IBB-Sri Lanka(Sri Lanka)

 VOAの海外中継局は時々このように独自のQSLカードを発行している。スリランカの Iranawila中継局もその一つでIBB職員のGary Wise氏が発行業務を行っている。氏によれば中継局維持業務が第一義のためQSLカードの発行は遅れがちであったがこのほどコンピュー タと連動した発行システムを完成し、秘書がチェックするだけで発行が可能となる仕組みとしたとのことである。そのためか8月頃から過去の 受信報告に対し一斉にコンピュータプリントアウトのカードが発行されている。現在の同中継局からの英語放送のスケジュールは次の通り。

1000-1200 7115 7205 9635 11705 11725 11820 15250 17740 17820
2300-2400 6160 7125 7215 9645 9760 15395
0000-0030 1575 6160 7125 7215 9645 9760 15395
0030-0100 1575 6160 7125 7215 9645 9760 15395
0100-0200 6160 7125 7215 9645 9760 15395
0200-0300 6110 6160 7125 7215 9645 9760 9770 15395

返信にはスリランカの切手も貼られてくる。

宛先: IBB-Sri Lanka TX Station, c/o US Embassy, 210 Galle Road, Colombo 3, Sri Lanka

HPはhttp://usembassy.state.gov/posts/ce1 /wwwhvoa.htm

 善意で発行してくれるのであるから返信料の同封を忘れてはならない。

 

 

トップページ