top news current next gallery infomation archives gallery artist access links mail



■事業概要
Kotohira has been prosperous by many worshippers to Kotohira shrine since Edo era.At that time many of academic people as well as worshippers came to Kotohira, and nationwide information was collected.Even today the cultural zone of Kotohira ? gu, nicknamed as Kompira-san, is the area famous for its tourism and traditional culture. Kompira Art 2008 Toramaru Shachu is a new project with the aim of attracting tourists and activating the town’s shopping district through the influence of art.The art exhibition is to be held at two places.One is at Toramaru Ryokan, the long- running Japanese-style hotel located at the 92nd stone step from the bottom of the way to the shrine.The other is at Kotohira-cho public hall.This wooden building was constructed at the beginning of Showa era, and the architecture of which shows us the then rise of the town. Contemporary artists are getting together in Kotohira and creating “a room with an art work “ by designing the rooms of both places as art space.

During the exhibition lots of art events (including artist summit and symposium) are scheduled.This project could lead you to peep the past, present, and future of Japan. We are piloting this exhibition this year.

芸術(アート)と経済は、車の両輪のような機能を果たします。近年では、芸術が経済を活性化するという現象が起こっています。市場原理主義によってもたらされた功罪が私たちの社会に大きな影響と翳りをもたらしている今、数の多さが価値ではない社会づくりが求められていると考えます。暮らしや社会の豊かさとは、利便性や効率性だけでもたらされるものではありません。アート展を体感していただくことで、多様な価値観を映し出す理性であり想像するという感性の価値が、地域にオリジナルな価値を作り出し、新たな観光資源となることを提案いたします。 

香川県は、瀬戸内アートネットワークの拠点として国内外の関心を集めています。殊に、「こんぴらさん」の愛称で親しまれる金刀比羅宮文化ゾーンは、観光と伝統文化が息づく地域です。江戸時代より、香川県琴平町は、金刀比羅参詣により、大いに栄えました。当時この町は、全国の情報が集まる場所でした。多くの人の往来があり、文化人も多く訪れています。日本最古の芝居小屋である金丸座では、毎春歌舞伎講演が催され、歴史文化愛好家や芸術鑑賞を求める観客が多く訪れています。
  現在の琴平町には、年間300万人の観光客が訪れています。その中で滞在客は30万人です。琴平町の産業といえば観光であり、旅館や土産物店が店を並べて、町並みに独特の風情があります。地域の歴史や自然環境と共鳴する芸術作品との出会いは、体験することでしか得られない感動です。 それは、最も刺激的かつ成熟した、アートの楽しみ方でしょう。

  『琴平プロジェクトこんぴらアート2008・虎丸社中』とは、新たなタイプの宿泊集客と発信力の創造を目指すアートプロジェクトです。金刀比羅宮参拝みちの石段92段目に位置する老舗旅館「虎丸旅館」と木造和風建築「琴平公会堂」が、本プロジェクトの会場です。琴平公会堂は昭和初期に建造されました。人の営みや生業の跡を想像させてくれます。往時の町の財力を窺わせる建物です。近代日本の風情が残る虎丸旅館と琴平町公会堂を会場に、琴平に集う現代の美術家たちが部屋ごとに「アート作品のある部屋」を作り出します。会期中、様々なアートイベントを実施します。本プロジェクトによって、日本の過去・現在・未来が、見え隠れすることでしょう。
今年はパイロット展として実施致します。


  



   




 

gallery ARTE/琴平プロジェクトこんぴらアート