−斎藤恵子先生講演会 アンケート結果 −

 『IBDの皆さんに伝えたい食事のこと』
 (2014年6月28日実施)

2009年に多摩地区でご講演いただいてから5年が経ち、
久しぶりに先生のお話を伺うことができました。
今回もIBD患者にとっては永遠のテーマである食事について、
わかりやすくお話しをしていただきました。
それと生活習慣にも触れ、朝はきちっと起きて、毎日リズムをつけて
生活することも大切なこととお話していただきました。

講演会の参加者は23名、うちアンケートにご協力いただいた方は13名でした。
以下、集計とご意見の抜粋です。ご協力ありがとうございました。



 



問1 本日の講演会についての、ご意見・ご感想

・大変勉強になりました。ありがとうございました。(多数)

・栄養面のお話しが聞けて良かったです。
 (UC20代男性本人)

・以前、栄養指導で食物繊維は控えるように言われましたが、
 経験上、少量なら大丈夫そうでした。
 本日のお話しを聞いて、腸内環境を整えるために、調子の良い時に
 適度な量を見定めて摂取したいと思いました。
 それから、エレンタールは苦手なのですが、少し前向きな気持ちになれました。
 体調維持のための戦略の一環として、きちんと摂っていこうと思います。
 (CD30代男性本人)

・日頃気になっていたことがお話しに出てきて、とても参考になりました。
 玄米にチャレンジしたいと思っていたのですが、消化に悪いと
 病院の栄養指導で聞いていたので、ためらっていました。
 家族にも体に良さそうなので食べてみようと思いました。
 (UC40代女性本人)

・脱水症状のための水対策は私のテーマでしたので、大変ためになりました。
 (UC50代男性本人)

・色々と知らなかったことを知りました。ありがとうございました。
 (UC50代男性本人)

・食事のことを聞く機会が少なかったので、参加して良かったです。
 自分で必要以上に制限していたと感じました。
 (UC60代女性本人)

・初めて参加しましたが色々わかって良かった。 次回もまた出席したい。
 (UC70代女性本人)

・色々わからないことばかりで悩んでいます。
 今日、斎藤先生のお話しを聞けて本当に良かったです。
 また患者さんの声も聞けて良かったです。 また参加したいです。
 (UC女性ご家族)

・とても内容が濃かったです。
 もう一度同じ内容でお話をお聞きしたいです。(無記名)


問2 今後、講演会で取り上げて欲しいテーマ

・リアルな献立のお話しを伺いたいです。 (UC30代男性本人)

・トイレインフラが整っていない海外旅行ばかりでなく、 国内でも気楽に行けません。
 皆さんはどのような対策をされているかお伺いしたい。
 サッカーが好きで、またやりたいと思います。
 現役でやられている人はどんな注意をされているのでしょうか。
 (UC50代男性本人)

・もう一度、斎藤先生!!(ご家族)


問3 患者会に対する期待・ご意見・ご要望

・今回で2回目の参加になります。 とても良いお話しが聞けて嬉しかったです。
 もっと色々知って前向きになれそうです。
 (UC40代女性本人)

・多摩地区でも講演会を開催してほしい。(無記名)