1984 1985 1986 1987 1988 1989 1990 1991 1992 1993
番号
干支
11
甲戌
12
乙亥
13
丙子
14
丁丑
15
戊寅
16
己卯
17
庚辰
18
辛巳
19
壬午
20
癸未
近年例 1994 1995 1996 1997 1998 1999 2000 2001 2002 2003
番号
干支
21
甲申
22
乙酉
23
丙戌
24
丁亥
25
戊子
26
己丑
27
庚寅
28
辛卯
29
壬辰
30
癸巳
近年例 2004 2005 2006 2007 2008 2009 2010 2011 2012 2013
番号
干支
31
甲午
32
乙未
33
丙申
34
丁酉
35
戊戌
36
己亥
37
庚子
38
辛丑
39
壬寅
40
癸卯
近年例 2014 2015 2016 2017 2018 2019 2020 2021 2022 2023
番号
干支
41
甲辰
42
乙巳
43
丙午
44
丁未
45
戊申
46
己酉
47
庚戌
48
辛亥
49
壬子
50
癸丑
近年例 1964 1965 1966 1967 1968 1969 1970 1971 1972 1973
番号
干支
51
甲寅
52
乙卯
53
丙辰
54
丁巳
55
戊午
56
己未
57
庚申
58
辛酉
59
壬戌
0
癸亥
近年例 1974 1975 1976 1977 1978 1979 1980 1981 1982 1983

干支名の上の番号は{(西暦年−3)÷60} の余りに当たる。

近年の西暦・元号・干支対照表はこちら   日の干支はこちら   過去の干支一覧早見表


干支とは

元々は何を表す原理であったのかはっきりしませんが、現代の日本では次のように理解されています。

世界を構成する五つの元素を「木、火、土、金、水」とし、それらをそれぞれ兄弟に分けると十干ができます。「干」は言わば「幹」と考えます。

(木) (火) つち(土) (金) みず(水)
(兄) (弟) (兄) (弟) (兄) (弟) (兄) (弟) (兄) (弟)

次に十二の「枝」を考えて十二支とし、動物にたとえます。

ね(鼠) うし(牛) とら(虎) う(兎) たつ(竜) み(蛇) うま(馬) ひつじ(羊) さる(猿) とり(鶏) いぬ(犬) い(猪)

これらの幹と枝を順に並べると、10個と12個の組み合わせですから次のように少しずつずれていきますが、61個目でまた最初の組み合わせに戻ることがわかります。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 ・・・ 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63
きのえ きのと ひのえ ひのと つちのえ つちのと かのえ かのと みずのえ みずのと きのえ きのと ひのえ ひのと つちのえ ・・・ きのえ きのと ひのえ ひのと つちのえ つちのと かのえ かのと みずのえ みずのと きのえ きのと ひのえ
うし とら たつ うま ひつじ さる とり いぬ うし とら ・・・ とら たつ うま ひつじ さる とり いぬ うし とら

このようにしてできた60個の組み合わせを六十干支といいます。

漢字では元々次のように書きます。

きのえ きのと ひのえ ひのと つちのえ つちのと かのえ かのと みずのえ みずのと
うし とら たつ うま ひつじ さる とり いぬ

たとえば一番最初の「きのえね」は「甲子」、最後の「みずのとい」は「癸亥」です。

読み方には音読みもあります。

こう、かっ おつ、いつ へい てい こう しん じん
ちゅう いん ぼう しん しん、じん ゆう じゅつ がい

古くはこの甲子から癸亥までの60の干支で年を表していました。「壬申の乱」や「戊辰戦争」などはその例です。甲子園は甲子の年(1924)にできたのでそう名付けられました。
では「昭和乙酉」とは何のことでしょう。そうです。終戦の年のことを言います。

年の干支についての言い伝えの例です。
辛酉(しんゆう)革命、甲子革命:中国の緯書にみえる予言説。中国よりも日本で信じられ,この年になると改元が行われました。
丙午(ひのえうま):陰陽五行説によれば丙も午も火になるので、この年生れの女性は気性が激しく、夫の運勢を圧倒しその生命も縮めるといわれました。

干支は60年経つと一回りして元の組み合わせに戻りますので「六十歳」のことを「還暦」と言うようになりました。

注意すべきこと:
一般的に新暦の一月は旧暦ではまだ前年の十一月や十二月のうちに当たります。
例えば2011年は「かのとう、辛卯(しんぼう)」の年ですが、正月から二月の二日までの間は旧暦でみるとまだ年が明けていないので「かのえとら、庚寅(こういん)」の年の内ということになります。この時期に生まれた方が旧暦での占いなどをするときにはちょっと注意してください。

西暦2011年に生まれた方はふつうは何月生まれでも卯年生まれといいます。ただし、敢えて旧暦の年で判断する占いであると指示がある場合にはそれに従うことになります。旧暦カレンダーで調べると西暦2011年は2月3日が旧元日に当たりますから、1月1日から2月2日までに生まれた方は寅年生まれとして判断することになります。

年を干支で表すときの信頼できる基準は漢の太初暦が公布された紀元前104年で、この年を丁丑として以後干支表の順に連綿として数え続けてきているのです。
任意の年(紀元後)の干支は次のようにして求めることができます。

{(西暦年−3)÷60} の余りが1→甲子、余りが2→乙丑、・・・・・余りが59→壬戌、余りが0→癸亥

過去の干支一覧早見表

干支は年だけでなく日についても当てはめられています。

日の干支についての言い伝えの例です。

庚申(こうしん):道教によれば、人の体内に三尸(さんし)という悪霊がすんでおり、庚申の日になると天にのぼって主人の過失を司命(生死をつかさどる神)に告げるので、そうさせないためにこの日には徹夜をせねばならないとされました。これを守庚申といいますが、日本に入ってくるともとの意味がいつしか忘れ去られ、庚申という日が庚申さんとして神格化される一方、守庚申も単なる徹夜の集いになりました。

三隣亡(さんりんぼう):一月・四月・七月・十月の亥の日、二月・五月・八月・十一月の寅の日、三月・六月・九月・十二月の午の日。これらの日には建築関係の仕事を忌みました。

三伏(さんぷく):夏至以後3度目の庚の日(初伏)、4度目の庚の日(中伏)、立秋以後最初の庚の日(末伏)を凶日とします。

その他に昔から二月最初の午の日を初午(はつうま)といい、稲荷神社のお祭りが行われました。また妊婦が安産を願い戌(いぬ)の日を選んで岩田帯を着ける風習もありました。また、土用の丑は土用(立秋前の18日間)の丑の日、酉の市は十一月の酉の日に立つ市、などがあります。

その日が何のえとに当たるかを知るのは楽しいものです。

日の干支を求める方法

十二支占い


このサイトはお役に立ちましたか? はい  いいえ

解説目次

戻る