RADIO NEDERLAND MADAGASCAR 中継局訪問記
 Visiting Radio Nederland Madagascar Relay Station

                                                                                                                     里見英樹
                                                                                                                 by Eiki Satomi
2005年の新春企画として、有名なIT企業「メディアマジック」の
社長でハム(ex.JH8JWF)でもある札幌市の里見英樹氏よりマ
ダガスカルのRadio Nederland 中継局訪問の記事と写真をご
提供いただきました。貴重な資料をご提供いただきました里見
氏に感謝したいと思います。なおマダガスカルもインド洋大津
波の被害を受け、同国南東部の海岸に押し寄せた2メートル近
い波で約150軒の家が波にのまれ1200人が家を失ったと報道
されています。

Mr.Eiki Satomi, an IT industrialist (president of MediaMagic Co.) as well as an radio amateur(ex.JH8JWF) in Sapporo, stayed in Madagascar on November 20-26, 2004, to present amateur radio equipment to Madagascar Radio Relay League. During the stay he visited Radio Nederland Madagascar Relay Station, guided by the relay station staffs, Solofo and Eddy, who have been employed for more than 20 years, and also radio amateur operators 5R8ET and 5R8FT. The station is located at the hill , 30 minutes car ride from Antananarivo, the capital city. They showed him 2 x 300kW transmitters and new 250kW transmitter which is now in construction. They said 130m new antenna will also be constructed along with the new transmitter. The used transmitter tubes, which are still very expensive, are sent to the US manufacturer, recycled, and reused. This time, the special permission to photograph the 300kW transmitting tube in operation was given!  When the operation begins, warning siren is blown to promote to get away from the high power or high electric field areas. Finally he received  the special QSL card of the station to commemorate the visit. This is Satomi's 3rd visit to Madagascar. He has made DXpeditions to Madagascar with the call sign of 5R8DF since 1992 when the amateur radio was banned in Madagascar.
Note: One month after he left, south-eastern coast of Madagascar was attacked by 2m high tsunami (Indian Ocean Tsunami on December 26). About 150 houses were swept away, and 1200 people were reported to be rendered homeless.
 

 2004年11月20日より26日まで、マダガスカルのアマチュア無線連盟にトランシーバやリニアアンプなどのアマチュア無線の機材をプレゼントする目的でマダガスカルに渡り、その間5R8DFのコールサインでローバンドを中心にQRVしてきました。
 今回お世話になったのはRADIO NEDERLAND MADAGASCAR中継局に勤務するSolofoさん(5R8ET)です。彼に会うのは1年ぶりです。前回マダガスカルを訪問した時は、中継局の見学をして いなかったので、今回はじっくりと案内していただきました。
 私自身、小学生の頃からから中学1-2年の頃にかけてはBCLに夢中だった時代がありました。RADIO NEDERLANDも当然聞いたことはありましたが、まさか30年後に訪問するチャンスが巡ってくるとは夢にも思いませんでした!・・・・感慨深いものがあります。
 RADIO NEDERLAND MADAGASCAR中継局はマダガスカルの首都アンタナナリボから車で約30分くらいの小高い丘にあります。送信所はSolofoさんと、Eddyさん(5R8FT)に案内をしていただきました。お二人とも中継局に20数年間勤めており、日本のBCLブームの事も知っていました。
 中継局は広大な敷地にアンテナがそれぞれ、アジア、オセアニア、アフリカ向等複数設置されており、タイムスケジュール毎に切り替えて放送されています。
 送信機は現用されているものが3台あり、出力は50-300kWで送信する地域や時間によって使い分けています。現在4台目の250kWの送信機(赤い筐体)を設置工事中で、木箱に入った送信管が近くに置いてあり、ヒーターが灯されるのをじっとまっていました。またこれにあわせて130m高の新アンテナも設置予定とのことでした。送信管は非常に高価なもなので、この局では使用済みの送信管はアメリカのメーカーに送り、リサイクルして使用していました。 パーツが保管されている部屋には、ドライブ用、中押し用、ファイナル用の真空管やソケット、バキュームコンデンサ・・・etc、高圧パーツ好きの方には涎の出そうなものばかりが陳列されていました。
 送信機が設備されている隣の棟に、アンテナ切り替え器が設置されており、放送を開始するアンテナに高周波を通し、接点を切り替えるためのモーターが沢山ありました。 このアンテナ切り替え器の棟から、各アンテナに同軸を通してドライブされています。
 送信棟の屋上には、送信管を冷却するための巨大なラジエーターとブロアが設置されていました。
 丁度送信所を見学している最中にサイレンが敷地内に響き渡りました。午後2時の放送が始まる合図で、高周波や高圧がかかるところから退避しなくてはなりません。 放送をモニターしている卓では、RADIO NEDERLANDのインターバルシグナルが小さく流れてました。私が近くによるとボリュームを上げて、放送をしっかり聞かせていただきました。オランダから衛星経由で放送番組を受信し、マダガスカルから世界に向けて短波放送をしている訳です。 
 最後に300kWで運用中の送信機の前でEddyさんとSolofoさんを撮影。送信中の真空管を特別に撮影、お土産に送信所のQSLカードをいただき、見学を終えました。
 マダガスカルへは1992年に同国でアマチュア無線が解禁になった直後に5R8DFのコールサインを取得しペディションを行いましたので、今回を含めて3度目の訪問となります。インターネットの時代になり日本ではアマチュア無線を趣味とする方が減っていますが、マダガスカルでは高校生、大学生への無線工学の学習や、世界観を身に着けるための良き教材としてまだ活用される余地がありそうです(マダガスカルでもインターネットが普及し始めてますが)。今後、年に1回はマダガスカルを訪れ、現地のハムたちと交流を図り、マダガスカルのアマチュア人口を増やすお手伝いをして行こうと考えています。
 
 

左: 首都アンタナナリボの風景  右:マダガスカル名物のアンモナイト屋
Left: Antananarivo, the capital city of Madagascar  Right:  ammonite shop

左: Radio Nederland中継局の入り口  右: マダガスカル北部に生息するキツネザル
Left: entrance of the relay station    Right: lemurs found in the northern part of Madagascar

左: 局のEddy氏  右: Solofo氏
Left: Eddy  Right: Sofolo  both the relay station staff

左: 300kW送信機と両氏  右: 送信中の300kW送信機真空管
Left: Eddy and Solofo in front of the 300kW transmitter  Right: 300kW transmitter tube in operation (dangerous!)

                                       

左: 現用300kW送信機全景  右: スペア送信管群
Left:  300kW transmitter, the general view   Right:  spare transmitter tubes
 
 

左:巨大な送信管用ソケット  右: 赤い筐体に納められた建設中の250kW送信機
Left: huge socket of the transmitter tube  Right:  new 250kW transmitter in construnction in red case

                                                                                                                                                                        

左: 新250kW送信機の内部  右: 現用300kW送信機の背面
Left: inside of the new 250kW transmitter   Right: back of the 300kW transmitter

左: 電源部  右: 冷却用ブロワー
Left:  power supply   Right:  blowers for cooling (at the top of the building)

 

左: 制御卓  右: 制御室のスタッフ
Left:  control desk   Right: staff in control room

 

左: 送信室とアンテナとの間の巨大なバラン  右: アンテナ切換機
Left: huge balun between the transmitter and antenna   Right: antenna changer

 

送信アンテナ群
transmitting antennas

 

左: 送信アンテナ 右: ホテル内の里見氏のシャックでQSO中のSolofo氏(5R8ET)
Left: transmtting antenna   Right: Solofo(5R8ET) at Satomi's schack in the hotel
 
 

左: マダガスカルのアマチュア無線家達   右: アマチュア無線家とテレコム関係者(前列右から2人目の黒いジャケットを着ているのが里見氏)
Left: radio amateurs in Madagascar   Right:  radio amateurs and telecommunication officers in Madagascar (Mr.Satomi is at the front row, second from the right, wearing black jacket)

 
 

TopPage