EDXC2006 詳細レポート
EDXC2006 Special Report

大武 逞伯
Toshimichi Ohtake


プロローグ
Prologue

2006年のEDXC年次総会は、初めてロシアで開催された。サンクト・ぺテルブルグDXクラブの主催に よるものである。参加のため準備を始めたところ、ロシアへの入国にはビザが必要でかつその申請にはロシア内務省の手紙が必要というのでどう対処してよいか 分からず困ってしまった。いろいろ調べた結果、旅行社のパック旅行に目的の期間にペテルブルグに滞在できるものがあり、それに参加することでビザ申請から ホテル、飛行機の予約まで全て旅行社がやってくれることが分りそれを利用した。

航程は、成田を11時15分に出て正味10時間でモスクワ国際空港に16時10分到着。通関 と入国審査の後、車で国内空港へ移動した。19時過ぎの出発まで結構待ち時間があり、おなかが空いてきたので、ロシアへ来て最初の買い物はサンドイッチと ビール。英語が通じたかどうかは定かではないが、指で差したものが出てきたので、問題は無い。値段は1000円近くと高く、どうみても空港価格。

ここから約1時間10分でサンクトペテルブルグへ着いた。やはり夜になるとしんしんと冷えて きて、飛行機から空港ビルへの移動ではかなり寒く感じた。ペテルブルグ空港から市内中心部のホテルまでは車で約1時間。夜9時過ぎなのに、我々と逆方向の 都心から郊外へ向かう幹線道路はかなり渋滞していた。

さてEDXC2006の会場は、市内北部の地下鉄2号線ピオネルスカヤ駅から歩いて数分のロシア連邦エネルギー省地域教育センターで あった。宿泊施設も食堂も完備した施設で、多くの参加者は、ここへ宿泊したが、私の場合は旅行社手配のホテルに泊まらないとビザの申請に支障すると言われ たので、ここには泊まらなかった。実際、ロシアのホテルではチェックインの際パスポートを渡し、滞在登録をしてもらった後パスポートが返却されるまで市内 へ出かけられなかった。

ちなみに、夜行列車 を利用した帰路のサンクトペテルブルグーモスクワ間の列車の切符は、同夜が列車宿泊であった証拠として必要であるので、ロシア出国まで、失くさないように ときつ く言われた。幸い出国でのチェックは簡単でトラブルは無く、その必要は無かった。

駅には改札は無く、 寝台列車の各車両に車掌が居て乗車の際の切符チェックをやっていた。モスクワへ着くと、インツーリストのガイドがホームに来ており、誰に切符を渡すわけで もなく外へ出てしまい、手配の車でホテルへ向かった。


     EDXC2006 conference was held for the first time in Russia at St.Petersburg, hosted by St.Petersburg DX Club. To go to Russia from Japan, the visa was needed. To obtain the visa, the invitation letter from Russian Ministry of Internal Affairs was neccessary - which is impossible to get individually. The only solution was to  participate partly  (plane  and hotel) the pack tour to this area by tourist companies.

     Participating the tour, I left Narita Airport at 11:15, after 10 hours flight, arrived at Moscow International Airport at 16:10 and made the internal plane connection, lastly arrived at St.Petersburg after 21:00. I was chilled to the bone in the night climate here.

     EDXC2006 was held at the Regional Education Center of Federal Energy Agency, located some minutes walk from subway Pionerskaya station. This building was equipped with restaurant and lodging, many participants stayed here. But as for me, I was obliged to stay at the hotel appointed by the tourist company due to the visa. In Russia, we cannot go out from hotel without passport and staying registration.


EDXC2006の会場ま で
To the Conference

EDXC2006の 日程は、10月19日の参加者チェックインと懇親から動き出した。私は、パック旅行の日程上20日の公式講演から 参加した。

10月下旬のサンク トペテルブルグは夜明けが8時過ぎだったが、6時に目が覚めて窓の外をみると道路はかなりの交通量になっていた。朝早くから交通渋滞気味で、典型的な西欧 型の都市という印象である。

さて会場までは、地 下鉄1回乗換えで約25分。駅間の距離が長く、市内の乗り物というよりは日本の郊外電車のような感じであった。そ して、地下鉄の乗り場の深さには度肝を抜かれた。ピオネルスカヤ駅ではエスカレータでホームから地上にたどり着くまで、数分はかかる上、途中に踊り場がな く一直線であるので、高所恐怖症の人は下を直視できないだろう思う。

切符は基本的に自動 販売機で購入、窓口でも買える。全区間一律の値段(12ルーブル、約60円)なので、分りやすい。

やっと地上へ出て駅 前広場を過ぎ、2ブロック先のEDXC会場に着くと立派な階段教室が予約され、非常に見易い講演場所であった。講 演は露‐英の通訳付きで、会場の出席者はほぼ半分はロシア国内からのようであった。


    EDXC2006 started its schedule on October 19, 2006 by checking in the participants and mutual greetings.    In St.Petersburg the sun rose at after 8 o'clock at this season. Even at 6 o'clock in the dark, the roads were over-clouded with many cars. From the hotel to the Regional Education Center, it took about 25 minutes by subway. I was astonished at the long distance between the stations, as well as the depth of the platform. At Pionerskaya station it took several minutes from the platform to the ground by the single extremely long escalator! The fare of the subway was 12 roubles (about 0.5 dollers) each to any distance.
    Regional Education Center was located 2 blocks ahead from the station. The large lecture theater was assigned to the meeting. All the lectures were translated to English at the same time. The half of the participants seemed to be from Russia.

EDXC2006行事
Contents of EDXC2006

公式リストによる と、出席者は、13カ国から70名。昨年のプラハに比べ、1カ国、30名多い。内訳は、ロシア31名、フィンラン ド22名、デンマーク3名、スウェーデン3名、米国3名、ベラルシ、英国、チェコ、ドイツ、アイルランド、日本、オランダ、ウクライナが各1名であった。

講演内容は以下の通 りであった。

初日午前が、電離層 反射による電波伝搬(Evgeny Milyutin教授)。NASBとサイパンKFBSでの13年(Michael Adams氏/FEBC)。ソ連製ビンテージラジオの収集(Omar Cheishvili氏)。DXおよび業務受信におけるアクティブ磁気型アンテナの効果とDXへの応用(Anatoly Bobkov博士)。長波、中波、短波放送の過去、現在、未来とデジタル放送(Valentina Jolkver-Krasnoposkaya女史/DW)。午後は、DRMおよびアナログでの短波・中波ソフトウエアラジオの試験結果(Tarmo Kontro氏)。タイ、ベトナム、ラオス、カンボジアにおけるDXとラジオの現状(Anker Petersen氏/DSWCI)。サンクトペテルブルグ地区の放送(Mikhail Timofeyev氏)。サンクトペテルブルグにおける衛星国際放送の受信(Vladimir Kharitonov氏)。

初日は、18時に終了し、夕食はめいめいでとることになった。私は、過去のEDXC参加で顔なじみの連中と、地元の参加者に紹介され たグルジア料理店に行った。アイルランド、英国、スウエーデン、米国、日本そしてロシアと国際色豊かな顔ぶれ。この日の露―英の通訳を誘って行ったので、 注文にもあまり苦労せずに食べられた。(写真1)

二日目は、前日持ち 越したモスクワDXerクラブの紹介(Vadim Alexeyev氏/VOR)(写真2)。DRM放送用送信機の開発(Alexander Artamonov氏)。日本でのDXing(大武)(写真3)。フィンランドでのDXing(Risto Vahakainu氏)(写真4)。そして、最後に今回の主催者であるサンクト・ペテルブルグDXクラブの紹介が、副会長で実際の会の運営を行った Alexander Beryozkin氏(写真5)からあった。

これで講演は終了 し、15時からバスツアーが行われた。乗車前に、教育センター前で参加者の記念写真を撮影。(写真6)少しミゾレ 模様の天気になってきたがバス車内は暖かく問題ない。しかし、市内中心部で交通渋滞に巻き込まれ、わずか1ブロックの移動に30分もかかる場所があって、 予定の半分で切り上げざるをえなくなった。唯一下車できたのはエルミタージュ美術館前の宮廷広場で、ここで写真を撮ることが出来た。

この後に、目玉であ るポポフ博士の博物館(Prof. A.S.Popov Memorial Museum)のあるサンクト・ペテルブルグ国立エレクトロテカニカル大学(St .Petersburg State Electro-technical University)に向かう。

 大学自体は全体に古びた建物で、私が通った45年前の日本の大学のような感 じだが、一部は近代的な部分もあった。

 階段を上がって二階へ行くと博物館(といっても大学の一部の大部屋)があっ た。入り口に米国の国際学会IEEEからの「電気およびコンピュータ技術の重要マイルストンと認める」という標識がないと、その価値は見落としてしまいそ うである(写真7)。案内は、室長のLarisa Zolotinkina女史がして下さった。

Alexander Popov教授は、1895年5月7日、ロシア物理化学学会で、電磁信号の伝送のデモを行っており、この時 使用した電気信号の検波と保持回路が世界初のラジオ受信機(写真8)と認められている。無線の世界では、マルコーニの方が有名であるが、Popov教授の デモはマルコーニよりも早く、たまたま教授の研究が海軍向けのもので守秘義務があり、特許の申請などが出来なかったために世に知られるのが遅れたというこ とである。展示された説明図は今でも通じそうである。(写真9)。ロシアでは、この5月7日を、毎年「ラジオの日」として国を挙げて祝っているそうであ る。EDXCの参加者は、皆ラジオ好きで、この世界初のラジオには興奮し、熱心に見学をしていた。勿論、私も沢山写真を撮った。

この後、バスはもと の会場へ戻り公式行事の最後である晩餐会が盛大に行われた。抽選会では、滅多にないことだが、最初の当選者が私で、商品はVOA(VORではない)のTシャツであった。サイズがLLLで私が着ると肩がずり落ちてしまう。この後もどんどん抽選が進 み、皆さん大変興奮気味であった。


    There were 70 participants from 13 countries. 30 participants and 1 country more than the last EDXC2005 in Prague. Russia 31, Finland 22, Denmark 3, Sweden 3, US 3, each 1 from Belarus, UK, Czech, Germany, Ireland, Holland, Ukraine, and Japan.
    The first day lectures were as follows; "Special features of radio waves propagation by reflection from ionosphere" (Prof. Evgeny Milyutin), "National Association of SW Broadcasters and my 13 years at KFBS, Saipan" (Michael Adams/ FEBC), "Using active magnetic aerials in professional radio receiving and DX-ing" (Dr. Anatoly Bobkov), "Collecting Soviet vintage radio receivers" (Omar Cheishvili), "LW/MW/SW broadcasting: past, present and future. DRM standard" (Ms. Valentina Jolkver-Krasnoposkaya/DW), "DX-ing and radio landscape in Thailand, Vietnam, Laos and Cambodia"(Anker Petersen),  "Results of the tests of software-defined radio receivers for HF and MW reception using both analogue and digital (DRM) technology"(Tarmo Kontro, Finland), "Broadcasting in St. Petersburg region" (Mikhail Timofeyev), "Reception of satellite international broadcasting in St. Petersburg" (Vladimir Kharitonov), "Development of DRM radio transmitters" (Alexander Artamonov)

    The first day meeting was finished at 18:00. I, with some EDXC friends from Ireland UK, Sweden, USA, and Russia, went to the Georgian restaurant(photo1), introduced by a Russian participant. We had no problem in ordering, because Russian-English translator of the meeting was also attended!

    The 2nd day lectures were;
"DX-ing in Japan" (Toshimichi Ohtake)(photo3), "DX-ing in Finland"(Risto Vahakainu)(photo4),  "Moscow DX Club " (Vadim Alexeyev/VOR)(photo2), "St. Petersburg DX Club"(Alexander Beryozkin)(photo5).

    The last lecturer Mr.Alexander Beryzokin, the vice-president of St.Petersburg DX Club, was a chief manager of this conference.
     After finishing the session, sight seeing tour by bus was started from 15:00. Before starting, commemorative photograph of all the participants was taken(photo6). Due to severe the traffic congestion in the center of the city, we could see only a half of the scheduled sites. After the tour, we visited Popov Memorial Museum at St.Petersburg Electro-Technical University. Seeing the very old building , I remembered my university days of 45 years ago.
     The museum was located at one room of the 2nd floor. There was a mark, stating "We admit his contribution as an important milestone of electronics and computer technology." given by IEEE in front of the room door(photo7). We might pass by if there is not this mark!  We were guided by Ms.Larisa Zolotinkina, the director of the museum. Prof.Alexander Popov demonstrated the propagation of electro-magnetic wave on May 7, 1895 at the Russian Academy of Physics and Chemistry. The detector and inductor used in this demonstration was the first radio receiver of the world(photo8). This demonstration was earlier than the same experiment by Marconi. As Prof.Popov's study was in the order of navy, he had the duty of confidentiality, and could not apply for the patent. Then his name has been less famous than Marconi. In Russia, May 7 is the national celebration day called "Day of Radio." All the participants were much excited to see this first receiver of the world, along with a diagram(photo9).

     After visiting the museum, we returned to the Regional Education Center, and had an official dinner party. At the party lottery was done. I myself was the first winner of the lottery, winning LLL size (too large) VOA(not VOR) T-shirt! Many other participants were excited with the lottery too.


(左)写真1 グルジア料理店で 左から3人目が筆者 (中)写真2 Moscow DXer Clubについて説明中の
Vadim Alexeyev氏(左端)  (右)写真3 日本でのDXingについて説明中の筆者
(L)photo1 at the Georgian restaurant (Ohtake is e from the left)  (M)photo2 Mr.Vadim Alexeyev(left) lecturing " Moscow DX Club"  (R) photo3 Toshimichi Ohtake(author) lecturing "DXing in Japan"
   


(左)写真4 フィンランドでのDXingについて説明中の
Risto Vahakainu氏(左端) (中)写真5 St.Peterburg DX Clubについて説明中のAlexander Beryozkin氏(左端) (右)写真6 会場前での記念撮影
(L) photo4 Mr.Risto Vahakainu(left) lecturing "DXing in Finland" (M)photo5 Mr.Alexander Beryozkin(left) lecturing "St.Petersburg DX Club"  (R)photo6  commemoration photograph of the participants in front of the place
  


(左)写真7 ポポフ記念博物館入口の標識の前で (中)写真8 世界初のラジオ受信機 (右)写真9 展示された説明図
(L) photo7 in front of the mark of Popov Memorial Museum  (M)photo8  Popov's first radio receiver in the world (R)photo9 diagram of the first radio receiver
 



(左)写真10 ポポフ像の横で  (右)写真11 1月よりEDXCの事務総長となったTibor Szilargy氏と(氏はスウェーデン人だがHungary Radio Clubの会長もしている)
(L)photo10 in front of the statue of Dr.Popov  (R)photo11 with Mr.Tibor Szilargy who has been a secretary-general of EDXC since Janauary 2007 (He is Swedish, but he also acts as the president of Hungary DX Club)
 


町の印象
Impression of the city


 サンクトペテルブルグは、かってのロシア帝国の首都であり、文化芸術の都と 言われるくらい美しい町である。大きく蛇行するネヴァ川(写真12)の河口に沿って町があり、中心部は左岸にあり 一 番の大通りがネフスキー大通りである。この通りをタクシーの中から見た印象では、歩道も整然としており(写真13)、素敵な店も多く、広告も西側の大都市 と 変わらない。

 エルミタージュ美術館(写真14) も、EDXC2006の案内ポスター(写真15)に使われた青銅の騎士像もその美しさは評判通りであった。


    St.Peterburg was once a capital city of Russian Empire. This is a beautiful city, called "city of art and culture". The city is located along meandering Neva River(photo12). The center of the city, with the main street "Nevskii Prospect" is located on the left bank. With well-regulated sidewalks(photo13), attractive boutiques, advertisements, the city looks like west European one.
    I was especially impressed with the
Bronze Horseman (the esquestrian statue of Peter the Great) in front of Hermitage Museum(photo14), which was also printed on the front cover of the EDXC2006 guidebook(photo15).


(左)写真12 ネ ヴァ川と聖イサク寺院 (中)写真13 整然とした広い歩道  (右)写真 14 エルミタージュ美術館
(L) photo12 Neva River and St.Isac's cathedral  (M)photo13  well-regulated sidewalks  (R) photo14 Hermitage Museum
  


(左)写真15 EDXC2006の案内ポスター
(L) EDXC2006 poster



DXクラブ関係の講演要旨
Summary of the lectures on DX Clubs

DXing in Japan

  日本短波クラブは1952年に仙台で当時十代の青年達によって設立された。当初のメンバー100 人の内の1/3は外国人で、Gunner Persson 、 Gerry Dexter、 Rodger Riggs氏らがいた。外国のDXerと対等につきあうために毎月英語の会誌を発行した。現在も月刊誌「SW DX Guide」を英語と日本語で発行している。外国人向にはE-mailにより英語のニュースも発行している。HCJBのDX Party Line、AWRのWavescan、Radio JapanのDX ExpressにDX情報を提供し、毎年8月のHAM Fairに出展して短波受信の楽しさをアピールしている。また電灯線インターネット(PLC、BPL)への反対活動も行っている。10年前のBCL人口は 10代、20代、30代、40代、50代、60代以上の順に8、31、44、0、8、4%だったのが、2006年には0、5、18、50、0、5%に変化 している。JSWCの主力は1970年代のBCLブームの頃10代であった人々で、50代・60代が中心の欧米のDXクラブとは若干年来構成が異なる。 2006年のHAM Fairでのアンケート結果では人気のある局はKBSワールドラジオ、中国国際放送、BBCであった。10年前は中国国際放送、韓国国際放送(KBS)、 DWであった。

    Japan Shortwave Club was founded in July, 1952 by teenagers in Sendai. 1/3 of the first 100 members were foreigners, including Gunner Persson, Gerry Dexter, Rodger Riggs. To compete with foreign famous DXers, the club issued the monthly bulletin "SW DX Guide" in English. Now the club is continuing to issue this monthly bulletin in English and Japanese, along with monthly E-mail news in English forcusing to foreign listeners. The club is also producing DX programs, "DX report" in HCJB DX Partyline, "Wavescan" of AWR, and "DX Express" of Radio Japan. Every August the club participates  "HAM FAIR" held in Tokyo to appeal the enjoyment of SW listening. The club also appealed the opposition to PLC/ BPL to the government. The ages of Japanese SW listener in 2006 10's 0% 20's 5% 30's 18% 40's 50% 50's 0% over60's 17%, in 1995 8% 31% 44% 0% 8% 4% respectively. In 1970's "BCL boom" many teenagers became SW listeners, they grew up to 40's in 2006.Then the dominant age group of SWL in Japan is 40's, compared with 50/60's in US and Europe. The most popular shortwave stations in 2006 are; KBS World Radio, China Radio International, BBC, compared with China Radio International, RKI(KBS), DW in 1996. The club verifies by Zodiac animal QSLs or 5th anniversary or 50th anniversary QSL for reports on club produced DX programs. The report should be sent to JSWC HQ, CPO Box 29, Sendai 980-8691. 1 IRC or $1.00 US is required for return postage.

 

DXing in Finland

    Suomen DX-Litto(フィンランドDXクラブ)は1958年設立で、太陽黒点の最小期であった1960年代前半はあまり会員数は増えなかったが、60年代後 半から70年代になると急増し1000人を越えた。そして1971年のEDXC総会はフィランドのJyvaskylaで開催されるに至った。当時人気の あった受信機はトリオの9R-59Dであった。活動としてはLaplandへのDXペディションが行われた。70年代後半には会員数が更に2000人に膨 れあがり、1975年にはパートタイムの職員を雇うに至った。またローカル単位で独自の会誌を出すところも多くなった。1982年には Lemmenjoki DXキャンプが開始された。会員数のピークは1983年で2300人となり、ついに専任職員を雇った。そしてEDXC総会は 1987年にEspool、1992年にTampere、2002年にPoriで開催された。1990年代からDXingの中心はFMになり、会員数は徐 々に減少するとともに高齢化が進み、現在は700人だが、専任の職員は依然として雇っている。2008年には創立50周年を迎えるが、それを記念して EDXC総会を西海岸のVaasaで開催することが計画されている。 

    Suomen DX-Litto(Finnish DX Club) was founded in 1958. The club grown slowly in early 1960’s, when solar activity was minimum. There was a strong growing of club members in late 1960's, over 1000 members in early 1970's. EDXC1971 was held in Jyvaskaya hosted by the club. The most popular receiver in 1970's was Trio 9R-59D. Also club made a DX pedition to Lapland. In 1975 the club employed the part time clerk. At the end of 1970's the members were over 2000, many local clubs published their own little bulletin in those days. Lemmenjoki DX camp was founded in 1982. The members were at the peak, over 2300, in 1983, and the full time clerk was employed in 1983. EDXC1987 was held in Espoo(Helsinki), EDXC1992 in Tampere, and EDXC2002 in Pori. In 1990's FM DXing is growing strongly,  the club members were declining and getting older. Today 700 members with full time clerk. The club will celebrate 50th anniversary at EDXC2008 planning to be held in Vaasa in the West Coast of Finland.


Moscow DX Club

   1990年に5人のDXerがモスクワに集まりロシアにおけるDXingを推進するためにMoscow DX Assocationを設立した。会誌が発行されDXミーティングには40人が集まるようになった。しかしMoscow DX Associationは会員間の意見の対立からその後解散してしまった。その後はモスクワのアマチュア無線クラブであるCentral HAM Radio Clubの建物を借りて年2回ミーティングが開催されていた。同クラブは1995年にポポフ博士の受信機発明100周年記念行事を行ったが、その時に外国 の放送局が何局か参加したのが新たなBCLクラブMoscow DX Club設立のきっかけとなった。1996年には年2回会誌を発行、1997年春にはDXコンテストを実施したが、1998年には財政が逼迫し会誌の発行 を停止した。2000年以降はミーティングとDXペディションが活動の中心となった。2004年にはDXのポータルサイトを開設した。

     In 1990 5 DXers in Moscow gathered and talked on forming of "Moscow DX Association" to promote DXing in Russia. Printed bulletin was issued and DX meeting was attended by 40 DXers. But later the association was ceased due to conflict of opinion.  "Central HAM Radio Club in Moscow" has been established and it became an active radio association. Using this organization’s building, the SW listeners gathered twice a year, and formed the "Moscow DX Club". In 1995 Central HAM Radio Club organized 100 year anniversary of Prof. Popov’s Radio invention and some foreign radio stations attended the celebration. In 1996 regular DX bulletin was issued twice a year. In spring of 1997, first DX contest was conducted. In 1998 DX contest focused on Balkan stations was conducted. But in the same year, the club stopped issuing the bulletin due to the economical problems. In the 21 century , meeting and DX pedition have been the main activities of the club. In 2004 DX portal was opened and became on-line in 2005.


St. Peterburg DX Club

   St.Peterburg DX Clubは1988年に現会長の Alexey Osipov氏ら3人の DXerによりLeningrad  DX Circleとして設立された。ネバ川の中洲にとまっている烏をクラブの象徴としてマークにした。ミーティングは市内と隣国フィンランドで開催されてい る。またDX番組を1994年から制作し、Alexander Mikhailov氏が始めた民間局Radio Open Cityから放送を開始した。この放送はロシア西部では良好に受信されている。

    St.Petersburg DX Club was founded in 1988 as "DX Circle Leningrad", using the city name of that time by 3 DXers including the current President Alexey Osipov. The symbol of the club is a crow (wise bird) sitting at the bank of Neva River. Meetings were held in the city and also in Finland. The DX program has been aired since 1994 via "Radio Open City", which Mr. Alexander Mikhailov founded in St.Petersburg. The DX program is well heard in Western Russia.


筆者紹介
 大武逞伯(おおたけとしみち)氏はJSWC(日本短波クラブ)が創設された1952年に自作の0-V-1(高周波増幅なし、真空管式再生検波、低周波一 段増幅)受信機で聴き始めて以来の短波リスナーである。1956年4月から1960年3月までの学生時代4年間はJSWCのスタッフとして会誌の編集に協 力した。現在もクラブスタッフとして、各種国際会議への出席、DX番組の企画制作等に忙しい日々を送っている。特に2002年のJSWC50周年の際は平 原哲也氏とともに「創立50周年記念誌」の編纂を行い、また2006年11月のRadio St.Helena復活放送実施に当たっては日本での推進者として実現に貢献した。更にIBSジャパンの代表として、「Passport to World Band Radio」の国内販売、同誌の日本語版ガイド作成、各言語のレポート作成法「LANGUAGE LAB」の日本語版発行も行っている。


Introduction of the author
    Toshimichi Ohtake started shortwave listening in 1952 by his home-made 0-V-1 receiver. In his university student days, from April 1956 to March 1960, he was a young staff of Japan Shortwave Club in Sendai, and contributed to  edit the monthly  club bulletin "SW DX Guide". Now he is a main staff of the club, and is always busy in attending many international SWL meetings, producing DX programs of several stations. In 2002 he, with Mr.Tesuya Hirahara, edited the important  publication "JSWC 50 Years History".
    He acted as the main promoter in Japan for the reactivation of Radio St.Helana in November 2006.
    He is also a president of "IBS Japan", which provides "Passport to World Band Radio" with Japanese reader's guide every year, and Japanese edition of "LANGUAGE LAB" series.




TopPage