top news current next gallery infomation archives gallery artist access links mail





笠島地区で2つの展覧会が始まります。

■夏の月明かり
安倍安人・内田江美 展

真木(さなぎ)邸
7月1日(金)−8月28日(日)

■「なぜ、われわれは存在するのか?」吉岡さとる展



期間 2011年7月2日(土)-8月28日(日) 

場所 丸亀市本島町笠島 ギャラリーアルテ および 古民家2棟


◆吉岡さとる略歴

2010年 
グローバル・フォトウォーク@KEK / KEK賞(専門家部門賞)
選考委員長:吉岡さとる
選考委員:姫野 希美 : (株)赤々舎代表、小島 健一 : 「社会科見学に行こう」主宰
大学共同利用機関法人 高エネルギー加速器研究機構

2010年
総研大レクシャー「科学コミュニケーションと研究者のキャリア」
: アートと科学 / 芸術家の目線からの科学や研究について講演する (2010年9月9日)。
国立大学法人 総合研究大学院大学

2010年
Landschaft V展参加ラディウム - レントゲンヴェルケ

2009年
写真年鑑2009 / インタビュー特集:2008この人 : 吉岡さとる。河野和典氏によりインタビューされる。

2008年
ブリティッシュ・ジャーナル・オブ・フォトグラフィより、2008年度ベスト科学写真家に選ばれる。

2008年
アメリカ合衆国エネルギー省 / フェルミ国立加速器研究所とSLAC国立加速器研究所により共同出版されている
Symmetry magazineに特集記事gallery : satoru yoshiokaが掲載される。

2008年
SLAC today (スタンフォード大学が発行する新聞)に記事が掲載される : symmetry / An Extraordinary Eye for the Everyday, Tuesday - April 8, 4008 04-08

2008年
高エネルギー加速器研究機構 & 吉岡さとるコラボレーションカレンダーがつくられる。

2007年
カリフォルニア大学ロサンゼルス校/ UCLA - 高エネルギー加速器研究機構 - 総合研究大学院大学共同開催の、国際シンポジウムとワークショップ : 日本とアメリカの現代科学を学ぶための戦略にてプレゼンテーションを行う。

2001年
"芸術の分野で非凡な才能を有する者"としてアメリカ永住権を取得。

2001年
「時の蘇生」、柿の木プロジェクトin Kochi / 高知県立美術館に参加。

1998年
写真美術館 / Museum of Photographic Arts (サンディエゴ)の に作品が永久保存となる。

主な個展

2009年SPring-8 / 高輝度光科学研究センター(播磨)

2006年ギャラリーおおひら (高知) / Secret Place

2006年ギャラリーパストレイズ M/A(東京) / Bayfront Park

2005年シメイスペースギャラリー(サンディエゴ) / under the sky

2004年フォトスヒィヤーギャラリー(ニューヨーク)/ under the sky

2001年ギャラリーパストレイズ(横浜)/ under the sky

2000年ギャラリーイシス(京都)

1999年ギャラリーパストレイズ(横浜)

1997年シメイスペースギャラリー(サンディエゴ)

1996年ポラロイドギャラリー(東京)

1992年シンクロニシティースペースギャラリー(ニューヨーク)

主なグループ展
2010年ラディウム - レントゲンヴェルケ- landschaft V(東京)

2005年高知県立美術館 カメラ・オブスキュラ高知県立美術館舞台公演シリーズVOL.32/クリエイション05(高知)

2004年リバーサイド美術館 ダグラス・シメイコレクション展(リバーサイド)

2003年シンガーギャラリー Street Level / この一世紀におけるニューヨークのストリート写真展(デンバー)

2002年ポラロイドギャラリー ポラロイド写真の世界・時を超えて(東京、大阪)

2001年高知県立美術館 「時の蘇生」柿木プロジェクトin Kochi(高知)

1999年高知県立美術館「ヤンガーアート2000-1展」(高知)

1995年エンジェル・コスモスギャラリー フォトメトロ(サンフランシスコ)

1994年シメイスペースギャラリー(サンディエゴ)

1993年フォトスギャラリー(サンフランシスコ

1991年ジャバギャラリー(サンディエゴ)

1991年ボリツッラー グレイ ギャラリー(サンタモニカ)

1990年ベルリーニッシ・ギャラリー at マルティン・グロピウス・バウ(ベルリン)

主なパブリケーション
2009年    写真年鑑2009 / インタビュー特集:2008この人 : 吉岡さとる
2008年12月  ブリティッシュ・ジャーナル・オブ・フォトグラフィ :
Best of 2008 - 2008年度、ベスト科学写真家 - 吉岡さとる(イギリス)

2008年1月  symmetry magazine: gallery: satoru yoshioka / An extraordinary eye for the everyday
(アメリカ)
2005年    「不思議な写真の世界」 高知新聞夕刊で2007年まで連載
2004年12月  日本カメラ:Dance Ahead・ダンスアヘッド(12月号・P91-P94) Ventana de Luz(マドリード)
2000年1月   GQ. Japan - (No.83 P.175 "ART")
1999年12月  Natural Glow - (Vol. 4 issue 1 No. 10 P.52 - 53)
1996年6月   フォトグラフィーズマガジンー:Jeunes Talents(フランス)
1995年11月  フォトメトロ:13回 フォトメトロ コンテスト(サンフランシスコ)
1994年5月   日本カメラ:WHO'S WHOー中村 浩美 (東京都写真美術館学芸員)
1994年4月   フォトメトロ(サンフランシスコ)

1991年6月   カメラアンドダークルーム:The East Comes West-Japanese Photography in
the U.S. Today by A.D.Coleman(アメリカ)

1991年1月   ヨーロピアンフォトグラフィー:ヤング ヨーロピアン フォトグラファー’90(ドイツ)

レクチャー&スライドショウ
2010年9月9日  総研大レクシャー「科学コミュニケーションと研究者のキャリア」

        国立大学法人 総合研究大学院大学(総研大)

: アートと科学 / 芸術家の目線からの科学や研究について (2010年9月9日)

2007年8月21日 UCLA-KEK-総研大 国際シンポジウム(葉山)
2000年     高知県立美術館 Low & High Tech. Photo Workshop (高知)

コレクション

写真美術館 / Museum of Photographic Arts (サンディエゴ)

高エネルギー加速器研究機構 / KEK (筑波)

: 2001年8月29日 アメリカ永住権 所得 "Aliens with Extraordinary Ability"

推薦年         1998年
推薦者         
サンディエゴ写真美術館 / Museum of Photographic Arts (サンディエゴ)  Diana Gaston / Curator
Museum of Contemporary Art (MCA) / Denver(デンバー)         Mark Sink / Director
高知県立美術館(高知)                         Kayo Kawamura / Curator
The Special Photographers company (ロンドン)Catherine Turner / Director
Agency VU' (パリ)Xavie Soule / President Abvent S.A
日本ポラロイド株式会社(東京)Katuhiko Saito / Director
Photo Gallery International(東京)山崎信 / Director
Gallery Past Rays (東京)Kazuaki Inoue / Director-Owner
Simayspace Gallery (サンディエゴ)Douglas Simay / Director-Owner

 


大木裕之 島のキ ジャンプ 二期 『0 と spice(ゼロとスパイス) 』 6月1日(水)− 8月31日(水)

 

□塩飽本島〜晴れに耕す。そしてアート〜
2011年 

主宰 瀬戸内アートウェーブ
会場 塩飽本島町笠島地区
助成  福武学術振興財団