Radio Studiya O'key

 ロシアの極東局は受信は容易でも返信を得るのはなかなか 困難であ る。返信率の悪さはロシアになってもソ連時代とあまり変わっていない。むしろソ連時代の方が郵便が途中でなくなる事が少なく、中央の 「秘密主義」の指示が 地方に徹底していなかったため返信が得やすかった位である。現在は郵便が届く率が悪いのと、放送局自体の経済状態が悪い事でなかなか うまく行かないのが実 状である。Radio Studiya O'keyはウラジオストックの民放で1996年の開局。1476kHzとFMの107.7MHzで05:00-22:00(日や季 節によって変動あり) に放送しており、中波は日本各地で夜間は良好に受信できる。HP上に表示されたアドレスに、これまたHPから借用したロゴ利用のロシ ア語PFCを同封し $1.00を返信料として添えてロシア語で受信報告を送ったところ、運良く届いたらしく、4ヶ月後に船便で返信が来た。最近のPFC は自分でデザインした ものを作成できるので局の受けが良ければ返信してくれる事が一般的に多い。QSL発行者はL.F.Shmatok氏。

同局の宛先は: 45a ul.Aleitskaya, Vladivostok, Primorskii Krai, 690106 Russia
ロシア語では: РОССИЯ 690106 Приморский Кдаи
                        г.Владивосток
                        ул.Алеутская 45a
                        Дом строительных оранизаций
                        Радио Студия О’Кей

同局のURL(ロシア語) http: //www.ok.vl.ru
 

PFC利用のQSL(スペルの間違いを直してくれた!)

 

同局の大型ロゴスッテカー

 

送られてきた封筒の表面、ロシア語の達筆で良く届いたものだ!
郵送料は10.6ルーブル(約43円)と思われるが、切り下げ前の切
手が使用されており、1993年発行の5000ルーブル切手が10枚(多
分これで5ルーブル)と一見天文学的だ!

 
 

トップペー ジ