名張毒ぶどう酒事件
名張毒ぶどう酒事件 名張毒ぶどう酒事件

カウンター

Last Update
2015.10.10


■ TOPICS

署名用紙が新しくなりました。(2015.2.5)

映画『約束』自主上映のお願い


最近のマスコミ報道


■ 勝さんは無実

勝さんは無実だ①
王冠の歯形鑑定

勝さんは無実だ②
ぶどう酒到着時間

勝さんは無実だ③
アリバイ

勝さんは無実だ④
自白と事実の矛盾

勝さんは無実だ⑤
赤色のニッカリンT

勝さんは無実だ⑥
毒物が違う


映画『約束』公式サイト
全国守る会連絡先

関連書籍案内


関連動画


新着情報

(15.10.10)

名張毒ぶどう酒事件・無実の死刑囚・奥西勝さんを獄死させた司法に抗議し、
再審開始・無罪判決を求めてひきつづき支援する決議(案)

 名張毒ぶどう酒事件の奥西勝(享年89歳)さんが、10月4日、12時19分に「肺炎に起因する多臓器不全」のため、八王子医療刑務所で亡くなられました。
 奥西勝さんは、1審で無罪となったあと、2審で逆転死刑となり(確定)、再審(=裁判のやり直し)を求めてきました。そして、2005年、名古屋高等裁判所刑事第1部(小出錞一裁判長)は奥西さんを「犯人と認めることはできない」として、再審開始と刑の執行停止を認めましたが、名古屋高裁刑事第2部(門野博裁判長)が取り消し、さらに最高裁判所が審理のやり直しを命じるというように、司法に翻弄され続けてきました。「自白」を偏重し、科学に基づくことを否定し、無実を示す多数の証拠を無視して無実の死刑囚を獄死させたことは、国家による犯罪であり、司法による殺人にほかなりません。奥西さんの無念の思いを察すると胸が痛むと同時に、この国の司法の現状に対し憤懣に堪えません。奥西さんを無実の罪に陥れ、今日に事態を招いた警察・検察・裁判所に対し断固抗議します。
 奥西さんの半世紀以上にわたる不屈のたたかいは、日本の冤罪史に刻みこまれることになるでしょう。私たちは、絶対に奥西さんのたたかいを忘れません。
 冤罪との長いたたかい、本当にお疲れさまでした。衷心よりお悔やみ申し上げます。
 この間、長年にわたって奥西勝さんの再審無罪を勝ち取るために、ご支援をいただいた皆様に心からお礼を申し上げます。
 奥西勝さんの逝去にあたって、10月6日、ご遺族のご意思を尊重して密葬が執り行われました。
 奥西さんの妹の岡美代子さんが、奥西さんの遺志を引き継ぎ、再審を申立てる決意をしました。今後の再審のたたかいについて弁護団、関係者と協議します。
 名張毒ぶどう酒事件・奥西勝さんを守る東京の会と、国民救援会東京都本部は、岡さんを支えながら、引き続き裁判所・検察とたたかい、奥西勝さんの無罪判決を勝ちとるまで支援を継続していきます。皆様の変わらぬご支援、ご協力をお願いいたします。

以上、決議します

2015年10月10日

日本国民救援会第69回東京都本部大会

【提案団体】名張毒ぶどう酒事件・奥西勝さんを守る東京の会
      日本国民救援会東京都本部常任委員会

チラシ

 


 

 

(15.3.20)

〜集会のお知らせ〜
最高裁よ! 奥西さんを無罪に! 6.25集会
〜映画「約束」原作者が語る名張事件の真相〜

日 時:2015年6月25日(木)
    16:00〜 映画「約束」上映
    18:30〜 門脇康郎さん講演
場 所:星陵会館ホール
参加費:500円

★詳細はコチラ→チラシダウンロード

 

 


 

(14.5.30)

名古屋高裁が名張ぶどう酒事件の再審請求を不当に棄却!

抗議の電報など怒りの声を集中しよう!

2014年5月28

日本国民救援会中央本部、同三重県本部、同愛知県本部
同東京都本部、名張毒ぶどう酒事件・奥西勝さんを守る東京の会

 本日、名古屋高裁(石山容示裁判長)は、名張毒ぶどう酒事件第8次再審請求について、棄却するとした不当な決定を行ないました。
 決定は、弁護団が事件で使われた毒物と奥西さんが「自白」した農薬と違うことを明らかにしましたが、裁判所は「前回の再審請求と同じ理由である」とし、新規の証拠ではないとして再審を棄却しました。
 弁護団は「6月にも、毒物に関する実験を行なって、その結果を新たな証拠として提出することを伝えてあり、この段階での棄却決定は不当だ」と批判しました。
 また、決定は「請求人(奥西さん)の収容先に病状照会をし、裁判官が同所を訪問して請求人と面会するなどして確かめた同人の加齢の程度や健康状態の悪化の程度を踏まえた上、裁判所の判断を早期に示すことにした」と述べており、弁護団は「病気で危険だから早めに再審請求を棄却したというものであり、許しがたい決定。人の命をなんとおもっているのか」と怒りを込めて批判しました。
 地元愛知では、直ちに大須で抗議宣伝行動が行なわれました。
 この不当決定に断固抗議し、奥西さんを激励し、再審開始めざし力を合わせましょう。

<抗議先>
〒460-8503, 愛知県名古屋市中区三の丸1-4-1
名古屋高等裁判所刑事一部 石山容示(ようじ)裁判長 宛 

電文例 「名張事件の棄却決定に抗議する。奥西さんは無実だ。」

<奥西さんへの激励先>
〒460-0011 愛知県名古屋市中区大須4-14-57 山岸ビル 日本国民救援会愛知県本部
      FAX 052(251)8736


 

(13.11.11)

支援集会のご案内

無実の死刑囚 奥西勝さん・袴田巖さんを救え!!
12・8支援の集い

日 時 2013年 12月8日(日)
13:30~16:00 (13:00 開場)
会 場 日比谷コンベンションホール
(日比谷図書館地下)

 名張毒ぶどう酒事件の奥西勝さん(87歳)は事件発生から52年間、袴田事件の袴田巖さん(77歳)は事件発生から47年間、無実を訴え続け、裁判のやり直しを求めています。両氏は、死刑の恐怖と長い過酷な獄中生活のなかで健康も心配されています。
 足利、布川、東電OL事件で再審無罪が確定する一方で、死刑再審について裁判所、検察は頑なに再審開始を阻もうとしています。ぜひ、多くのみなさんに名張、袴田両死刑再審事件の真実を知っていただき、ご支援をお願いします。

★詳細はコチラ→チラシダウンロード


| 新着情報アーカイブ |

 



東京都文京区湯島2-4-4日本国民救援会東京都本部内
電話03-5842-6464 FAX 03-5842-6466


名張毒ぶどう酒事件 奥西勝さんを守る会