正字・正かな(正漢字・歴史的假名遣)變換ソフト(Windows用)

契冲Ver.19.2  

正字・正かな實踐に嬉しいニュース  Win 10 64 bitまで使用可能            限會社申申閣

 

昨年來Windows 10への移行も愈々完了の時期となり、嬉しいことに、「契冲」はそのWindows 10と相性が好いやうです。

 

今こそ國語の正統に親しむ絶好の機會です。何と言つても歴史的假名遣で入力した假名文字列を直接正字・正かなに仕立上げる樂しさが茲にはあります。

 

高い完成度と使ひ易さで 好評發賣中 「契冲」の御購入方法

 

私の主張國語改革七十年に思ふ

(「國語國字」第二百五號 平成二十八年五月一日)

 

御手持ちのパソコンのビット數に關係なく、文章作成ソフト(WordExcel など) 32bit版なら、「契冲」が使用可能ですので、導入を是非御檢討下さい

 

なほ、Windows Vista, 7, 8の場合初期設定で留意する點もありますので委しくは、下記を御覽ください。

Windows /8と「契冲」  Vistaと「契冲」

「契冲」による正字・正かなマスター「契冲」で正假名遣の習得

1.                 最初は學習モ−ドで現代表記の打鍵から正字・正かなに變換

2.                 覺えた單語や活用語尾を正かなで打鍵して變換

3.                 漢字は正字形を文字鏡契冲フォントで表示して學習

4.                 最後に字音假名遣の打鍵から正字に變換

また正かなが必須の文語文の作文練習には平成十七年頃の文語の苑に私が擔當した「指南塾」といふサイトもあり、御參考にして頂ければ幸です。

 

リンク今囘更新)

 『文語名文百撰-日本語はこんなに美しい-  文語名文百撰

「契冲」の明細、、XPに就いて

文字鏡契冲字音假名遣對應版國語問題協議會文語の苑

日本漢字教育振興協會文字鏡研究會 倫子塾

 

契冲阿闍梨

寛永十七年攝津國尼崎に生まる。下河邊長流の推擧で水戸光圀の爲に「萬葉代匠記」を著す。

國學の祖として古典研究を更に深め、 元祿六年「和字正濫鈔」を著し歴史的假名遣」の理論的基礎を築く。

國語問題協議會 のホームページに今年から「日本語あやとり」なるコラムができ、私市川浩は「歴史的假名遣事始め」とて「クイズで遊ぶ歴史的假名遣」を連載してをります。

 

有限會社申申閣  平成五年創業

正統國語ソフト「契冲」、「宣長」を開發

國語問題協議會贊助會員

住 所  〒216-0033 川崎市宮前區宮崎2-6-11-C226

電 話  044-750-7108  

E-Mail Address: shinshinkaku@mtc.biglobe.ne.jp

keyWindows 10・日本語入力・正字・正かな、歴史的假名遣・歴史的仮名遣・正漢字・字音假名遣・字音仮名遣・文語・日本語変換ソフト・正假名遣・正仮名遣・パソコン變換・パソコン変換・舊かな・旧かな・契冲・申申閣

Windows(XPversion記號を含む)及びMicrosoft.OfficeWord,Excel 等)はMicrosoft.Incの登録商標です

個人情報の保護方針

 

高崎一郎先生(「平成疑問假名遣」著者)からのメッセージ

初めてパソコンを買ってからやがて二十年になる。この間、機械の性能は信じられないほど進んだが、愛用のソフトウェアはほとんど變ってゐない。よく「ワープロ・表計算」といふが、じつに的確な言葉だと思ふ。本當に必要な機能はこの二つだけである。私は早い段階でよい「ワープロ」に出逢へた。あたりまへのやうで、滅多にない幸福である。

 
タイプライターとワープロが決定的に異るのは、機械が必要な漢字を「氣を利かせて」拾ってくる點にある。氣の利かせやうこそ年々向上してゐるが、それでもプログラムといふ杓子定規な手順に從ってゐるだけだから、ちょっと要求が異ればまるで融通してくれない。わづか六十年前の文章、つまり正字正假名の入力をしてみればよい。普通の日本語入力ソフトではどうしやうもなく不便な筈である。

 
「契冲」はすでに私の身體の一部と化して久しいから、初期のバージョンでもさして大きな不都合なく使ってゐる。それでも「學習版」にはいたく感心したし、まさか「字音假名遣版」まで出るとは思はなかった。漢字の假名遣は、どちらかといへば敬遠する向きが多いかもしれないが、わづらはしい同音異義語が一氣に減って何とも快適である。

 
それにくらべると今囘のバージョンアップは改良點が見えにくいことだらう。私自身は經驗したことがないのだが、あまりに長文を一度に變換すると能力の限界を越えることがあったらしい。それが解消されたといふ。なるほどへこたれない。一言でいへば「酷使に耐へます」の宣言である。長時間かかって書いた文章が、一瞬で消える切なさは何ともいへない。信頼性の向上は、華やかではないが一番大切である。

 
「できます」と「いつでもできます」は似て非なるものである。歴史的假名遣を鼓吹する人に伺ひたい。じつは現代かなづかいの恩惠に浴してゐませんか、あなたの生活二十四時間すべて歴史的假名遣で押しとほせるのですかと。「契冲」は押し通せる水準に達したと、ささやかな二十年の經驗を以て薦めたい。電子化の重要性が叫ばれて久しいが、どうやら一つの成熟の段階に至ったやうである。(平成十七年八月)

 

  

   「契冲」作者 市川浩

昭和六年生れ。

平成五年 (有)申申閣 設立

正假名遣、正漢字對應の正統國語ソフト「契冲」開發

國語問題協議會理事

文語の苑副會長

契冲研究會理事

私の主張

國語改革七十年に思ふ(「國語國字」第二百五號 平成二十八年五月二十一日)

 

憲法改正と表記の保存(「國語國字」第二百號 平成二十五年十一月三日)

 

和字正濫鈔の序に見る契沖の假名遣論の本質契沖研究會「理」第十七號 平成二十五年五月二十五日

 

古典の日の制定に寄せて 「東京グラフィックス」第六百三十五號 平成二十五年一月號

正字・正かな運動實踐のために( 「國語國字」第百九十七號 平成二十四年四月二十五日

正字・正かな運動實踐のために(一) 「國語國字」第百九十三號 平成二十二年四月一日

論語臆解 「國語國字」第百九十三號(平成二十二年四月一日

コンピューター時代の日本語

平成二十年十一月二十一日  横濱中央木鷄クラブ勉強會で講演

上代特殊假名遣臆見 「國語國字」第百八十七號(平成十九年二月二十三日)

正字・正かなの印刷環境「東京グラフィックス」第561號(平成十八年十二月十五日)

教育再生への視點  「當用漢字」、「現代かなづかい」告示六十年に思ふ

桶谷秀昭著「日本人の遺訓」を讀みて(文語の苑「侃侃院」)

「契冲」正字・正かな發信のために「國語國字」第百八十五號(平成十七年十一月十一日)

忘れられる歴史的假名遣   「假名遣腕試し」に思ふ−「國語國字」第百八十四號(平成十七年十月十日)

朱鷺、信天翁、歴史的假名遣

西尾幹二氏の假名遣論に一言 (『諸君!』平成十六年十月號)

 「契冲」の獨白――字音假名遣を考へる――(『月曜評論』平成十六年四月號)

パソコン歴史的假名遣で甦れ!言靈(『致知』平成十六年三月號)

法律と國語

國語問題最近の十年を顧みての戰略提案

福田恆存著『私の國語教室』(文春文庫)「解説」

昭和の最高傑作 愛國百人一首 たまのまひゞき  出版に協力して

電腦時代を支へる契冲・宣長の偉業

文字鏡契冲と國語問題

文化と歴史的假名遣

 

 

          有限會社申申閣は正漢字・歴史的假名遣での印刷を得意としてゐます。

出版實績一覽表→クリックして下さい。

最新刊紹介→Words,Novels,and Drama 福田恆存著  中村保男譯

最新版下制作  文語名文百撰日本語はこんなに美しい 文語の苑

This page was created on June 26th 2000

Revised on July. 30th, 2016

 

 http://vpack.www5a.biglobe.ne.jp/vpack/Count.cgi