新春特別企画

 パラナ州の知られざるブラジル局をめぐ る
Visiting Radio Stations in Brazilian Parana State
平原哲也
Tetsuya Hirahara


1.ロンドリーナ訪問 Visit to Londrina

20058月私はブラジルのパラナ州第2の都市、ロンドリーナ に出かけた。南半球に位置するブラジル南部の8月は冬である。ロンドリーナに限っていえば、寒いか というとそうではない。非常に快適な気候である。からっと晴れた日にはTシャツ1枚で充分だ。

サンパウロ州のフロンティア開拓に大きな役割を果た してきた日本人移民が、コーヒー栽培の適地を求めて鉄道路線の延長と共にパラナ州北部にも次々と入植して行った。1930年 代のことである。そのため、現在でもパラナ州には数多くの日系人が住んでいる。その中心となるのがロンドリーナ市である。ロンドリーナ市の中心部にセル ジーペ街がある。サンパウロのガルボンブエノ街と同様、かつては多くの日本人がここに事務所や店舗を構えていた。日本語番組担当者が集まったという「食堂 新東京」もこの通りにあった。現在は、スダメリス銀行や日本食品店富士センターの日本語の看板にその面影を残すのみである。

 
     I visited Londrina, the second largest city of Parana State, in Brazil, in August 2005. Being located in the Southern Hemisphere, it falls on winter in the Southern part of Brazil. It is not so cold, instead, it is very comfortable, as far as Londrina is concerned. A T-shirt is OK for a sunny day.

             Japanese immigrants played a great role in development of frontier in São Paulo State. It was in the 1930’s that they moved on to the northern part of Parana State, with the extension of railroad, for better soil to cultivate coffee trees. As a result, there live a lot of Japanese descendents, “Nikkey”, in Parana. The Nikkey is concentrated around Londrina. There is a street called Rua Sergipe in downtown Londrina. Likewise Rua Galvão Bueno in São Paulo city, once there were a lot of offices and shops managed by Japanese immigrants along this street. Restaurant “New Tokyo”, to where staff of Japanese radio programs gathered, also had an address here. Actually we can see only a few shops with a signboard in Japanese, such as Banco Sudameris and Fuji Center.

 

2.ロンドリーナの放送局 Radio stations in Londrina

(1)Rádio Difusora de Londrina

日本でもお馴染みのRádio Difusora de Londrinaはセルジーペ街にスタジオを持ち、中波および短波(4815kHz)で放送している。受付で「日本のリスナーです。スタジオを見学したいのですが。」と申し出た ところ、局長のオスカル・シモンイス氏を紹介された。外国から受信報告書をよく受け取る、ということで、小箱に詰め込まれている各国のDXerからのレポートを見せてくれた。そういえば日本からも来ていたぞ、ということで、赤林隆仁さんのレ ポートも持ってきてくれた。

 同局の前身であるRádio Difusora Paraná19556月 にロンドリーナ2番目の局としてサンタ・カタリーナ街に開局した。ZYS44690kHz)とZYS453365kHz)の「二つのコールサイン を持つ局」として知られた。日本語番組も開局とほぼ同時に開始され、短波のおかげでブラジル全土のリスナーをひきつけた。

1983年 には福音教会 “Só o Senhor é Deus” に買収され、宗教局となった。当初は119時間の放送のうち、同教会の番組は3時間のみで、 それ以外はロンドリーナ周辺の教会提供番組だったという。現在も数多くの時間を他の宗教団体に売っている。そのせいもあり、録音番組が多く、放送局の活気 というものがあまり感じられない。コンピュータを活用し、自動化された番組編成をとる小さなFM局 にありがちな光景であった。番組表によると月〜土曜日11:30(現地時間)には日系人のヒデカ ズ・タカヤマ牧師の番組“Uma Nova Dim. da Vida”が放送されている。

Rádio Difusora de Londrina, having studios at Rua Sergipe, is well heard in Japan on its shortwave outlet of 4815kHz. I said to a receptionist, “I am a listener in Japan. May I see the studios?”, and I was introduced to the station manager Oscar Simões. He told me that the station received a lot of reception reports, and he brought a small box with reports. He also showed me a report from Japan, written by Takahito Akabayashi.

The station was born in June 1955 as the second station of Londrina, with the name of Rádio Difusora Paraná, located at Rua Santa Catarina. The station was known as “a station with two call signs”: ZYS-44 (690kHz) and ZYS-45 (3365kHz). They had Japanese programs, commenced soon after inauguration. Thanks to the shortwave outlet, they had listeners around Brazil.

In 1983, the station was acquired by Evangelical Church “Só o Senhor é Deus”, and converted into a religious station. At first they had only three hours of their own programs. Other times were rented to other religious organizations around Londrina. Due to this fact, the station looked dull, as is the case for a small FM station relying on computer-based recorded programming. According to the program schedule of 2005, a Nikkey Pastor Hidekazu Takaiama has a program “Uma Nova Dim. da Vida” daily at 11:30 local time.

 (2)Rádio Alvorada de Londrina

中心街から少し離れたところに2000年に完成したRádio Alvoradaの 新局舎がある。同局はMaster et Magistra財団に属し、ロンドリーナ初の宗教局と して1964418日に中波および短波(90mb)で放送を始めた。 開局記念日は51日としている。同局も日 本語番組に時間を貸していたが、まもなく外国語放送禁止令が出されることになる。1964年 半ばの ことである。ところが、局長の好意でしばらくの間は日本語番組が支障なく続けられたという。宗教は政治より強し、というところか。

 受 付で局の活動について知りたい、と言ったところ、「トキコさんが良い」、と勧められた。でもあと30分 ほどお待ち下さい、とのこと。時間的な余裕がないため、写真を撮るだけで引き上げざるをえなかった。後日調べてみると、紹介されたのは放送局のNo.2として活躍している日系人女性のトキコ Y.バレートさんであった。

Rádio Alvoradaは数年前まで4865kHzで短波放送を実施していたが、2005年時点では中波(970kHz)のみの放送と なっている。

(左 left) Entrance of Radio Alvorada ラジオ・アルボラーダ正門  (右 right) Door mat of Radio Alvorada  ラジオ・アルボラーダ玄関マット     
 

                

(左 left) Waiting Room of Radio Alvorada ラジオ・アルボラーダ待合室(右 right)Ad for Japanese program at Radio Alvorada in 1972  1972年の日本語番組新聞広告
 

                                                                                                         
40 years anniverssary logo  開局40周年記念ロゴ  (from  http://www.arquidiocesedelondrina.com.br/hp_JC/jc_maio2004/corpo_capa.htm)





A little far from downtown Londrina, Rádio Alvorada has its new office-studios inaugurated in 2000. The station was established as the first religious station in Londrina on April 18, 1964, belonging to Fundação Master et Magistra de Londrina. They celebrate anniversary on May 1. The station also rented air-time to Japanese programs in the past. Soon a ban on foreign language program on radio was enforced, in mid 1964. The station manager, however, gave a special permission to continue to broadcast Japanese programs for some time.

I was recommended to see Ms. Tokiko Y. Barreto, a Nikkey, who acts as No.2 in the management, but due to my schedule constraint, I had to leave the station, after taking some photos.

Rádio Alvorada had a shortwave outlet on 4865kHz until a few years ago, but they broadcast only on 970kHz as of 2005.

 

(3)その他の放送局

ロンドリーナでは以下の中波局が放送している。10局のうち、その前身を含めると実に8局で日本語番組が流されていた。

There are ten AM stations operating in Londrina, out of which eight stations had programs in Japanese in the past.

560kHz        Rádio Londrina              1030 kHz       Rádio Atalaia

640kHz        Rádio Auriverde             1110 kHz       Rádio Paiquere

690kHz        Rádio Difusora                1160 kHz       Rádio Norte

830kHz        Rádio CBN                      1290 kHz       Rádio Brasil Sul

970kHz        Rádio Alvorada               1400 kHz       Rádio Globo


(左 left) Radio Difusora局舎
(右 right)Clock at Radio Difusora 同局の時計
 


(左 left) Gerente Administrador Simóes シモンイス局長  (中 center)
Business card of Mr. Simõesシモンイス局長の名刺(右 right)Ad for Japanese service of Radio Difusora in 1964  1964年の日本語番組新聞広告
 


(左 left) Gerente Administrativo Simões and other staff シモンイス局長および局員 (右 right) Ad in Japanese for Radio Difusora Paraná in 1962 1962年 の日本語広告


(左 left) Clock of Radio Londrina (560kHz) ラジオ・ロンドリーナの 時計 (右 right) Signboard of CBN-Londrina (830kHz) CBN-Londrina看板


(左 left) Radio Atalaia (1030kHz)局舎 (右 right) Radio Paiquere(1110kHz)局舎


(左 left) Radio Norte (1160kHz)  (右 right) Signboard of Radio Globo (1400kHz) Radio Globo看板


3.モメン ト・オリエンタル  "Moment Oriental" at Rádio Pepita  de  Ouro, Assaí

「もしかしたらアサイでミヨちゃんがまだ日本語番組 をやっているかもしれない」との話を聞いた。アサイは日本人が開拓した町である。旭(Asahi) とアサイ椰子に通じるAssaíと命名されたといわれている。早速アサイ唯一の放送局Rádio Pepita de Ouro1360kHz) に電話をかけてみた。電話に出たキャピキャピした女性が早口のポルトガル語で、毎朝9時から1時間日本音楽の番組があるわよ、と教えてくれた。翌朝8時 半頃1360kHzにダイヤルを合わせてみると、演歌が流れているではないか!何と既に番組は始 まっていたのである!!。またやられた!!!、 と昔の苦い経験が思い出された。マリリア市(サンパウロ州)でも1時間遅い時刻を教えられ、日本語 番組開始時の録音に失敗したのである。ともあれ番組終了時のアナウンスで、朝8時の番組開始を確認 し、翌日ミヨちゃんに会いに行くことにした。

番組開始前にアサイに着くには朝1番のバスに乗らなければならない。前日の夜から寒冷前線の影響で気候が急変し、冷たい雨の降る寒い朝であっ た。545分ロンドリーナ発クリチーバ行 きの各駅停車バスに乗り込む。一時間でアサイのバスターミナルに到着。時間がタップリとあるため、がらんとしたターミナルでラジオのスイッチを入れてみ る。ロンドリーナや周辺の町からの放送がよく入る。放送局に行くにはまだ時間が早いので、街中のパン屋で腹ごしらえをしながら時間をつぶすことにした。

7時 半近くになり、近くのタクシー乗り場でタクシーをつかまえた。運転手は日本人らしい顔つきをした年配の方であった。“Você fala japonês?”(日本語を話せますか?)と聞くと「少し」と言う。ブラジルでは「少し」と控えめに答えながらも、かなり日本 語の出来る日系人が多い。そこで日本語に切り替えて、「ラジオの日本語番組を聞いていましたか?」と質問すると、野田さんや青山さんの番組をよく聞いた ねぇ。そうそう、中川さんなんかも懐かしいねぇ、と盛り上がる。野田さんは日本に出稼ぎに行った、青山さんは亡くなった、と消息についても詳しい。「今か らミヨちゃんに会いに行くのですけれども、彼女の番組は聞いていますか?」と尋ねてみた。ミヨちゃんね、カーラジオがないので聞けません、と少し寂しそう な答えが返ってきた。

そうこうするうちに郊外の放送局に到着した。朝早い ためか受付には誰もいない。そこで、勝手に中に入ることにした。スタジオでは担当アナウンサーが生放送でお知らせや広告を読み上げている。音楽に切り替 わったところで、ミヨちゃんに用事かい?もうすぐ来るからコーヒーでも飲みながら待つがいい、とコーヒーサーバーの置いてあるスタジオ横のレコード室に案 内してくれた。そこには日本の歌謡曲のレコードコレクションもある。しかし、現在はプレーヤーが壊れているため、文字通り宝の持ち腐れとなっている。

そのうちにミヨちゃんがやってきた。本名は佐々木美 代子さん。とても人当たりのよい女性である。8時少し前のCM時 間を利用してそれまでの担当者と入れ替わる。ロッカーから出してきた放送素材として使うカセットテープを、ラジカセにセットする。日本音楽番組「モメン ト・オリエンタル」の始まりだ。1本の音楽テープをずっとかけながら、時々音量を絞ってはアナウン スを入れている。以前はアシスタントを使ってアナウンスに専念していたが、今では経費節減のため、自らコンソール・ミキサーの操作をしている。

ミヨちゃんは小さい頃、「美空ひばりちゃん」の歌を のど自慢で歌っていたそうだ。でも演歌はあまり好きではない、という。番組では竹内まりあや河島英五の曲も流れてくる。しかし、聴取者層としては40歳代以上を対象としており、ニュー演歌を流すと喜ばれるという。細川周平がその著書(中公新書)のタイト ルにした「サンバの国に演歌は流れる」の世界がまさにここに息づいている。


I heard that “it is likely that Miyo-chan continues to have a Japanese program in Assaí.” Assaí was developed by Japanese immigrants. The town was named after Asahi (morning sun in Japanese) and Assai Palm. I called one and only radio station in Assaí: Rádio Pepita de Ouro (1360kHz). A young girl answered me that a Japanese music program was broadcast daily at 9:00 a.m. Next morning, I tuned to the station at 8:30. To my astonishment, Japanese “Enka” music was being played! The program had already started!! I got taken once again!!! This reminded me of my bitter experience: station personnel informed me a wrong time, and naturally I missed out the opening announcement of a Japanese radio program in Marília (São Paulo State). Anyway I knew that the Miyo-chan’s program begins at 8:00, according to the closing announcement, and I decided to go to see her in Assaí the next day.

In order to get to Assaí before program opening, I had to take the first local bus bound for Curitiba, leaving Londrina at 05:45 a.m. It was a cold and rainy morning due to sudden climate change by a cold front. After one hour ride, I got to the bus terminal of Assaí. As it was too early to visit the station, I killed time by having a breakfast at a bakery in downtown Assaí.

At 7:30, I took a taxi at the taxi stand nearby. The elderly driver looked Nikkey. So I asked, “Você fala japonês?” (Do you speak Japanese?), and he replied “a little”. I knew that there are a lot of Nikkey who say “a little”, but they speak fluent Japanese. So I changed to Japanese and asked if he listened to Japanese radio programs. He said that he used to tune into programs hosted by Noda-san or Aoyama-san; he also missed Nakagawa-san’s program. Noda-san went to work in Japan, while Aoyama-san passed away… He was well informed about the people there. I told him, “I am going to see Miyo-chan. Have you heard her program?” He replied sadly, no, this time. He could not listen to her because he had no car radio.

We got to Rádio Pepita de Ouro located outskirt of Assaí. No one was there at the reception, maybe because it’s too early, so I entered without permission. An announcer in charge was reading information and advertisements in the studio. Knowing that I came to see Miyo-chan, he invited me for a cup of coffee, as he played music. The coffee server was installed at the record room. Their collection included Japanese songs, however, no record was used at all for broadcast, because the disc player had been out of order.

Soon came Ms. Miyoko Sasaki, better known as Miyo-chan. She is very affable. She prepared for her program “Momento Oriental”, using the ad time just before 8 o’clock. She put a cassette tape in a radio-cassette, and played the music tape along the program, sometimes mixing her announcements. Before, she was supported by an assistant, but now she controls console mixer herself in order to save cost.

Miyo-chan used to sing her favorite songs of Misora Hibari at amateur singing contests. She confesses that she does not like so much “Enka”, which is mainly accepted by older generation. Although she also plays songs for younger generation such as Takeuchi Maria or Kawashima Eigo, in her program, “new Enka” is more appreciated by her listeners over 40 years old. Listening to her program, I recalled a title of a book written by Shuhei Hosokawa: “Enka is played in the Country of Samba”, which made me realize that the world is really alive here.


(左 left) 50th anniversary of foundation of Assaí (1982) ア サイ開拓50周年記念碑 (右 right) Japanese garden near bus terminal of Assaí アサ イ・バスターミナル近くの池田公園


(左 left)Av. Rio de Janeiro – Main street of Assaí アサイ市目抜き通り (右 right) Announcer Ms Miyoko Sasaki (Miyo-chan) at microphone マイクに向かうミヨちゃん


R
á
dio Pepita de Ouro (1360kHz)の壁飾り(一部)

 

参考文献 Reference: Francisca Sousa Mota e Pinheiro, “Da Rádio Londrina à Rádio Universidade”, Editora UEL, 2001.

                           

筆者紹介
 平原哲也氏は1970年代から短波放送の受信を始め、約35年のキャリアを持つ短波専門家。国内中波局、海外日本語放送、国際放送、国内 向け短波放送、中波DX、ユーティリティDXと一通り経験したが、中でも国内向け番組が楽しめる中南米商業局には特に興味を持ち、日本における中南米局の 第一人者と言って良い。1978年には中南米専門クラブRadio Nuevo Mundo(RNM)の創立メンバーとなり、活動を英文で集約し世界的に大好評を博した「LA DXing」でも重要な役割を演じた。現在もTiempo Hechicero DX News(THDXN)のタイトルで中南米諸国においてモニターした中波・FMの受信情報を、RNMを通じて発表している。また放送の歴史にも詳しく日本 短波クラブが2000年に発行した「資料集日本の短波放送」の編集を行った。最近は中南米諸国におけるローカル向け日本語番組の歴史を発掘中である。過去 20年来数十回に渡りペルー、パラグアイ、コスタリカ、エルサルバドル、ブラジル等の中南米局を歴訪している。

Introduction of the author
 Author Mr.Tetsuya Hirahara has over 35 years of shortwave listening carrier. He experienced listening all kinds of radio stations - such as Japanese  mediumwave stations, foreign Japanese language stations, international broadcasters, domestic shortwave stations,domestic mediumwave stations, utility stations etc. He has been  especially interested in listening Latin American commercial radio stations, and now
is the top expert of Latin American Stations in Japan. He  was one of the founders of Japanese Latin American Radio Club " Radio Nuevo Mundo"(RNM) in 1978.   He played the important role in their world famous publication in Engllish "LA DXing", which was published several times in the past. He is now publishing  his monitoring  results through RNM titiled "Tiempo Hechiero DX News".  He is also famous as a Radio Historian. One of his greatest result in this field was "Shortwave Broadcasting in Japan" (in Japanese) published by Japan Shortwave Club in 2000.  He is now collecting the data of the Japanese program of the local radio stations in Latin America. In the last 20 years, he has visited the radio stations in Peru, Paraguay, Costa Rica, El Salvador, and Brazil some tens of times.


Top Page