月刊短波20119月号(第4版)
編集 赤林隆仁  時間 JST



◎RDP Internacional廃止反対緊急署名始まる 3版新規
 ドイツの Gerald Kallinger氏によると、RDP Interncionalの短波放送正式廃止宣言(別記事参照)に関連してRDPのSamuel Castro氏は次の署名サイトより短波放送廃止反対の署名を行ってくれるように世界中のDXerに求めている。 http://www.peticaopublica.com/PeticaoAssinar.aspx?pi=P2011N9010。(WWDXC TP 1030) 画面 はすべてポルトガル語。署名の題目が「Manter a onda curta RTP Internacional」(RDP Intenrtionalの短波放送を守れ)であることを確認して、氏名(nome completo)、E-mailを入力する、その他の項目(Código Postal−郵便番号、Ano de Nascimento−生年、Comentários−コメント)はオプション。最後に送信ボタン「Assinar Peticão」を押す。なおこの署名を送ると宣伝メール等がこのサイトから送られて来る事があります。止めたい場合はメール上部にあるPara deixar de receber a newsletter, clique aqui」をクリックして配信停止画面を出して停止することができます。

RTÉ Radio Worldwideが9月18日短波特別放送 3版新規
 英国の Harry Brooks氏によると、アイルランドのRTÉ Radio Worldwideは例年通り「GAA All Ireland Hurling Final 2011」の試合中継を短波で特別放送する。勿論国内向第一放送や欧州で広く受信されている252kHzでも放送する。期日は9月18日(日)でスケ ジュールは以下の通り。すべてアフリカ向。試合開始は21:30の予定。
 21:00-02:00 7480 南部向 17880 東部向 17500 西部向 送信所はMeyerton。

(DXLDyg 9/2) 


◎ベネズエラのDX番組「Antenna DX」を特別短波放送 〜QSLカードも発行 3版新規・修正

 ベネズエラのLeonardo Santiago氏とパナマのVíctor Gutiérrez氏の共同制作になる特別DX番組「Antenna DX」が各局から放送される。受信報告に対して「Antenna DX」から特別QSLカードを発行する。
 放送スケジュールと放送局は以下の通り。
 パナマ: La Chispa Estereo 87.9 FM 現地時間 9月11日 08:15 再放送  19:25
  グアテマラ: Radio Verdad 4055kHz 9月10日11:00
  米国: WRMI 9955kHz 9月5日20: 30 9月7日 20:30  9月8日12:00
 受信報告はIRCまたは1ドル札複数を同封して、 Antenna DX,  c/o Leonardo Santiago, C.P. 5124, Las Agujas, Pueblo Llano, Estado Mérida, Venezuelaへ。10月以降に発送する。(ベネズエラ Leonardo Santiago氏) WRMIからの放送日時が当初のものから変更されていますの で注意。


◎MV Baltic Radio 4日に試験放送も 2版新 規

 MV Baltice RadioのTom Taylor氏によると、同局は来る9月4日に定期放送と試験放送を行う。
 定期放送 18:00-19:00  6140 100kW  9480 1kW
 試験放送 21:00-22:00  9585 100kW
  なお年末まで毎月第1日曜日は MV Baltic Radio(18:00-19:00)、第3日曜日(次回は9月18日)はEuropean Music Radio(18:00-19:00)、第4日曜日はRadio Gloria International(22:00-23:00)の放送を行う。 この内European Music Radioはアドレスが変わっており、新アドレスは c/o M.V. Baltic Radio, Seestraße 17, D-19089 Göhren, Germany(要はMV Baltic Radio経由)ということになる。(DXLDyg 9/1)

◎中国DXerからのQSLインフォーメーション 2版新規
 Athmeeya Yatra -A Ministry of Gospel For AsiaではG.F.Gentry氏が受信報告を受け付ける。, 宛先はP.O. Box 117028, Carrollton, TX 75011-7028, U.S.A.。
 Pakistan Broadcasting CorporationはE-mailによる受信報告にもQSLを発行する。宛先はfmcell @ radio.gov.pk。
 Radio Afghanistanに対するE-mailの受信報告に対してDirector GeneralのMohammad Zarin Anzor氏より、感謝のメールが届いたがQSLには言及されなかった。宛先はanzor68 @ hotmail.com。
  Pan American BroadcastingはE-mailによる受信報告を受け付けている。担当者はJeff Bernald氏。宛先はJBernald @ panambc.com。
(中国 張世峰氏)

◎HCJB関西リスナー集会中止 2版新規
 9月3日(土)に京都で開催が予定されていた「HCJB関西リスナー集会」は台風が接近しているため中止となった。HCJB尾崎氏より以下のメッセージ が寄せられた: 関西のリスナーの皆様と歓談できることを楽しみにしておりましたがとても残念です。引き続きHCJB日本語放送をお聞きいただき受信報告 書、お便りをお送りください。次回、関西での集いでお目にかかれますことを楽しみにいたしております。(京都府 永野正和氏) 


◎台湾RTIの日本語放送が存続危機に

 JSWCの松本卓也氏によると、台湾国際放送(RTI)の日本語課では8月末に荘麗玲アナ(勤続13年)・高野華恵アナ(勤続3年) の2名が退職した。 また新人の駒田英アナも「スポーツオンライン」のみ担当のフリーとなるため、現在フリーの羅友辰アナも退社となる。王淑卿課長によれば荘麗玲、高野両アナ は条件の良い職場に移るとのこと。結果として日本語課に残るのは王課長と上野重樹氏のみとなり、1時 間の番組制作が不可能となる。待遇が悪く新人が入社し てもすぐに辞めてしまうとのことである。大陸のCRI日 本語放送は同じ1時間の番組制作に40人が 働いており、更に東京支局に2人が常駐している。台湾は親日国で東日本大震災には世界一多額の義援 金を送ってくれた国であるにもかかわらず日本国内のマスコミが扱う情報量が少なく、RTI日本語放 送は貴重な情報源となっていた。RTIの 会長が年何回も交代するなどの最近の混乱が背景にあるものとされている。同日本語放送の存続を期待する人は大使館にあたる台湾駐日経済文化代表許國禎広報 部長宛にスタッフの労働条件改善や日本語放送存続を求める手紙かメールを出して欲しい。現在の馮寄台代表は、「自由中国之声」に勤めていたこともある。宛 先は〒108-0071東京都港区白金台5-20-2FAX03(3280)7926E-mailinformation roc-taiwan.orgURLhttp://www.taiwanembassy.org/JP/URL上 からもメールを出すことができる。(JSWC 大武逞伯氏)

「玉山一家」が「家庭崩壊」の危機にある



◎台湾国際放送英語サイト一新
 台湾国際放送(RTI)は中央放送局創立83周 年に当たる81日、英語のwebサイト (http://english.rti.org.tw)を一新 した。創立83年 記念式典で行政院新聞局の楊永明局長は「リニューアルした中央放送局の英語のwebサ イトは、台湾が世界各国の支持及び国際社会の理解を求めるのに最適な架け橋でありルートである」と語った。馬英九総統は「『将来性及び革新』の理念に基づ いて外国語で情報を発信するプラットホームを構築し、多元的な文化の価値を宣伝し、国民の視野を広げ、引き続き宝島台湾を宣伝するために努力するように」 との祝電を寄せた。国際社会での台湾の役割をより強く訴えて行くのが目的である。(MN 8/1)

新装なった英語webサ イト 右上、下部ですべてのメディアにアクセスできるようにしてある



VOAの予算カットでBBG内 に混乱
 Washington Times紙は2001年 以来継続されているロシアや中東向放送の削減に続き10月に予定されているVOAの中国向放送の中止で、 Broadcasting Board of GovernorsBBG)内では「混乱・混沌」が生じている と報じた。これはBBGの高官が非公式に語ったもので、BBGが ラジオ放送を止めてインターネットやソーシャルメディアにシフトする方針を打ち出したことで、自由や民主主義を促進するという米国政府の活動に反対する国 家からの攻撃に対して脆弱になったとしている。中東や中国で民主化の機運が芽生えても、世界的にインターネットが普及しているとは言い難い状況の中で人々 が直接生の情報を得るチャンスが減る上、インターネットやソーシャルメディアはハッキング攻撃を受けやすく(現実にVOAイ ラン向webサイトは乗っ取られてしまったことがある)、局員はリストラを恐れて仕事に力が入らな くなる、結果として大幅に聴取者が減少するとしている。(MN 8/1)

VORが英国でDAB放 送
 英国のメディア仲介業者Ofcomによると、World Radio NetworkWRN)London24時間DABで放送する免許を取得した。これは事実 上Voice of Russia(VOR)のために取得されたものである。VORは来年2月からLondon24時間のDAB放送を開始する見込みである。現在VORは多言 語放送局「Spectrum Radio」の時間を借りてLondon市 内で放送している。(MN 8/3)

IBB Botswana中継局強化を評価 〜米国連邦取引委員会
 米国のKim Andrew Elliott氏によると同国連邦取引委員会(OIG)は、Broadcasting Board of Governorsn活動の内、 IBB Botswana中継局について「良く運 営されている」と正の評価を下した。それによると局長は局の運営形態を改善して費用削減を達成した。具体的には老朽化した設備を修理し、また局内の省エネ を徹底して増え続けていたコストに歯止めをかけたとしている。Botswana中継局は中波・短波 の送信設備を持ち、ジンバブエ向等に送信を行い、多くの聴取者を有している局である。(WWDXC TP 1025)

Radio Heritage Foundation欧州もカバー範囲に
 ニュージーランドのRadio Heritage Foundationは今後欧 州の放送についての歴史的資料についても収集公開範囲に入れることを決定した。同団体の範囲は当初アジア・太平洋地区であったが、今後は1920年代に遡る欧州の放送資料も対象とする。特に20世 紀における中波・長波放送資料に焦点を置く。従来この分野で資料を収集していたベルギーのHerman Boel氏 の業績を受け継いで行きたいとしている。(MN 8/5)

Radio Australia若者に焦点
 Radio Australiaは今後携帯電話とインターネットでのコンテンツ配 信を強化する。現在の聴取者は40歳 以上の人が殆どだが、同局では若い年齢層に重点をシフトする方針である。年寄りの聴取者はやがては死んでいなくなるため、トーク中心の番組よりも若者受け のする娯楽中心の番組編成にシフトし、伝達手段も古い媒体であるラジオから携帯電話等のデジタルメディアにシフトする必要があるとしている。(MN 8/5) 40歳以上の人はそう簡単にはいなくならないでしょう。聴取者を失うだけにならなければ宜 しいのですが。

Radio Symban放送時間縮小
 米国のRon氏が、Radio SymbanTom Tsamouras氏に聞いたところによると、同局は技術上 の問題から放送時間を縮小して08:00-21:00に放送している。オーストラリアのIan Baxter氏によると、7月より電力料金が10-12%値上げされ、更に炭素税が徴収される見込みになったことが大きいとしている。 (DXLDyg 8/4) QSLカードを発行開始 した模様です。

Radio Damal情報
 オーストリアのPatrick Robic氏によると、ソマリア向に放送しているRadio Damalはソマリア人自身の価値感に基づいて同国における人権、安全、経済、コミュニティを促 進すること目的としている。そして母国だけ でなく外国にいるソマリア人に対しても伝統的に持っている「寛容さ」を発揮するように求めており、その手段として音楽、文化、ニュース、情報等の番組を主 として女性・労働者・若者向に放送している。リスナーとはSMS、電話、直接インタビュー、番組出 演を通して触れ合うようにしている。番組はケニアのNairobiで制作され、朝3時間、夕方3時間の一日計6時間放送短波で放送している。短波放送は欧州、中東、アフリカ、オーストラリアに広く届いている。同局のfacebookhttps:\\www.facebook.com/#!/pages/Radio-Damal/203042666388501E-mailRadiodamal gmail.comである。(WWDXC TP 1026)

◎「FM Atlas」のBruce Elving氏死去
 米国におけるFM DXingの総帥で、毎年発行されている「FM Atlas」の著者であったBruce Elving氏が724日、カリフォルニア州Loma Lindaで死去した。76歳であった。ミ ネソタ州にある自宅から前立腺ガンの治療のために同地に滞在中に心臓発作を起こして急死した。1957年 アイオワ州立大学を卒業後、1970年にシラクサ大学で博士号を取得した。FM/TV/AMの国内DXingに興味を持ち、ミネ ソタ州立大学のFMKUMD(103.3MHz) は氏の設立によるものである。また最近まで「FMedia!」というニュースレターも出していた。 葬儀は88日に 自宅のあるミネソタ州Duluthでとりおこなわれた。(DXLD 1131) 
 
◎フェライトコア資料
 米国のMark Durenberger氏によれば、同国のフェライコアメーカーFair-Rite社が技術資料「How to Choose Ferrite Components for EMISupression」を発行した。同社のトロイダルコアでは#2631803802が短波・中波帯域での雑音抑制には効果がありそうである。またコア材としては材料番号31が適している。資料はhttp://www.fair-rite.com/newfair/pdf/CUP%20Paper.pdfよ り無料でダウンロードできる。(DXLD 1131)

Domestic Broadcasting Survey統計
 ドイツのKai Ludwig氏によると、2011年 版のDomestic Broadcasting Survey対象期間中(12ヵ月)に秘密局、海賊局を除いてアクティブであった(1回でも受信された)送信機数は233で、1973年からの数の推移を示すと以下のと おりになった。

2200-5800kHz
でアクティブな送信機数 

地域/年

1973

1985

1997

2009

2011

アフリカ中部

102

76

40

18

15

アフリカ南部

 57

39

33

20

20

中東

  9

 4

 1

 0

 0

インド亞大陸

62

45

45

29

29

東南アジア

40

29

21

 4

 2

インドネシア

171

105

65

13

10

中国・台湾・モンゴル

119

110

75

32

28

旧ソ連

61

59

47

 7

 8

極東

38

28

28

 9

15

パプアニューギニア

17

20

20

15

14

豪州・太平洋

10

 4

13

 8

13

中央アメリカ

21

23

24

 5

 5

カリブ海

29

 3

 3

 2

 2

南米北西部

98

41

19

 3

 2

エクアドル

47

33

22

 5

 3

ペルー

78

69

78

28

22

ボリビア

35

42

25

14

10

ブラジル

107

87

67

35

35

南米南部

 5

 2

 1

 0

 0

合計

1106

819

627

247

233


 全体のトレンドとして、トロピカルバンド(ここでは2200-5800kHzの周 波数帯を意味する)を使用する局は世界的のどの地域でも徐々に減少している。古くなった短波送信機を維持しておくよりも他のメディアに切り替えることが選 択された結果である。但し太平洋地域では低電力の民間短波局が出現して増加に転じている。2010年 にトロピカルバンドの使用を廃止した局は以下の通りである。
kHz      kW
3220      10     R Morobe, Lae
(パ プアニューギニア)    20103月以降受信実績なし
3815      0.2   KNR, Tasiilaq (USB)
(グ リーンランド) 20112月廃止
3950       -     Voice of China, CNR-1
(中国) 20102月以降受信実績なし
3975     250    Magyar R
 (ドイツWertachtal中継)   20106月以降受信実績なし
4450     100     KCBS
(北 朝鮮) 20103月以降受信実績なし 
(DXLD 1131)

Radio PargueRadio Slovakia International実はスペインREEからも中継
 ウクライナのAleksandr Diadischev氏によると、スペインのREEは今年2月にRadio Pragueが短波放送を廃止した直後から同局のロシア語放送を毎週火曜日の02:15、 またRadio Slovakia Internationalのロシア語放送を金曜日の同じ時間 に中継放送している。これはロシア語放送国際協会の仲介によるものである。なおREE自体のロシア 語放送は現在Svetlana Demidova氏一人で制作され、1回30分週5回放送されている。(DXLDyg 8/8) Radio Pragueはこの放送の受信に対してもQSLカードを発行 するそうです。

BBC-WSがタミール語webサ イト一新
 BBC World Serviceはタミール語のwebサイトを一新した。デザインが一新され、モバイル端末バージョンも提供された。また過去一週間分の放送 がアーカイブとして提供されている。またFacebookTwitterに も対応している。毎週BBCのタミール語放送を聞く人は69万 人にのぼり、Chennai(旧マドラス)では民間局Big FMを通じて現地FM中継も行われている。URLhttp://www.bbctamil.com。(MN 8/11)


 

Denge Mazopotamya11530kHzからQSY
 イラク秘密局Denge Mezopotamya(クルド語)は永らく使用してい た11530kHzの使用を93日で打ち切る。94日からは以下のスケジュールとなる。
 01:00-03:00 7460 300kW 129度 (11530kHzよりQSY
 03:00-05:00 7460 300kW 129度 (7540kHzよるQSY
 送信所はウクライナのMykolaiev(DX MIX NEWS 8/8)

Radio Fly QSL発送
 カナダのEdward Kusalik氏がRadio FlyJames Kaltobie氏にメールで問い合わせたところ、以下の回答 があった。
Radio Fly
には40通の受信報告が寄せられている。局では当初QSLカード発行請求があるとは思っていなかったが、ある時点でQSLカー ドを印刷発行することに決定し、その準備を行っていたためQSLの発送が大幅に遅れた。88日現在封筒に入れた状態で発送を待っているの で、その内に届くであろう。自分は退職した前任者からQSL発行業務を引き継いだものである。Radio Flyは銅鉱山を所有するOk Tedi Mining社 がWestern Provinceとパプアニューギニア全体をカバーするために設立した放送局 で、世界各地から反応があるとは予期していなかったため、返信が大幅に遅れたものである。(WWDXC TP 1027)  短波リスナーはこういう事も引き起こすのです。だからBCLは 止められないのです。

BBCがリビア東部にFM局 設置
 BBCはリビアのBenghaziMisrataFM局を設置しし、World Serviceの番組中継を開始した。これでBBCのアラビア語放送はリビアで衛星TV、短波、中波だけでなく、FM放送の聴取者も獲得 できることになる。中継する番組は原則としてアラビア語だが、World Serviceの英語 ニュースも日に一度22:00に放送される。BBCで は設置理由について、リビアには熱心なリスナーが多く、webを併用した対話型番組にも参加者が多 い、信頼に足る正確な情報をいつでも入手できるように考慮したとしている。両都市とも周波数は91.5MHz(MN 8/12)

CRI開局70周年 記念ツアー開催
 北京の中国国際放送日本語部によると10月に開局70周年記念企画ツアーて「放送局ゆかりの地と歴史を訪ねる旅」が開催される。7日間コース(北京・延安)と4日 間コース(北京のみ)があり、日中平和観光横浜支店(中国専門の昔からある旅行社)がツアーを受け付ける。北京・延安コースは放送第一声をあげた新華放送 局や革命の聖地訪問、北京にある放送局旧局舎と現在の新局舎をリスナー一行が訪問し、夜に懇談会も開かれる。(鳥取県 長廻政志氏) 詳細はhttp://japanese.cri.cn/781/2011/06/20/Zt142s176649.htm参 照のこと。

◎ミャンマーの国営メディアから西側メディア非難スローガン消える
 ミャンマーの国営3新聞は2007年 の僧侶デモ弾圧事件以来連日一面の半分を割いてVOABBCを 「人民に憎しみの種を播く」、他の西側メ ディアを「怒りを掻き立てる」として非難し、「混乱を起こす事を目的とした『殺人放送』に惑わされるな」というスローガンを大きく掲載していたが、このほ どこれらのスローガンが紙面から一掃された。BBCVOAと 他の2つの西側メディアが短波と衛星放送でビルマ語放送を行っており、多くのビルマ人に重要な ニュースソースとして重宝されている。同国政府が柔軟姿勢に転じたものと思われ、同国の非国営メディアにも若干その動きが見られるが、聴取者な多いとされ るTV放送は今でも厳重な統制下にあるし、外国メディアの国内での取材は一切禁止されており、西側 のwebサイトはすべてブロックされた状態である。(MN 8/17)

◎オランダ当局海賊局はすぐ検挙

 オランダの通信当局は今後海賊局にはより厳しい規制を行う予定である。従来の「モグラ叩き」から脱して海賊局を一網打尽にするのが目的で ある。具体的には従来数ヶ月かかった検挙までの期間を短縮し、警告状を受け取った時間から30分 経っても送信設備を有している局はすべて検挙し、2500ユーロの罰金を科すというものである。同 国で今年になってから警告を受けた海賊局は160局で、60人 が検挙されている。例え海上から放送していても局の所有者がオランダ在住者であれば過料される。最近の海賊局は送信機を車載して、警告状を受け取ったらす ぐに移動して他の場所から放送するという戦術を取っている。車載用に折りたためるアンテナマストの中には組み立てると簡単に40mの高さになるものもある。新しい「30分ルー ル」は彼らに移動する時間を与えず検挙するという効果が期待できる。(MN 8/17) 湾岸戦争・イラク戦争等で培われた移動無線技術(オランダは数々の技術を開発した)が海賊局に応用されているという感じで す。

◎英国Ramisham送信所年末に閉鎖
 英国のBabcock社は同国のDorsetに あるRampisham送信所を2011年 のクリスマまでに閉鎖し、19人の職員を解雇すると発表した。今年初めにBBC-WS2014年までに短波放送を大幅削減す ることを打ち出した事による措置である。Babcock社は更にWofferton送信所で3人、Orford Ness送信所で4人を解雇する予定で、これらの送信所も閉鎖される見込みである。 解雇について919日迄の予定で組合と協 議に入った。組合幹部は「従業員の解雇は勿論だが、70年の歴史を持つRampisham送信所の廃止は残念なことだ」と語り、これらの送信所に対する予算削減率10%を上回る16%の人員削減に反対する声明を発表 した。(MN 8/19) 英本土からの短波送信が将来消滅します。

RFAが中国ジャミングに「忍者戦術」
 ドイツのWolfgang Bueschel氏によると、Radio Free Asiaは中国のジャミング対策として13mb内で複数の多周波数に同時 に出る「忍者戦術」を取り出した模様である。例えば14:00-15:00の中国語放送は21580及び21845kHzをしよう、15:00-16:00のチベット語放送は21475216452168021690217102175021775kHzで出ている。 これでは毎日が「新スケジュール」である。(DXLD 1133) 受信している人はバンド内で探せば良いが、ジャミングを掛ける側はいちいちモニターして周波数を変更する手間をかけなければ ならずジャミング対策としては効果的です。

KTWR送信機増強
 KTWRの送信機増強工事が終了し同局は89日より14:009920kHz、出力57kWで試験電波を発射開始し た。(DXLD 1133)

AIR-Leh一時的に 4660kHzQSY 3版追加
 インドのAlokesh Gupta氏によると、QRTしていたAIR-Leh4760kHzではなく4660kHzに出てきた。821日の23:45に 確認した。(DXLDyg 8/21) 
 同氏によれば8月26日より4660kHzでは聞こえなくなった。多分4760kHzに戻ったと思われるが、確認できていない。(DXLD 1135)

Washington地震でVOA放 送一時中断
 823日に米国の首都Washingtonを襲ったマグニチュード5.8の 地震が、米国東部では1944年以来最大のものであった。ペンタゴン、VOAの建物は大きく揺れて、揺れが治まるまでVOAの 放送も一時中断した。(MN 8/24)

FEBCSaipan送 信所は12月末に閉鎖
 FEBC4月末に送信を 停止したSaipan送信所を今年12末に 閉鎖すると発表した。同送信所は27年の歴史を閉じることになる。FEBCBob Springer社長は米国政府の 規制緩和と通信技術の発達で短波放送の重要性が著しく減少したのがその原因と語った。(MN 8/24)

VOAソマリ語放送が英国で携帯電話サービス
 英国全土で携帯電話放送によりVOAソマリ語放送が聞けるようになった。VOAと携帯電話プロバイダーのAudioNowとの 協同によるものである。英国に在住するソマリア人向けで020 3519 3010をダイアルする と24時間何時でも放送を聞くことができる。VOADavid Ensor局長は必要な時に何時でも放送を聞くことが出来るのは画期的で、英国在住のソマリア難 民は母国で起きている大干ばつの状況について何時でも情報を得ることが出来るとしている。VOAは 同様のサービスをAudioNowと協同でギニア、リベリア、中南米に導入している。(MN 8/23)

◎リビア放送局の現状
 エジプトのTarek Zeidan氏によると、反カダフィ勢力がリビアの首都ト リポリを制圧したことによりカダフィ側の放送LJBC711/972/1251kHzは 聞こえなくなった。LJBCwebサイト はアクセス出来なくなったが、同局のストリーミング放送は依然として継続されている。(DXLDyg 8/26)
 
エジプトのTarek Zeidan氏によると、1125kHz(Green Mountain)Al Jazeela TVの音声を流している。1449kHz(Misrata)Voice of Free Libya575kHzBenghazi)Radio Free Libyaを流している。また1053kHzは一時聞こえなくなったが、 新政府側のLibya TV(Libya Allhurrahttp://www.libya.tv)の音声を流し始めた。Voice of Africawebサイト(http://www.voiceofafrica.com.ly/) はアクセス可能だが新政府を支持する内容がアップロードされている。イタリアのAndrea Lavendel氏 によると、675kHzの音声はhttp://www.ustream.tv/channel/free-libya-radio-675で 確認することができる。(WWDXC TP 1029)

IBB Greenville送信所一時停止
 米国のGlenn Hauser氏 によると、828日の22:00以 降米国Greenville送信所からのVOA及 びRadio Martiの放送が一切止まっている。送信所では69kV高圧線のブレーカーが故障したためと説明している。ハリケーンIreneの せいとされているが、同送信所はIreneの暴風雨圏外であった。(DXLDyg 8/28)
  同氏によると送信所は8月29日より送信を再開した。(DXLD 1135)


Radio Tiranaの短波放送停止続く  4版追加
 米国のGlenn Hauser氏 によると、8月末現在Radio Tiranaの 短波放送が一切 聞こえなくなった。7月末にShijak送 信所の2台の送信機の内1台が故障し、片肺 での運転が続いていたがもう片方も故障した模様である。(DXLDyg 8/26) 
 Glenn Hauser氏によると、英語のwebストリーミング放送も中断している。但し中波で行われているトルコ語のwebストリーミング放送は聞こえるので、中波と短波では別系統となっているのかも知れない。但し英国のHarry Brooks氏によると、ドイツのRadio 700で はpodcasthttp://www.radio700.info/podcasts/en/al/tirana/tirana.php) で 最新の同局の英語放送を行っており、番組制作は継続している模様である。(DXLDyg 8/30
  英国のHarry Brooks氏によると、氏の問い合わせ対してRadio Tiranaの技術部のDrita Cico女史は、Shijak送信所の故障が原因だが局内にはこれを機に短波を廃止してインターネットの切り替えるという議論があると回答した。 (DXLDyg 9/8) 

◎新たなアラビア語放送開始
 IRRS仲介でルーマニアのTiganeshti送 信所より新たなアラビア語放送が開始された。出力は300kW、中東・北アフリカ向140度である。
 水曜日 17:00-17:15 11910
 
金曜日 23:00-23:15  11910
DX MIX NEWS 8/19)
 ドイツのWolfgnag Bueschel氏によればヨルダンのAmmanに根拠地を置くキリスト教団体Jordan Baptist Conventionによる放送で、webサイトはhttp://arabwomantoday.com/である。エジプトのTarek Zeidan氏によればアラブの女性に聖書を普及させることを目的とした放送である。イタリアのAndrea Lawendel氏によれば放送の名称は「Arab Woman Today」、E-mailアドレスはInfo awtministries.com、宛先はArab Women Today Ministries, P.O.Box 850881, Amman, 11185 Jordanである。ドイツのKai Ludwing氏によれば英語のwebサイトはhttp://www.awtministries.com/english/radio.phpであり、既 にTWRCyprus送信所から1233kHzで行われている放送を別のプラトフォームにより短波でも放送するものである。(WWDXC TP 1029)




◎モロッコMedi 1短波放送一時停止 〜復活確認
 3版追加
 アイルランドのDerek Lync氏に よると、モロッコMedi 19575kHzが聞こえなくなっている。同じNador送信所を使っているRadio Moroocoの 方は一時送信を停止したがその後出てきている。(DXLDyg 8/29)
  9/3朝の05:45のアラビア語、夕方の16:15のフランス語ID、そして今朝の05:30のアラビア語ともきれいに聴こえていた。9/3朝の放送は 変調が浅かったが、同日夕方、9/4の朝の放送は変調音も戻り非常に良好に入っていた。 (大阪府 影山敦久氏)

HCJBが開局直後のビデオ映像公開
 英国のAlan Roe氏によると、HCJB英 国はYouTube上に1931年のHCJB開局時に映像を約5分間公開した。これはエクアドルのHCJBに おいて最近発見されたもので、HCJBの創設者Clarence Jones氏の話、局舎建設の様子、アンテナ建立の様子等が写っている。http://www.youtube.com/watch?v=sIU46XZsCSA(WWDXC TP 1029)

Radio Free Europes "Crusade for Freedom" 発行
 1950年代のRadio Free Europeの活動について記述した「ラジオフリーヨーロッパの『自由十字軍』」が発行された。戦後の共産化された東欧に自由もたらすため の「十字軍」として反共プロパガンダメディアとして大々的に誕生したRadio Free Europeに ついて米国内でどのようにしてこれを支持する社会が形成されて行ったかについて述べている。Richard H. Cummings著、Mcfarland社発行、価格$45.00(Universal Radio) Kindleで は$18.49で発売されています。放送対象がイスラム圏になった現在では「十字軍」のスローガン は廃止されています。




◎北朝鮮放送局名では送付不能に
  北朝鮮の放送局向けの手紙は宛先が手書きのものしか送付できない(プリンタ出力のものは不可)が、最近規制が強化され、放送局名(団体名)では返送される ようになった。従って放送局に手紙を出す場合はアナウンサー等個人の名前の宛先を書く必要がある。(鳥取県 長廻政志氏)

NHK91日よりインターネットでラジオストリーミング放送
 NHKはインターネット上のストリーミングラジオ放送を91日の11:00よ り開始する。但しサービス範囲は日本国内のみでIPアドレスによって外国からのアクセスはブロック する。「NHK Net Radio らじる★らじる」いう愛称(ユルキャラ「らじる君」も登 場)で第一放送、第二放送、FM放送の全国向放送の内著作権処理可能な部分をストリーミングで放送 する。また101日にはスマホでも聴取で きるようになる。(MN 8/30) URLhttp://www3.nhk.or.jp/netradio/


2013年末までの限定サービスである


◎ポルトガルRTPの短波放送を正式廃止に 〜労組は反発 4版追加
 ポルトガルのJoão Goncalves Costa氏によると、720日開催されたポルトガルRTPの経営画委員会において政府から正式に短波放送廃止の許可が下りた事が報告された。これを受けてRTPの労働組合は会社側に対して、海外在住のポルトガル人が母国の情報を得る機会を奪われているとして短波 放送の即時復活を要望した。同組合はこの決定は「憲法違反、無法、調子外れ、無責任」と批判している。(DXLDyg 8/29)
  Rádio e Televisão de Portugal (RTP)
Guilherme Costa社長は830日 はRDP Internacionalの短波放送廃止について理由は「有りすぎるほど有る」と語っ た。理由としてあげたのは「短波は技術的に遅れたメディアであ る」、「音質が悪い」、「費用がかかる」ということであった。廃止の計画を20095月より立てていた事を明らかにした。氏は更に「短波廃止反対の手紙を 190通受け取ったが内半数はE-mailで来た。インターネット接続できるのに短 波廃止に反対する資格はない。」と語った。(MN 8/31)
 ポルトガルの
João Costa氏によると、本当のところは財政破綻状態にあるポルトガル政府がリスボン東郊に位置する広大なPegões短波送信所の土地を処分したいからで ある。既にPegões送信所周辺の土地はRTPの関連会社によって売りに出されている。国家財政破綻の前では海外在住者の利益など考えの外なのである。 (DXLDyg 9/4)
  ポルトガルのCarlos Gonzales氏によると、現在Lisboa北部の軍用地を使用している国際空港を東側に拡大移転する計画があり、国際空港に隣接した場所に高い鉄塔を 持った
Pegões短波送信所があるのは好ましくないためとされている。送信所近くは現在は農地で あるが、国際空港ができれば値上がり必然であり、カネの欲しい経営陣が送信所ごと処分してしまいたくなるのは当然であろう。 (DXLDyg 9/6) 会長発言でRDP Internacional61日 の「休止」から正式に「廃止」に移行しました。経営者がカネの事を考えるのは重要ですが、公共放送の経営者がカネだけを考えるのはいかがなものか? 本音 はカネなのに「時代遅れのメディア」とかいうのはどこか日本的ですね。ポルトガルは日本とは友好国でありますが。

Radio Rossii Monchegorskの状況
 ドイツのWolfgang Bueschel氏によると、5930kHzRadio Rossii Monchegorskが 最近聞こえている。Finlandの受信機でリモート受信したところ17:09IDが確認できた。送信機が不調なよう で、 99Hzとその高調波によるバズ音が出ている。米国のScott R. Barbour氏も200フィートのBeveragesア ンテナで18:22-18:32に同局を捉え、18:30IDを確認した。(DXLDyg 8/31) Monchegorskはロシアの西北端、白海に突き出たコラ半島の付け根の内陸部にあります。

◎JJY各局が計画停波
 おおたかどや山標準電波送信所 (福島局 JJY: 40 kHz、福島県)は改修作業による停波を、8月29、30、31日、9月1、2、5、6、7、8、9日の09:30〜17:30に実施する。またはがね山 標準電波送信所 (九州局 JJY: 60 kHz、佐賀県・福岡県 県境)は定期保守点検作業による停波を10月21日の13:00〜17:00、10月24、25、26、27、28日の08:00〜17:30、10月 31日、11月1日の 08:30〜17:00に実施する。(通信情報研究機構 8/23)


出展略称

 DXLD DX Listening Digest
 DXLDyg: DX Listening Digest Yahoo Group
 MN Media Network
 WWDXC TP: World Wide DX Club Topnews
  DSWCI DXW
Danish Shortwave Club International  DX Window
  HCDX
Hard-Core-DX
  JSWC
Japan Shortwave Club
 NDXC: Nagoya DXers' Circle
  ABU
: Asia-Pacific Broadcasting Union
 BBG: Broadcasting Board of Govenors
  WRTH
: World Radio TV Handbook


トップページ