懐かしのDW日本語放送「ドイツに掛ける橋」

 DWは1969年5月キージンガー首相訪日に際に日本語放送開始を約束し、即刻5月15日に本放送を開 始した。実は何年も前から計画されており3月からは試験電波も出ていたのだが。放送は1999年12月31日に財政難で廃止されるまで約 30年続いた。この録音は「ドイツに掛ける橋」と題した特別番組で、日本語放送の聴取促進を目的に1970年大阪万国博覧会を記念して制 作されたもので、関係者に33回転のLPレ コードとして配布された(当時CDは無かった)。レコードはモノラルで裏表に同じ録音が入っていた。

 21分の番組はベルナーミュラーオーケストラの「お江戸日本橋」の演奏で開始され、ベートーベンのオペラ 「フィデリオ」の一節からとった有名なDWのIS、放送開始までの経緯、当時の放送番組の内容等が解説されている。故岸信介元首相へのイ ンタービュー、今はなきJuelich送信所の建設予告等もあり既に時代を物語る文化財となっていることがわかる。


 LPレコードは旧日本BCL連盟の提供によるものである。録音はmp3形式(モノラ ル)で時間は20分27秒。

 

 【MP3 download】  「ドイツに掛ける橋」
           別クラウドサイトよりmp3形式でダウンロード
 
 
 

トップページ