Radio Adygeya (Russia)
Радио Адыгея
 
  ロシアは短波のみならず中波放送もほぼ全廃してしまった。短波ではRadio Sputnik(海外向)のDRM放送と復活したRadio Sakhaが残っていたがこれらも廃止されてしまった。現在短波海外向放送として唯一残存しているのがRadio Adygeya(Радио Адыгея)である。Adygeya(アディゲ)とは聞き慣れない地名だが、ロシア の西南部、黒海沿岸のKrasondar県に存在する少数民族アディゲ人を中心とする自治共和国で、地理的には欧州にある。

 この地区のアディゲ人はソ連時代から自治権を要求し、1922年にコーカサス自治区が認められた。1928年にはアディゲ自治区と改名し、 Krasnodarが首都となった。その後1936年にはMaykopに首都が移された。ソ連崩壊直前の1991年7月には更に自治権を強めたアディゲ自 治共和国の成立が認められ、独自の憲法や大統領を持つに至った。そして現在に至るまでロシア共和国内の自治共和国として位置している。自治共和国 内の人口構成はアディゲ人が25%、ロシア人が65%と実際にはロシア人の方が多い。2002-2007年に大統領であったHazret Sovmenは非ロシア化政策を取り中央政府と対立したが、現在の大統領は親和政策を取り中央政府との関係も良好である。

 この地方ではKrasnodarに拠点放送局が置かれていたが、自治共和国が成立した翌年に当たる1992年、当時のアルメニア・ラジオTV放 送会社の支局としてGTRK”Adygeya"(ГТРК "Адыгея")が開局し た。1993年には全ロシア国営ラジオテレビ放送会社(ВГТРК:Всероссийская Государственная Телевизионная и Радиовещательная Компания) の支局となり,現在国内向にはラジオ放送は Radio RosiiとMayak、TV放送は「Russia1」と「Russia24]の中継を行っている。
 海外向放送Radio Adygeya(Радио Адыгея)は GTRK"Adygeya"の成立とともに1992年に開始されたと言われている。目的は周辺諸国に在住するアディゲ人との絆を深めることにあ り、アディゲ語の他、トルコ 語、アラビア語が使用されてい る。多分当初は中波での放送であったと思われる。現在のようにTbiliskaya送信所からの短波送信が行われるようになったのは新ロシア政権が成立し た2007年以降と見られる。2018年夏期では以下のスケジュールで放送されている。

 火曜 03:00-04:00 6000kHz アディゲ語 トルコ語 アラビア語
 土曜 03:00-04:00 6000kHz アディゲ語
 月曜 04:00-05:00 6000kHz アディゲ語

 放送局はMaikopにあるが、送信所はKrasnodar東南にあるTbiliskaya送信所が使用されている。Tbiliskaya送信 所は 500kW送信機4基等を備える大短波送信所でかっては海外向放送Voice of Russia(現Radio Suptnik)用に大規模な送信を行っていた。Voice of Russiaの短波放送放送廃止後もDRMの試験放送等を出していたが、それも廃止され、現在はRadio Adygeyaの送信のみとなってしまった。送信には500kW送信機は使用されず、1967年導入の老朽化した旧ソ連製100kW送信機KV-100が 使用されている。 Tbiliskaya送信所がまだ維持されていることは心強いが、 設備の老朽化もありこの放送の将来も心配である。

 Radio Adygeaへの受信報告は制作局へ本来送るべきだが、ここからの返信は行われていない。QSLカードは送信所を管理するKrasnodar Regional Radio Television Broadcasting Center(Краснодарский Краевой Радио Телевизонный Передающий Центер)より発行されるので、受信報告 は返信料同封の上こちらに送った方が良い。うがった見方をすればQSLカードもあくまで送信を管理する全ロシア国営ラジオテレビ放送会社が発行す るという姿勢であるとも言える。返信は英語で来るので受信報告も英語で良い。

 GTRK "Adygeya"の住所: ul.Zhukovskogo 24, 385000 Mykop, Russia
                                     ロシア語では Россия 385000, Мйкоп, ул.Жукобцкого 24  ГТРК "Адыгея"

 受信報告の宛先: Krasnodar Regional Radio Television Broadcasting Center, ul. Radio, 3-A, 350038 Krasnodar, Russia
                 ロシア語では Россия 350038, Краснодар, ул.Радио 3-А  Краснодарский Краевой Радио Телевизонный Передающий Центер
 URL: http://www.adygtv.ru (ロシア語、メールもこのURLから送付可能)


(左)2015年にKrasnodar Regional Radio Television Broadcasting Centerから届いたQSLカード表面 Krasnodar市内のTV塔と市内を流れるKuban川、右上のロゴは全ロシア国営ラジオテレビ放送会社の もの、 下には「РТПС-Краснодар」とある。РТПСРадио Телевизонный Передающий Центер(ラジオ・TV放送センター)の略。大きさ 84×134 mm。い
(右)同裏面  英語で詳細が記述されている RW-688(РВ-688) は送信機のコールサイン 

 


(左)MaikopにあるGTRK "Adygeya"の局舎 ロゴマークが美しい 玄関の上に「ТЕЛЕВИДЕНИЕ И РАДИО АДЪГЕИ」とあり、ロシア語に似ているが表記が 若干異なる (JHY.DXingより)
(右)同局のロゴマーク・局名・局舎

 


Tbiliskaya送信所の短波ビーム鉄塔 (Wikimapiaより)



Index Page