Radio Africa International

  米国の宗教団体United Methodist Churchがアフリカ向に行っているNPO的性格を持つ放送で、送信はドイツのDTKより行われている。
放送開始は2001年1月であるので、今年で3年目である。宗教団体であるので基本的に布教目的である放送 だが、放送内容は現在アフリカで蔓延しているAIDSの予防や治療を中心として医療に関する正しい情報を提供する点に主眼が置かれてい る。放送は1日3回で日本時間の午後の放送2回がフランス語、深夜の放送が英語で行われている。Juelich送信所からアフリカ向に送 信されているが、日本、欧州、米国からも受信報告が寄せられているという。番組制作はDonna Niemann女史とRaphael Mbadinga氏によって米国で行われており、アフリカ人を含む何人かのスタッフが支援している。
  QSLカードはアフリカ地図の図柄を用いたものでアフリカ局のような感じがある。裏面には番組制作者のDonna女史のサインがある。短波放送に不慣れな ためか放送開始当時のスケジュールをカード表面の外周に刷り込んでしまっている。英語放送の方は変わっていないが、フランス語放送は周波 数うあ時間が変更されているので注意が必要だ。同局のパンフレットやwebサイトでのスケジュールも当初のままであるので注意して欲し い。
  A03スケジュールでは次のようになっている。 
    02:00-04:00 13820 15715 アフリカ向英語
  13:00-15:00  13810  アフリカ向フランス語
  15:00-17:00 15435 アフリカ向フランス語
 
   この局と同名の局がオーストリアにあり、こちらは欧州在住のアフリカ人社会向に放送を行っている別局であるので注意が必要である。事実あるDXerが、 オーストリアの方の局の受信報告をこちらの局に送付したところveirifyされてしまったという逸話もある。

 受信報告の宛先; The General Board of Global Ministiries, 475 Riverside Drive, Room 1374, New York, NY 10115, U.S.A.
  E-mail; radio@gbgm-umc.org
  URL; http://gbgm-umc.org
 

      ←番組制作者のDonna Niemann女史とRaphael Mbadinga氏                                                           
↓ 左: QSL表面  右: QSL裏面  大きさは153×108mm
         
 
 

トップペー ジ