MENU

6章の内容について

これまで霊的人生における実践について見てきました。霊的真理が示す霊的人生を歩むための実践とは――具体的には「霊優位の努力」「利他愛の実践」「霊的真理の普及活動」「苦しみへの正しい対処」という4つの内容から成り立っています。こうした4つの実践項目を確実に成し遂げていくためには、強力な“霊的武器”が必要です。それが本章で取り上げる「高次元の霊的人生を歩むための3つの秘訣」です。“3つの秘訣”とは――「道具意識」「犠牲精神」「霊的視野」です。これらは、まさにスピリチュアリズム人生の真髄と言えます。

本章の構成は次のようになっています。

  • (1)高次元の霊的人生を歩むための3つの秘訣
  • (2)道具意識
    • 1)高級霊の資質――道具意識と謙虚さ
    • 2)スピリチュアリストにとっての道具意識とは
    • 3)道具意識は真の謙虚さをもたらす道
    • 4)道具意識に立った霊的真理の普及活動(伝道)
    • 5)道具意識がもたらす大らかな生き方
    • 6)私たちの能力の足りなさを補ってくれる道具意識
    • 7)狂信・盲信とは無縁なスピリチュアリズムの道具意識
    • 8)高級霊の願いに応え、霊の道具に志願する
  • (3)犠牲精神
    • 1)利他愛の極致――犠牲精神
    • 2)自己犠牲の法則と、高級霊による自己犠牲の手本
    • 3)犠牲精神は、自分の大切なものを他人に与えること
    • 4)犠牲精神は、自己滅私・無私の姿勢となって表れる
    • 5)最高の自己犠牲は、家族愛を犠牲にすること
    • 6)犠牲精神は最高の道具意識を実現
    • 7)霊的視野を持つことによって、自己犠牲は喜びとなる
  • (4)霊的視野
    • 1)スピリチュアリズムの使命――地上人類に霊的視野をもたらすこと
    • 2)霊的人生に不可欠な霊的視野
    • 3)霊的視野の習慣化・定着化のための努力
    • 4)霊的視野と祈りの実例