MENU

(1)霊性教育とは(霊性教育の意義)

地上人生の目的は、「霊的成長」の一言に言い尽くされます。人間は魂を成長させるため、すなわち霊性を高めるために地上に生まれ、物質世界で生活することになりました。したがって霊的成長ができない地上生活には価値がない、ということになります。霊界の高級霊が総動員で“スピリチュアリズム”を展開してきたのは、まさにこの目的のためだったのです。

スピリチュアリズムは、地球人類にとって霊的成長の指針となる「霊的真理」をもたらしました。その霊的真理にそって自らの魂を高める歩みがスピリチュアリズム人生(霊的人生)であり、本当の信仰生活です。大人は、自らの判断によって霊的真理にそった信仰的な生き方をすることができます。しかし幼い子供に、そうした歩みを期待することはできません。

子供は、親を通して真理にそうように導かれて初めて“霊的人生”を歩むことが可能となります。親の指導があってこそ、子供は霊的真理に一致した地上人生を送ることができるようになるのです。これがスピリチュアリズムにおける育児・教育――すなわち「霊性教育」です。「霊性教育」とは、スピリチュアリズムの「霊的真理」を育児・教育に応用したものであり、霊的な世界観・人生観・価値観に立って展開される教育論なのです。

霊性教育の意義を整理すると次のようになります。

① 霊性教育は、スピリチュアリズムの育児・教育論

霊性教育とは、スピリチュアリズムが教える育児・教育です。それはスピリチュアリズムによってもたらされた「霊的真理」に基づく育児・教育論です。

②霊性教育の目的と使命は、人類の霊性進化を促すこと

霊性教育の目的は、スピリチュアリズムの一分野として、地上の人間の霊的成長を促すことです。霊性教育とは文字どおり、人類の霊性進化を促す霊的活動です。

③霊性教育は、子供を対象とした利他愛実践の一つ

スピリチュアリズムは、利他愛が支配する世界の確立を目指しています。利他愛の実践は、スピリチュアリズムの中できわめて重要な部分を占めています。霊性教育は、その利他愛の実践の一つとしての営みです。

利他愛の実践には、常にその対象となる相手がいます。利他愛の実践の対象は、直接触れ合う周りの人々や霊的同胞としての地球人類ですが、霊性教育の場合は、その対象は自分の子供です。この点で霊性教育は、他の利他愛の実践とは異なります。しかし利他愛の本質は「真実の愛で人を愛する」ということであり、その点においては全く同じものと言えます。