MENU

5章の内容について

霊的人生を送るための4つ目の実践項目は、「苦しみへの正しい対処」です。地上人生において遭遇する苦しみや困難に正しく対処することによって、霊的成長が促されます。苦しみや困難は、正しく立ち向かえば霊的成長の糧となるのです。しかし間違った対処をすれば、霊的成長が得られないどころか、自分自身の魂を低めることにもなってしまいます。苦しみ・困難は、霊的成長にとって“諸刃の剣”と言うべきものです。

シルバーバーチは――「地上の人類はまだ痛みと苦しみ、困難と苦難の意義を理解しておりません。が、そうしたものすべてが霊的進化の道程で大切な役割を果たしているのです」『シルバーバーチの霊訓(4)』(潮文社)  p.41)と述べています。

苦しみを避けたいと思うのは、人間としてごく当たり前の心情です。大半の地上人は、苦しみがないことが幸せであり、苦しみがあることを不幸と考えています。苦しみは人生から幸せを奪い取る敵であり、何とかしてそれから逃れたいと願っています。多くの人々が宗教と関わりを持っていますが、彼らが求めるものは、苦しみのない幸せな人生です。シャカの教えも、“生・老・病・死”という人生苦をいかに克服すべきか、というところから出発しています。

スピリチュアリズムでは“苦しみ”に対して、これまでの宗教とは全く異なった見方をします。従来の宗教の常識を根本から覆すような主張をします。シルバーバーチはしばしば――「苦しみを避けてはいけません。ありがたいものとして受け入れなさい」と言っています。そして「苦しみは、地上人類が霊的成長をなすために不可欠なものです」と述べています。さまざまな苦しみ・困難を乗り越えることは、私たちが霊的人生を全うして霊的成長を達成するうえでの重要な実践課題なのです。

本章では、『シルバーバーチの霊訓』の思想的特徴である「苦の思想・哲学」についての理解を深め、苦しみ・困難に対する正しい対処法を学びます。

ここでの内容は次のようになっています。