MENU

1章の内容について

ここでは人類にとって最も重要なテーマである「神」について見ていきます。宗教といえば「神」という言葉が真っ先に思い浮かびます。宗教とは、絶対者・絶対的存在への崇拝・帰依と言うことができますが、大半の人間にとって絶対的存在とは「神」を意味しています。神ではなく“法”を絶対的存在としたシャカ仏教のような宗教は、例外的なケースと言えますスピリチュアリズムからすれば、シャカの説いた“法”とは、神の造られた摂理のことを指しています。これについては次の2章で取り上げます)

地球上のすべての宗教にとって、最も重要な要素が神の存在であることは言うまでもありません。神に対する認識は宗教の出発点であり、神観は宗教教義の土台です。神は信仰者にとって、人生のすべてと言っても過言ではありません。超宗教であるスピリチュアリズムにおいても神はその中心であり、信仰と教え(思想)の中核をなしています。

これほど重要な「神」ですが、現在に至るまで地球上には人類に共通する神観が存在してきませんでした。これまで地球上に生存してきた大半の人間が神を信仰し、21世紀の現在においても圧倒的多数の人々が神を信仰しています。この事実は、地球人類にとっての最大の共通項の一つが「神への信仰」であるということを示しています。ところがその「神」とはどのような存在なのかということになると、たちまち共通見解が失われてしまうのです。各宗教間には神に対する共通認識がないどころか、それぞれの宗教において全く異なる神のイメージがつくり上げられています。宗教が違えば神のイメージが違い、これが宗教間に争い・戦争を引き起こす原因となってきました。

本来なら絶対者(神)とは、全人類に共通に受け入れられるべき存在ですが、それが全く相容れないほどに隔たり食い違っているのです。それぞれの宗教が思い思いの神の姿を描き、異なる神のイメージをつくり上げてきました。そして自分たちの国家や民族や教団にとって都合のいい神を崇拝してきました。

ユダヤ教・キリスト教・イスラム教は、同一の経典を有するという共通性を持った宗教です。ところがそれぞれが異なる神をイメージし、異なる呼び方をしています。本来、エホバもゴッドもアッラーも同一の神であるはずなのですが、お互いに自分たちの信じる神だけを特別なものとして祭り上げ、その神の正義のために、殺し合いを演じてきたのです。

霊的視点から見ると、これまで地上の宗教において考えられてきた神の姿は事実から大きく懸け離れています。部分的に正しい見解はあっても、全体的にはほとんどが間違っています。人々が崇拝し、祈りを通して語りかけてきたような神は実際には存在しません。各宗教で信仰の対象とされてきた神は、人間の空想によってつくり上げられたものにすぎません。人間は現在に至るまで空想上の神を信仰し、これに向けて祈りを捧げてきたのです。地球人類は今までずっと、神について正しく知ることなく、間違った信仰を続けてきたのです。

スピリチュアリズムは、これまで地球上でさまざまに論じられてきた神について、明瞭なアウトラインを提示することになりました。地球人類はスピリチュアリズムによって、最も基本的で重要な霊的知識を手にすることになりました。言うまでもなくこうした神に関する深遠な知識は、地上人の思索や思考の結果として生み出されたものではありません。霊界にいる高級霊の計画的な働きかけの結果として、初めて地上に伝えられたものなのです。現時点における地球人類の霊性レベルに相応しい内容が、霊界で厳密に審議・選別されてもたらされたのです。スピリチュアリズムによって示された神観は、今後何百年、何千年にわたる地球人類の霊性進化とともに、よりいっそう深められていくことになります。

ここではスピリチュアリズムによって明らかにされた「神観」について学びます。内容は次のようになっています。

公式サイト