Radio Symban (オーストラリア)

 
  オーストラリアSydneyにあるRadio Symbanはギリシア系のAngelo Matsoukas氏によってギリシア系オーストラリア人に24時間ギリシア語の番組を届けることを目的に1997年4月に設立された。当初は特殊FMバ ンドの151.675kHzを使用し1997年4月6日から放送を開始した。当初ニューサウスウェールズ州に住んでいたギリシア系移民の人々は1日中聞こ えるギリシア語局に大変驚いて感動し、ギリシア系コミュニンティー内での局の人気は高まって行った。1999年12月13日にはギリシア系コミュニ ティーとしては初めてインターネット放送を開始した。なお局名の「symban」(σύμπαν)はギリシア語で 「宇宙」のことである。その後FMは93.3MHzでも出るようになった。

 更にオーストラリアでは2008年に120mbの2368.5kHzが最大出力1kWでコミュニティー局用に開放された。同局は全国放送を目指していち 早く申請を行った。申請は当初8局より出された が、結局開局したのはRadio Symban一局であった。同局は2008年5月に試験放送を行い、6月11日に24時間、1kWで本放送を開始した。送信所は北Sydneyの北 60kmにあるPeats Ridgeに設置され、高さ20mのアンテナから出ていた。送信機の調子が悪いらしくその後もしばしば放送が停止した。これを打開すべく翌2007年春に は送信所をSydney郊外 MarrackvilleのVictoria通Danas Timberに移転し、ビルの屋上に設置された垂直アンテナから出るようになった。当初50Wに減力したが、その後電話への混信等の困難を克服して 400Wに増力された。小出力ながら短波放送を開始したことで同局は世界に名前を知られる存在となった。局舎は現在Sydneyの南西約10kmの Hurlstone Parkにある。

 2010年頃には比較的受信状態が安定しており、日本でも夜間〜早朝に受信された。 ギリシア語でギリシア音楽を流す番組が中心であたかもギリシアの国 内局を聴いているように感じがした。受信報告に対しては、「今後QSLカードを発行する」旨のお礼のE-mailが送られてきたり、年末にはクリスマス カードも送られてきた。しかし本格的なQSLは発行されなかった。

 2011年にはARDXCのJohn Wright氏がQSL発行代行業務を行うようになった。その後も聞こえたり聞こえなかったりであったが、今年6月になって同局の経営者がサモア人のコ ミュニティー局Radio LMSに局を売却したという情報がもたらされ、事実サモア語の放送に代わってしまった。また同局のwebサイト(http: //radiosymban.com)も閉鎖された。
 その様な中、QSL発行代行のJohn Wright氏は過去のRadio Symbanの受信報告に対してもQSLを発行すると表明した。それに対応して6月の終わりに2010年の受信報告を送付したところ約1ヵ月後にeQSL が発行された。
 但しその後Radio LMSとともにRadio Symbanも放送しているのが確認され、7月末現在閉局していないことがわかった。真相は不明だが、Radio Symbanの放送時間の一部をRadio LMSに譲渡したのではないかという推測が行われている。そのため最新のRadio Symbanの受信報告に対しては別のデザインのeQSLが発行されることになったという。
 このようにDXクラブやDXerが珍局のQSL発行代行をしてこの趣味を盛り上げて行くというのも、短波局に余裕がなくなって行く中でこの趣味を維持す る上では極めて重要と思われる。

 John Wright氏によると、オーストラリアにはギリシアからの移民は結構多く、特にMelbourneは世界で2番目にギリシア人の人口が多い(1番目は勿 論ギリシアの首都Athens)都市である。Radio SymbanのあるSydneyもギリシア人が多い都市である。ギリシア人の移民が増えたのは第二次世界大戦後のギリシア内戦が激化した後である。 1970年代にはオーストラリアの大都市の飲食店の大半がギリシア人の経営によるものであったという。現在でもSydneyにはギリシア人経営のギリシア 風レストラン「タベルナ」が多い。宝飾界やファッション界で高い地位を得たギリシア人も多数いる。テニス選手として有名なMark Philippoussisも、名前から分かる通りギリシア系である。もっとも最近はインドや東南アジアからの移民が数の上では多いが。最近は日本レスト ランも多くなってきたが、日本人の経営は少なく、多くは韓国人の経営であるとのことだ。Sydneyには同局を含めてギリシア人コミュニティ向放送局が3 局存在する。



 局の住所:  867 New Cantaberry Road, Hurlstone Park, NSW 2193, Australia

 電話番号:  +61 2 9558 0500

 E-mail:  symban @ radiosymban.co.au

 URL:   http://www.radiosymban.com.au/programme%20new.htm

 ストリーミング放送:  http://tunein.com/radio/Radio-Symban-s87253/

 受信報告の宛先: dxer1234 @ gmail.com



ARDXCのJohn Wright氏より送付されたjpg形式のeQSL
右半分を表面、左半分を裏面としてQSLカードにすることができる
記載のURLは現在有効でない、図柄はNo.4であり別の図柄のeQSLも発行されている





(左)開局当初の局舎 (中)Radio Symbanのロゴ (右)スタジオとスタッフ
      




Top Page