海外日本語放送スケジュール 2019年4月8日現在  

                 (時間は日本時間、周波数はkHz)

韓 国: KBSワールドラジオ  (2019年3月31日変更)                
1000-1100  9580           1900-2000  9805   
1100-1200 11810           2000-2100  1170  
1700-1800  7275  6155     2100-2200  1170   
1800-1900  9805     

韓 国: HLAZ(FEBC)
2130-2245  1566

中 国: 北京放送(中国国際放送局) (2019年3月31日変更)  
1900-1957  11620  7325            
2000-2057  11620  7325  1044      
2100-2157  11620  7325  1044      
2200-2257   7410  7325  1044       
2300-2357   7410  7395  1044       
0000-0057   9585  7410  1044      
0700-0757  13640  9535             
0800-0857  13640 11680            

台 湾: 台湾国際放送(台湾の声)   
2000-2100  9735  
                  (1700,2200,0700からの放送は中止されました。)

北朝鮮: 朝鮮の声(チョソンの声) (2019年3月31日変更)  
0600-0650  11865  9650  3250   621         
0700-0750  11865  9650  3250   621          
0800-0850  11865  9650  3250   621          
1600-1650  11865  9650  3250   621          
1700-1750  11865  9650  3250   621          
1800-1850  11865  9650  6070  3250  621    
1900-1950  11865  9650  6070  3250  621    
2000-2050  11865  9650  6070  3250  621    
2100-2150  11865  9650  6070  3250  621    
  (3250kHzは中継用周波数、このところ出ていないようです。)
  北朝鮮は2018年5月5日、標準時を30分早めて日本、韓国と同じ時刻へ戻しました。

モンゴル: モンゴルの声       
1930-2000 12085     
0000-0030 12015   

タ イ: ラジオ・タイランド  (2019年3月31日変更)         
2200-2215  9390      

インドネシア: インドネシアの声   
2100-2200  3325   

ベトナム: ベトナムの声  
2000-2030 12020  9840  
2100-2130 12020  9840  
2300-2330 12020  9840  
0700-0730 12020  9840  

イラン: イラン・イスラム共和国放送(IRIB)  
  2018年9月23日朝の放送を最後に終了しました。 
  「放送が終了しました」というアナウンスも10月27日に終了しました。 
  日本語のWeb siteは今後も継続すると言うことです。 www.parstoday.com/ja   

パラオ: KWHR(T8BZ)  
1700-1800  9930 土曜日   (主の来臨に備えて) 

アルゼンチン: RAE (2018年6月  日現在)  
1700-1800  5950 (火〜土曜) 北米西部、アジア向け RMI(Florida)中継      

ロシア: ロシアの声   
      現在、短波の送信を停止しています。
      局名を、情報通信・ラジオ「スプートニク」へ変更しました。
      新しい web siteは http://jp.sputniknews.com/japan/ です。 

グアム: KTWR       
2030-2100  9910  (土曜日)  Leading the Way Ministryの番組 11月4日(土)開始
2115-2145  7500  (日曜日)  フレンドシップラジオ     

オーストラリア: HCJB-Australia (2019年4月6日変更) 
0730-0800 15410  (土曜、日曜)   
2000-2030 15565  (土曜、日曜) (朝の番組の再放送)  
 (2017年3月26日から、野町太郎氏制作のISが番組の最初と最後に入るようになった。)

オーストラリア: Reach Beyond Australia   
0730-0800 15410 月曜〜金曜 いのちのみことば(True the Bibleの番組)  

トルコ: トルコの声 (2015年2月15日開始) 
2030−2130  日本語のWebsiteで日本語番組 on demand を放送しています。 
 http://www.trt.tr/japanese      

「しおかぜ」(北朝鮮向け) (2019年4月1日)       
   (特定失踪者問題調査会による放送) 
2200-2300 5920 6070 (KDDI八俣送信)   
2305-2335 6090 5980 (KDDI八俣送信)*  
0100-0200 6165 5935 (KDDI八俣送信)    
        日本語、朝鮮語、英語、中国語               
        *: 2230からのふるさとの風の番組を放送しています。
 代替周波数 2200-2300 6040 6165 7215
       2305-2335 6070 6165 7325
       0100-0200 6090 6165 7215

日本政府、拉致問題対策本部による北朝鮮向け放送  (2019年3月31日変更)      
2200-2230   9965 9940 9465 朝鮮語(日本の風)    (台湾中継、9965 パラオ中継)  
0000-0030   9975 9685 7335 朝鮮語(日本の風)    (台湾中継、9975 パラオ中継) 
0030-0100   9965 9685 7335 鮮語語(日本の風)    (台湾中継、9965 パラオ中継) 
0130-0200   7335      朝鮮語(日本の風)    (台湾中継)  

2230-2257   9965 9705 9455 日本語(ふるさとの風) (台湾中継、9965 パラオ中継)  
2330-2400   9960 9560 9450 日本語(ふるさとの風) (台湾中継、9960 パラオ中継)  
0100-0130   9960 9470 7335 日本語(ふるさとの風) (台湾中継、9960 パラオ中継)  
0200-0230   6155      日本語(ふるさとの風) (台湾中継)    


2019年3月31日にスケジュールが変更されました。

BVB(Bible Voice Broadcasting)   (2016年1月31日で中止された。)                           

アメリカ: WRMI(Radio Miami International)   
      Family Radioの日本語番組 (2015年9月30日で中止された)  
 
エクアドル: HCJB(アンデスの声) 2000年12月31日で放送を終了。 
       HCJB-Australiaから日本語番組の放送を2006年6月3日に再開しました。 
       http://reachbeyond.chowder.jp/      

アルゼンチン: RAE 
        iOSとAndoroid端末用の専用アプリが提供されているということです。
        iOs版 https://appsto.re/jp/6KWSU.i     
        Andoroid版                 
        https://play.google.com/store/apps/detailes?id=com.xicnet.rae&hl=ja    
                           (Takaezawa Atsuhiko) 
バチカン:バチカン放送 2001年 3月25日で放送を中止。日本語のホームページを開設。
ドイツ: DW(ドイチェ・ヴェレ) 1999年12月31日で放送を終了。
マルタ: 地中海の声  2003年12月28日で放送を終了。 
グァム: AWR−アジア(KSDA)2010年10月31日、朝の放送を最後に終了。
アメリカ: WRMIが2014年10月1日に日本語放送を開始しました。
      2015年9月30日で放送を中止しました。  


できるだけモニターによる最新のスケジュールを提供しますが、変更や
変更のアナウンスなどを確認された方は、E−mailでお知らせください。
ご協力をお願いいたします。

協力者: 居松重和、甲斐基文、竹澤 敦彦 浅野隆  

ご協力ありがとうございます。 

                    制作: 林 義晃