MENU

9章の内容について

親にとって我が子に対する育児・教育は、人生の中で重要な部分を占めています。人間は食べるのに精いっぱいという生活レベルを抜け出すと、育児・教育に関心が移っていきます。子供たちを立派に育て、より良い人間にしたいと考えるようになります。

育児・教育に熱心な親は、できるだけ多くの知識や情報を手に入れようとします。日本のような先進諸国では、育児・教育に関する情報があふれています。しかしそうした知識や情報には、いまだに内容的に一貫性が見られません。それが育児・教育に真剣に取り組む親に、混乱をもたらすことになっています。どの専門家の言い分・教育論を信じたらよいのか分からなくなり、疲れ果ててしまうことになります。

スピリチュアリストにとっても育児・教育は、非常に重要な問題です。育児・教育は、霊的人生における大切な一パートなのです。子供を育て、その魂を高めるという営みは、人類の進化に大きな貢献をすることに他なりません。現代の多くの親は育児・教育に対して確たる拠りどころを見いだすことができず、悩みと混乱の中に立たされています。そうした中で私たちスピリチュアリストは幸いなことに「霊的真理」との出会いによって、正しい育児・教育とはどのようなものであるかを明確に知ることができました。ここでは「スピリチュアリズムの育児・教育論」について学びます。

内容は次のようになっています。