Time Signal Station RID (Russia)

 ロシアの時報局にはイルクーツクのRIDとモスクワのRWMがあるがどちらの受信に対しても同じQSL が発行さ れる。日本では通常RIDが受信される。RIDはIrkutsk近郊のAngarskにあり送信出力5kWで 5004,10004,15004kHzで出 ている。24時間出ているが毎月第二火曜日と第三月曜日の09:00-17:00は送信機のメンテナンスのため休止する。また毎時の送信 スケジュールは次 のようになっている。

   00:00 - 09:55 -- A1N信号
   10:00 - 17:55 -- 無変調信号
   18:00 - 19:00 -- 送信停止
   19:00 - 20:00 -- モールスによるコールサイン
   20:00 - 29:00 -- A1X 信号及び 報時信号
   30:00 - 39:55 -- A1N 信号
   40:00 - 47:55 -- 無変調信号
   48:00 - 49:00 -- 送信停止
   49:00 - 50:00 -- モールスによるコールサイン
   50:00 - 59:55 -- A1X 信号及び報時信号

 RIDは経済危機で閉局していたがこの春より再び送信を開始した。受信報告は英語で良いが$1.00程 度を同封 したい。

 受信報告の宛先:  Institute of Metrology for Time and Space(IMVP), NPO "VNIIFTRI",     Moscow Region, Mendeleevo, 141570 Russia

  ロシア語では: 141570, п/о Менделеебо, Соленчногорекогор-на, Московской области, НМВН   Инститыт Метрологи и Пространотва

 
 


 
 

 

トップページ