移転しました。

歴史的仮名遣いとは

歴史的仮名遣い 読み方の決まり

i

「ゐ、ゑ」を「イ、エ」と読む。現代仮名遣いで表すときは「い、え」と書く。

「を」を「オ」と読む。現代仮名遣いで表すときは助詞の「を」を除いて「お」と書く。

「ぢ、づ」を「ジ、ズ」と読む。現代仮名遣いで表すときはほとんど「じ、ず」と書く。

語頭以外の「は、ひ、ふ、へ、ほ」を「ワ、イ、ウ、エ、オ」と読む。現代仮名遣いで表すときは助詞の「は、へ」を除いて「わ、い、う、え、お」と書く。

「あう、あふ、かう、かふ、さう、さふ、・・・」などを「オー、コー、ソー、・・・」と読む。現代仮名遣いで表すときは「おう、こう、そう、・・・」と書く。


ただし動詞には注意が必要。

「〜あふ、〜かふ、・・・」などの動詞は「〜アウ、〜カウ、・・・」と読む。現代仮名遣いで表すときは「〜あう、〜かう、・・・」と書く。

古文や文語文では「〜あふ、〜かふ、・・・」などの動詞を原則通り「〜オー、〜コー、・・・」と読むこともある。これを現代仮名遣いで表すときは「〜おう、〜こう、・・・」とする。

「いう、いふ、きう、きふ、しう、しふ、ちう、ちふ、・・・」などを「ユー、キュー、シュー、チュー、・・・」と読む。現代仮名遣いで表すときは「ゆう、きゅう、しゅう、ちゅう、・・・」と書く。

例外:
「言ふ」は「ユー」と読むが、現代仮名遣いで表すときは「ゆう」ではなく「いう」と書く。

「えう、えふ、けう、けふ、せう、せふ、てう、てふ、・・・」などを「ヨー、キョー、ショー、チョー、・・・」と読む。現代仮名遣いで表すときは「よう、きょう、しょう、ちょう、・・・」と書く。

漢字の音読みでは「きやう、しやう、ちやう、・・・」などを「キョー、ショー、チョー、・・・」と読む。現代仮名遣いで表すときは「きょう、しょう、ちょう、・・・」と書く。

漢字の音読みでは「くわ、ぐわ」を「カ、ガ」と読む。現代仮名遣いで表すときは「か、が」と書く。

促音・拗音の大きな「つ、や、ゆ、よ」を小さい「ッ、ャ、ュ、ョ」として読む。現代仮名遣いで表すときは「っ、ゃ、ゅ、ょ」と書く。

古文の場合には助動詞の「む」を「ン」と読む。現代仮名遣いで表すときは「ん」と書く。

 

詳しくは移転先へ。