音調研東京発音アクセント教室構音矯正科


側音化構音、その他の成人の機能性構音障害は当科の指導で短期に治癒します。

当教室の構音矯正科の指導は、成人の場合最初の1時間で正しい発音が可能となり、平均4時間で習熟練習まで終了する極めて有効なものです。
1997年に日本で始めて成人の機能性構音障害矯正の専門指導科を開設し、以後常に最先端の指導で他に追随を許さない豊富な実績数と好成績を誇っています。(担当講師 小森法孝)

成人の機能性構音障害の主なものは次の通りです。

○カ行、ガ行がタ行、ア行、ダ行、ラ行のようになる。
●キ、ギが正しく言えない。
●ケ、ゲが正しく言えない。
●サ行がシャ行やヒャ行のようになる。
○サ行がハ行やファ行のようになる。
○サ行、ツ、ザ行が鼻を鳴らすような音になる。
●シが正しく言えない。
○タテト、ダデドが変だ。カケコ、アエオ、ガゲゴのようになる。
●ジ、ヂが正しく言えない。
●チが正しく言えない。
○ツが言えない。変な息が混じる。鼻へ抜ける。
○●ツがチュ、キュ、クのようになる。
○ナ行が変だ。ガ行のようになる。
●ニが変だ。ギのようになる。
○パ行がア行のようになる。
●ヒが正しく言えない。
●ヤ行が正しく言えない。
●リが正しく言えない。ギのようになる。
●拗音(キャ、シャ、チャ、・・・ など)が正しく言えない。
●ある発音の時だけ息が横に漏れる気がする。

●は側音化構音に多いもの。

上記の発音異常はどれも正しい指導で短期に治る種類のものです。子供の頃からずっと治らなかったから諦めているという方はありませんか。ぜひ受講をご検討ください。

受講案内 リモート指導について

機能性構音障害の詳しい説明

教室トップページへ