| TOP | 次回公演 | チケットご予約 | 公演履歴 | プロフィール | 旧サイトアーカイブ | Twitter | Blog | 新人募集 |

◉チケット料金

階段指定席

前売 4,500円  当日 5,000円

桟敷自由席

前売 3,500円  当日 4,000円

※棧敷自由席は日時指定整理番号付き

学生席

前売・当日 2,800円(棧敷自由席限定)

※要学生証、新宿梁山泊扱いのみ

※受付は開演の1時間前。開場は開演の30分前

 

| TOP | 次回公演 | チケットご予約 | 公演履歴 | プロフィール | 旧サイトアーカイブ | Twitter | Blog | 新人募集 |

新宿、渋谷、吉祥寺、上野、夢の島、下北沢、……と都内をさまよいつづけた劇団状況劇場の紅テントが、今度は池袋駅東口のビックリガード横に出現した(五月~六月)。新作「ユニコン物語 台東区篇」である。

ここ一、二年、唐十郎のドラマは、かつての大作「吸血姫」や「唐版 風の又三郎」に見られたような完成されたスタイルとロマン主義な情感をそぎ落とし、乾いた手ざわりの喜劇へと姿を変えつつある。

今度の新作もそのひとつで、舞台は猥雑な活気と笑い、ドタバタ喜劇風の趣向にあふれている。

赤ん坊とりかえ事件でとりかえられた青年ドンことテシオ(根津甚八)は、本当の親を探すうちに、とりかえられた相手である娘アドネ(李礼仙)に出会う。ギリシャ神話のアリアドネとテーセウス物語を踏まえていて、アドネのくり出す赤い糸に導かれてテシオは東京・下町の猥雑で血まみれの迷宮の底へと下降する。(中略)

テシオがユニコン(一角獣)になぞらえる古自転車が、ラストシーン、幕をはねあげたテントの外の闇のなかを旋回する巨大なユニコン=パワーシャベルに変身するといった仕かけも含めて、この劇団の芝居はやはり演劇構造として強固なものを備えている。テント公演を始めて十一年目、状況劇場はたくましく健在だ。

東京都新宿区新宿5‐17‐3

 

地下鉄丸の内線・都営新宿線「新宿3丁目駅」

B3出口徒歩3分

JR・小田急線・京王線「新宿駅」東口徒歩7分

スタッフ

美術=野村直子+申大樹+百八竜

照明=泉次雄+ライズ

装置=大塚聡+百八竜

音響=N-TONE

音楽=大貫誉

振付=大川妙子

殺陣=佐藤正行
衣裳=渡会久美子

宣伝美術=宇野亞喜良+福田真一

 

協力

ケイダッシュ

ワンダー・プロダクション

エムズエンタープライズ

JSK

ライズ

大塚聡アトリエ

エスエープランニング

トレジャーハート

大須賀博

塚原希代

金守珍

大鶴義丹

大久保鷹

湯江タケユキ

ティ・カトウ

加藤亮介

島本和人

格清俊光

佐藤梟

広島光

水嶋カンナ

染野弘考

小林由尚

申大樹

三浦伸子

傳田圭菜

柏木亜優美

清水修平

清水美帆子

小川碧水

 

| TOP | 次回公演 | チケットご予約 | 公演履歴 | プロフィール | 旧サイトアーカイブ | Twitter | Blog | 新人募集 |

| TOP | 次回公演 | チケットご予約 | 公演履歴 | プロフィール | 旧サイトアーカイブ | Twitter | Blog | 新人募集 |

(C) 新宿梁山泊  2020 無断複写·転載を禁じます。