バー バー
ホーム総合内科リウマチ科女性の健康| アレルギー科|禁煙クリニック| 関連ホームページ


禁煙クリニックへのお誘い
診療予約は
TEL:0466-26-0378
FAX:0466-26-1425
E-Mail:adachiclinic@muf.biglobe.ne.jp
たばこはニコチンにより 人に薬物依存を招く中毒性薬物である。 現在、日本の喫煙人口はおよそ2400万人、たばこを止めたくとも止められないニコチン依存症が 少なくとも1000万人。 たばこ病による死者は 年間11万7000人。また、たばこによる税収は2兆582億円であるのに対し、 社会コストは5兆6000億円なのでたばこ税にたばこによる経済効果を加えても たばこ事業は赤字である(しかしJTの経常利益は1059億円!)。 さらに、JTは大蔵官僚の重要な天下り先であるため、 社会的不公平を容認維持するシステムの一翼を 担っているという現実がある。我が国の対策は たばこ事業法、たばこ審議会のために規制され、最も遅れているのが現状である。ニコチンは大脳からドーパミンを分泌させ、 その快体験はニコチン依存を成立させるのに十分強力である。したがって、禁煙は 決して個人的な努力に委ねてすむような生易しいものではない。大麻、アンフェタミン、 モルフィネ等他の依存性薬物も若年層を中心に急激に我が国に淫侵している現在、たばこの対策に対する規制緩和に速やかに取り 組むべきであり、もはや一刻の猶予も許されない。禁煙医師連盟、日本医師会は人々をタバコの害から守るための努力をしています.
1.たばこを正しく知る
  たばこはニコチンにより人に薬物依存を招く中毒性薬物
    主流煙と副流煙との比較
    ガス相に含まれる有害物質
    粒子相に含まれる有害物質
    タバコ病 1
2.喫煙の現状
 1)喫煙率
 2)世界各国の喫煙対策
 3)たばこの経済学
    たばこの社会コスト
    たばこの経済効果
3.医学的見地からみた喫煙
1)喫煙する人の受ける影響:能動喫煙
    喫煙と寿命
    たばこと肺機能低下
    喫煙と脳梗塞
    喫煙前後の脳血流量
    喫煙と虚血性心疾患
    喫煙がCHDを起こす機序
    ピルとたばこ併用によるCHDのリスクの増加
    喫煙開始年齢とがん
    喫煙とがんの部位別死亡率
    たばこ生産量と肺がん死亡率
    肺がんと職業 結核 喫煙 大気汚染
    喫煙量と肺癌分化度
 2)喫煙する人のそばにいる人(胎児も含む)が受ける影響:受動喫煙
    夫の喫煙と妻の喫煙率
    妊娠中の喫煙と子供の知能身長
    妊婦の喫煙と先天奇形
    妊婦の喫煙と幼児突然死症候群
    妊婦の喫煙と周産期死亡率
 3) たばこと薬物の相互作用
4.たばこがやめられないわけ
    たばこ依存度テスト
    ニコチン依存症におけるニコチン離脱症状
    ニコチン依存診断基準
    たばこ依存の諸側面
    喫煙継続の要因
    薬物依存の形成過程
5.たばこを止める方法
    喫煙対策医療従事者の役割
    禁煙のための4つのAアプロ−チ
    喫煙対策 防煙 分煙 禁煙 止煙
    喫煙タイプ別の対策
    喫煙対策:社会啓蒙
    呼気中のCO濃度
6.たばこを止めて気持ちの良い人生を送る
  禁煙後のリスク減少:肺がん
    禁煙後のリスク減少:全がん
    禁煙後のリスク減少:CHD
などたばこについての知識を深めることがより健やかで自由な人生を送ることができるのではないかと考えます。

診療の予約は
TEL:0466-26-0378
FAX:0466-26-1425
E-Mail:adachiclinic@muf.biglobe.ne.jp