WWEとは

WWEは正直言って日本の格闘技なプロレスに魅せられている人にとっては退屈なプロレス団体だと思います。でも漫画や映画のようなドラマティックな展開を目の当たりに見てしまうともうWWEジャンキーになってしまいます。なのでここの団体のレスラーはプロレスだけでなく演技力も要求されます。
仕事の疲れも、落ち込んでる時も、WWEを見ると思わず笑ったり感動したり出来る、そんな面白いスポーツエンターテインメント番組がWWEです。番組を見ていると、CMで近畿日本ツーリストがWWEツアーの宣伝をしているのですが、いつも申し込みたくなります。ほんとスターも観客もみんなノリノリで観ていて気持ちがいいです。
HHH、HBK、アンダーテイカー、レイ・ミステリオ、クリス・ジェリコ、ジェフ・ハーディー、マット・ハーディーのベテラン・中堅勢に加えて、ジョン・シナ、バティスタ、ランディー・オートン、CMパンク、MVP、ミスター・ケネディーらの若手の台頭と各世代のスーパースター が揃いつつあるので、いかに演出していくかが、今後のWWEのカギになるかと思います。

TVプログラム

WWEのメインとなる番組は、「Raw」「スマックダウン」「ECW」の3番組でストーリーが展開し、「ロイヤルランブル」「レッスルマニア」「サマースラム」「サバイバー・シリーズ」に代表される年15回前後あるPPVで決着するといのが基本的な流れです。
「Raw」「スマックダウン」「ECW」は、スカパー!系か各地域のケーブルTVと契約することによってJ Sports視聴出来ます。PPVは、別途スカパー! スカパー!e2で個別契約が必要となります。今から新規で契約される方は、今後HD映像番組がスカパーでも増えてくるのを考えると、スカパー!e2と契約するのが、お勧めです。
現在は通常番組「Raw」「スマックダウン」「ECW」の他に「ヴィンテージ・コレクション」という往年の名試合を放映する番組も始まりました。(PPV以外の4番組は、J Sportsで視聴できます。)

Raw

Rawのロゴ

WWEのメイン番組です。もうただのプロレス番組ではありません。究極のプロレス・エンターテインメントがあなたを待ち受けています。毎回熱気あふれる満員の会場で派手なプロレスそして演出された物語それに人間関係がたくみに展開していく究極のエンターテインメント番組がこの番組です。。現在のところ所属レスラーは比較的古いメンバーが中心となっています(2000年以前レスラー)。みんななんか濃いメンバーですね。年一回ドラフトがあり、Rawとスマックダウンのメンバーが若干入れ替わります。

スマックダウン

スマックダウンのロゴ

現在Rawと対になっている番組です。Rawがストーリー重視なら、スマックダウンはレスリング重視といったところでしょうか。Rawもスマックダウンも同じ傾向なのですが、誰かがWWE王者になるとベルトを維持する期間が長すぎるのが気になるところ…。ストーリー的にみるとスマックダウンの方はちょっと単調な感じですが、レスリングでは若手がそろっているので、魅せるレスリングをします。Rawとスマックダウンが2ブランド化された後、しばらくはPPVも(ロイヤルランブル、レッスルマニア、サマースラム、サバイバーシリーズ4大大会以外)単独開催でしたが、最近は全PPV合同で開催されています。

ECW

ECWのロゴ

WWEに買収されて消滅していたECWが、2005年にWWE印のPPV:ECW ワン・ナイト・スタンドで復活。翌2006年もPPV:ECW ワン・ナイト・スタンドが公表で、Raw スマックダウンに続く3つ目の冠番組として「ECW」が復活して現在に至る。「ECW」とは名乗っているが、過去のECWとは違い、放送コードの圧力もあり過激とは程遠い内容で苦戦中のブランドである。
当サイトでは、ECWのTV観戦記は、サポートしていません。