La Voz de tu Conciencia  (コロンビア)


  La Voz de tu Concienciaは2002年に6065kHzで放送を開始した、その時放送開始に気づいたのは故Bjorn Malm氏とコロンビアのDXerであるRafael Rodriguez氏であった。その後周波数は6010kHzに変更され、今年初めにはついにRafael Rodriguez氏がQSLマネージャーに就任してQSLカードの発行業務を開始するに至った。
  創始者はRussell Stendal氏で、コロンビア南東部のLomalinda地方をターゲットにしていた。局名は「あたなの良心の声」というような意味で、当然キリスト教 の布教を目的とした局である。運営団体はRussel Stendal氏が代表を務めるキ リスト教布教団体「Colombia para Cristo」で、同団体はMarfil Estereo(5910kHz)も経営している。La Voz de tu Concienciaは本拠地は前述のようにLomalindaだが、連絡先はBogotaに置かれている。反政府右派ゲリラが横行し混乱の続くコロンビ アであるが、その中で同局は本やラジオ受信機(6010kHzと5910kHzのみ受信できるGalcom社製)を無料で紛争地域に配る等の活動を行って きた。
 Rafael Rodriguez氏がQSLを発行するのは「Colombia para Cristo」配下の本放送局とMarfil Estereoに対する受信報告に対してである。QSLカードはコンピュータからプリントアウトしたもので、6010kHzのLa Voz de tu Conciencia専用のデザインとなっているが、裏の証明部分のみはMarfil Estereoと共用である。Marfil Estereo専用のデザインのカードが用意されているのかは不明である。 なお現在のQSL発行条件が「月刊短波」2007年2月号に掲載されている。 スペイン語による受信報告に返信料を同封することが望ましい。
 なお最近「Colombia para Cristo」は最近Lomalindaから撤退しMarfil EstereoのあるPuerto Carrenyo(ベネズエラとの国境に近い)に移転し、La Voz tu Concienciaを5910kHzで出す(この場合はMarfi Estereoは廃止されるものと推測される)計画を発表した。これはベネズエラにも布教放送の範囲を広げたいという意志からと思われる。

受信報告の宛先; Sr.Rafael Rodoriguez, QSL Manager, Apartado Aereo No.67751, Bogotá, Colombia
局の連絡先:   Calle 44 No 13-67, Bogotá D.C, Colombia
E-mail:    contacto @ fuerzadepaz.com        libreria @ fuerzadepaz.com
Colombia para CristoのURL   http://www.fuerzadepaz.com


(左)QSLカード表面 「コロンビアからの平和の電波を発射」と書いてある 大きさ139×108mm  コールサインはHJDH
(右)同裏面 左半分はLa Voz de tu ConcienciaとMarfil Estereo共用の文面 
   


(左)一緒に送られてきたミニCD-ROM 局の紹介と音楽が入っている    (中)同じ金額の切手が重ねて貼られた封筒    
(右)Colombia para Cristoのロゴ 黄・青・赤はコロンビアのシンボルカラーで、黄は黄金、青は太平洋とカリブ海、赤は独立戦争の血の色を表す
      

Lomalindaの送信所




TopPage