ア ク セ ン ト 科
  日本語標準アクセントの個人教習を行う教室です。
リモート受講も可能です。
 

日本語アクセントのマンツーマンの専門指導です。

スピーチの練習、朗読の発表、アナウンスの確認などのほか、職業上の要請、その他により標準(東京)アクセント習得を希望する方にもお勧めします。
本格的な専門指導としては他に例がありません。指導は受講者個人に合わせた内容で行います。
日本語アクセント教室」の著者が直接指導いたします。

対象者:俳優・アナウンサー、その類似職、教師、日本語教師、口演職、およびそれらの志望者、朗読を勉強する方、訛りを解消したい方、日本語の発音を改善、ブラッシュアップしたい外国人の方、その他一般の方。

リモート受講も可能です。学割もありますのでご検討ください。

アクセント表示(記号付与)サービスはこちらへ。
アナウンサーによる読み上げサービスは
こちらへ。


◇出身地別アクセント訓練の大要

あなたが小学生時代を過ごされた地域は次のうちどれでしょうか。それによってアクセントの訓練の内容や期間などがやや異なってきます。

A 岩手南端 宮城 山形南東半 福島 栃木 茨城 埼玉東端 静岡市北部 福井市 三重南端 愛媛西部 福岡南端 佐賀 長崎 熊本 宮崎 鹿児島 沖縄

B 富山 石川 福井北半 福岡 (Aの域を除く)

C 福井南半 近畿 四国 (Aの地域を除く)

D 北海道 東北北半 関東西部・南部 新潟 長野 山梨 静岡 愛知 岐阜 中国 大分 (Aの地域を除く)

A地域出身者は一般にアクセント感覚(音感)に乏しいと言われています。まず高低感覚を養うための訓練を十分に行い、自分の声を自由に操れるようになることが必要です。そしてその後標準アクセントのパターンを身につけるくり返し練習とコツの学習を行います。
B地域出身者は音感についてはさほど苦労はないでしょう。しかし、個々の単語、特に動詞については十分な注意と学習が必要です。
C地域出身者は勘どころさえつかめば早期に習熟できるでしょう。
D地域出身者は最も恵まれています。限られた語句についてのみ注意が必要です。

アクセント感覚をテストしてみましょう・・・ 《聴き取り問題》


参考
: アクセント科テキスト見本
   
「ザ!鉄腕!DASH !!」「イントネーション克服大作戦 !!」放送記録
   

 参考:日本語アクセントの概要

受講案内  戻る  トップページへ

remote