MENU

(5)遭遇する苦難を苦しみと感じない境地を目指して

地上世界に住んでいる私たちには、常に困難や障害が付いてまわります。地上で遭遇する困難や障害の多くが、「肉体本能」や「前世のカルマ」によって発生します。しかし重い肉体を持ち、前世のカルマを背負っていても、自分の心の持ち方・考え方を「霊的真理」にそわせることで、難問に直面してもそれを苦しみと感じない高い境地に至ることができるようになるのです。

スピリチュアリズムによってもたらされた「霊的真理」は、地上にいながら、地上を超越した世界に私たちを導いてくれます。それは、スピリチュアリズムが地球人類に与えようとしている“霊的恩恵”の一つです。

本章の最後に、私たちスピリチュアリストが目指すべき苦しみを超越した境地について見ていくことにします。

苦しみの原因を、周りの人間のせいにしない

とかく人間は、何か問題が生じると、その原因を他人や環境のせいにしようとします。“自分が悪い、自分自身に原因がある”とは考えず、自分以外のところに責任を転嫁しようとします。

しかし、それでは人間は決して幸福にはなれません。苦しみの原因を他人や環境のせいにする者は、謙虚ではないのです。どのように謙虚ぶっても、心はきわめて傲慢なのです。人間は自らの傲慢さを拭い去らないかぎり、苦しみから解放されることはありません。どこまでも苦しみが付いてまわります。絶えず周りの人々や環境に対する不満を口にし、自分の運命を呪うようなことになってしまいます。

地上の出来事を「霊的視点」から眺め下ろす

地上的価値観(物質的価値観)にとらわれているかぎり、苦しみから逃れることはできません。この世の欲望(物欲・名声欲・権勢欲)に対する執着がなくなって初めて、苦しみから解放されるのです。一般の人々が苦しみと感じている事柄が、苦しみではなくなるのです。

霊界の人々と同じ視野(霊的視野)を持って人生に臨むなら、地上世界での問題は苦しみとはなりません。地上人生において遭遇する苦難を克服するためには、物質的価値観を拭い去って「霊的価値観」に立つしかありません。物事を霊的視野から眺め、霊界人と同じ考え方ができるようになってこそ、難問や障害に直面しても苦しみとは感じなくなるのです。地上の出来事を霊的視点から眺め下ろすことができれば、苦しみを小さなものに位置づけすることができるようになるのです。

あらゆる苦しみを超越する

シルバーバーチは、次のように述べています。

「要するに理解が行き届かないから苦しい思いをするのです。十分な理解がいけば苦しい思いをしなくなります。また、すべきではありません。」

『シルバーバーチの霊訓(6)』(潮文社)  p.195〜196

「それによって苦しい思いをするか否かは、あなたの進化の程度の問題です。」

『シルバーバーチの霊訓(6)』(潮文社)  p.193

また、シルバーバーチは別のところで――「困難を何とも思わない段階まで到達すると、いかなる環境にも影響されなくなります」と言っています。この言葉は、苦しみを持つ人間は霊的に未熟である、霊的進化のレベルが低いということを意味しています。シルバーバーチは――「苦しみを一切持たないようなレベルにまで、自分の心を引き上げなさい」と教えているのです。

私たち地上人からすれば驚くような内容ですが、霊界人にとっては決して大げさな言い方ではありません。肉体を脱ぎ捨て、「完全な霊的視野」に立っている霊界人は、私たち地上人が抱えているような苦しみからは解放されています。霊界とは、地上における聖人のような者だけが住んでいる所なのです。

嬉しいことに私たちも、死んで肉体から離れると、その仲間に入ることができるようになります。今は聖人の心境からは程遠いのが実情ですが、肉体を脱いで霊界に行くと、大半の人が苦しみから解放されるようになります。「霊的真理」を手にした私たちは、地上で肉体を持ちながら、そうした境地に至ることができるのです。

「霊的視野」の習慣化

私たちスピリチュアリストには、日常生活で遭遇するすべての問題を「霊的真理」を通して理解し、「霊的視野」から眺め下ろし、達観する努力が要求されます。初めはどうしても霊的視野を忘れ、これまで通りの物質的視野にすぐに戻ってしまいますが、諦めてはなりません。日々の歩みの中で絶えず霊的真理を思い出し、霊的視野から眺めて心を整理するのです。常に霊的真理を読み返し、目の前の出来事を真理に照らして判断し、広い心を取り戻すのです。それは、まさに厳しい最高レベルの“霊的修行”と言えます。

そうした努力を継続するうちに、徐々に「霊的真理」を通して考えることが習慣になっていきます。「霊的視野」で眺めることが当たり前になっていきます。霊的視野が身につくと、これまで苦しみと感じていたことが、苦しみではなくなります。一般の人々が苦しみとしている困難や障害が、苦痛ではなくなるのです。

昔からよく言われてきた“悟りの境地”とは――スピリチュアリズムから言えば「肉体を携えながらも霊的視野を持ち続けられる心の状態」ということになります。霊的真理を手にしたスピリチュアリストは、それを活用し、霊的視野を持つ努力を続けることで、真の悟りの境地に至ることができるようになるのです。