Radio Slovakia International(スロバキア)

  スロバキアは第二次大戦後チェコと連邦を組んでチェコスロバキアとなっていたが、1989年に社会主義体制が崩壊した後の1993年1月1日に連邦を解消 して独立し、現在はEUの一員で、通貨も昨年よりユーロになっている。独立に伴い従来Radio Brastislavaという地方局だった放送局が国営局Radio Slovakiaとなった。チェコスロバキア時代の海外放送は当然Radio Pragueであり、1956年には同局の送信施設がスロバキアのRimavska Sobotaに建設され、100kW送信機2台が設置されでチェコスロバキア第3番目の短波送信所として活用された。Rimavska Sobotaはそのも強化が続けられ,1982年には250kW送信機2台を導入、翌年には更に250kW送信機2台を追加して強力な短波送信所となっ た。また1983年にはスロバキア北部のVelke Kostolanyにも新しい送信所が建設され100kW送信機10台を設置した。同送信所では100kW送信機複数台を組み合わせて250kW送信も可 能であった。
 当時の社会主義国では対外プロパガンダは国家の重要な使命であり、どんなに費用をかけても実施すべきものであった。対する資本主義国の方も言論統制の厳 しい社会主義国に風穴を開けるため、高出力の送信所を次々に設置して対抗した。このような状態をRadio Swedenの故Arne Skoog氏は「Power Game」と皮肉っていた。
 1993年元旦に独立した3日後の1月4日より、国際放送はRadio Slovakia International(RSI)としてRimavska Sobota及びVelke Kostolany送 信所の設備を使用して放送を開始した。そして同年3月29日には本格的な国際放送として英語、フランス語、ドイツ語、ロシア語放送も開始した。但し放送規 模に比べて送信所の規模が過大であったためVelke Kostolany送信所の使用は中止され、現在はRimavska Sobota送信所のみが使用されている。Rimavska Sobota送信所のみでも過剰気味であるため、1994年にAWRに送信機をレンタルしたのを皮切りにレンタル事業も開始した。IRRSは全面的にこの 送信所から放送しているし、一時は分離した Radio Pragueの送信の一部を再びRimavska Sobota送信所が引き受けたこともあった。現在Rimavska Sobota送信所は通信管理会社Towercom社の管理下にあり、RSIは設備を借用する形を取っている。
 スロバキア政府の財政状態は厳しく、2004年に政府は一度RSIの廃止を決定したが、反対の声が強く、廃止を延期した後撤回した。2006年にも廃止 論 議が復活したが、これも撤回された。更に隣国Radio Prague及びRadio Austria Internationalの廃止が決定された2009年末、RSIも便乗する形で再々度廃止を決めたが、両局の存続が決まったためか廃止を断念し現在も 放送を継続している。
  第三回目の廃止論議が持ち上がった昨年末、オーストリアのAustrian DX Board(ADXB)は創立40周年記念として、RSIの受信報告をADXB経由でRSIに送付し、RSIから特別QSLカードを発行するという特別 キャンペーンを行った。これはRSIに多数の受信報告を持ち込むことで廃止を牽制するという意味も持っていたと思われる。結果的に廃止がまたも回避された ことでその効果があったことが分かる。
 1993年の本格的国際放送開始直後の受信に対するQSLカード、そして昨年末のADXB40周年記念QSLカードを掲載する。

 出力が大きいことと、英語、ロシア語でアジア向放送があることで比較的受信は容易である。A10スケジュールでは放送時間が縮減された。

   受信報告の宛先:  Mýtna 1, P.O.Box 55, 817 55 Brtislava 15, Slovakia

   FAX:  +421 2 52496282

  E-mail:  englishsection @ slovakradio.sk

   URL:  http://www.rsi.sk


1993年RSI設立直後のQSLカード 発行者は英語課長だったRichard Guga氏 大きさ 148×105mm
(左)表面 Radio Bratislavaの建物を転用したRSIの局舎 当時のロゴにはそのまま使用されている(現在は真上から眺めた姿を図案化したものがロゴとなって いる−ADXB制作のQSL参照)
   建物の下部は上海万博の中国館に似ている!
(右)裏面 局名はSlovak Radioとなっている GOOD LISTENING AND 731の「731」は「73!」の間違いか?
  

(左)同時に届いた英語課長からの手紙
(中)当時の英語課員の寄せ書きサイン 独立直後の活気が感じられる
(右)スロバキアのシール
     
 
(左) 2010年ADXB制作の記念QSL 上部は新しいロゴマーク 廃止回避に大きな役割を果たした可能性がある 大きさ140×99mm
(右) 裏面 

   


TopPage