−金井隆典先生講演会 アンケート結果 −

 『−炎症性腸疾患−                    
  昔ながらの食生活と環境で寛解グッドコントロール』
 (2014年9月7日実施)

再燃を予防するためにも毎日きちっとお薬を飲むように、また昔ながらの食生活が
どうして腸に良いかなどの基本的なお話しから、現在治験中でここ2,3年以内に
発売される予定の新薬のお話し、さらに海外、国内で研究が進められている
便移植のお話しまで、盛りだくさんご教授いただきました。

講演会の参加者は40名、うちアンケートにご協力いただいた方は20名でした。
以下、集計とご意見の抜粋です。ご協力ありがとうございました。



 



問1 本日の講演会についての、ご意見・ご感想

・大変勉強になりました。ありがとうございました。(多数)

・自分自身や病気など、様々なことを省みることができ、
 今後の進路などの参考になりました。
 (UC20代男性本人)

・現在の治療、これからの治療、後半の腸内細菌の話、便移植の話
 いずれも興味深く聴かせていただきました。
 (UC30代男性本人)

・5-ASA製剤の重要性が理解できて良かったです。
 あまり飲み忘れることはありませんが、再燃予防のために
 注意したいと思いました。
 (UC30代女性本人)

・今のIBDの医学界での現状などを知ることができて良かったです。
 (UC40代男性本人)

・寛解している状態なので、ここ最近治療について調べることはなかったが、
 便移植などの治療方法があることを知りビックリしました。
 (UC40代女性本人)

・潰瘍性大腸炎の主人と結婚して、手始めに毎日ヨーグルトを
 食べるようにしています。病気に効くと言う科学的な結果は
 出ていないとのことですが、腸内環境を良くして置くと言うことで
 自信を持って続けていこうと思います。
 (UC40代女性本人)

・まだまだ知らないことがたくさんありビックリしています。
 長崎の知人にUCとCDの患者が二人いて、
 情報の少なさに不安と絶望感で鬱になりかけています。
 講演会の話がシェアできればと思います。
 (UC50代男性本人)

・金井先生のお話はいつも非常にわかり易いです(前回の講演も聴きました)
 今は自分が寛解に近い状況なので、今日のお話は、又とても勉強になりました。
 今後、金井先生の便移植のその後の効果もお聴きしたいです。
 (UC60代女性本人)

・この病気の権威のある先生のお話しを直接伺える機会に恵まれ、
 とても良かったです。今の主治医の先生が、どうして今のお薬を
 処方されているのか納得できました。その他食物繊維や腸内細菌など
 ワクワクするお話しで良かったです。
 金井先生のお話しはとてもわかりやすく抑揚があり、
 興味深く拝聴することができました。
 (無記名ご家族)


問2 今後、講演会で取り上げて欲しいテーマ

・合併症について (多数)

・CDオペ済み患者の生活、再燃防止法
 (CD40代男性本人)

・治療とストレスのコントロール
 (UC40代女性本人)

・家族のサポートのあり方
 (UC40代男性本人)

・海外での治療、海外で治療を受けるには?
 (仕事や学業で海外に居住する機会が増えているため)
 (UC40代女性本人)

・食事の改善について (UC50代男性本人)


問3 患者会に対する期待・ご意見・ご要望

・色々な企画をされて素晴らしいと思います。
 都合の付きそうな時は参加したいと思います。
 土曜日より日曜日の方が参加しやすいです。
 (CD30代男性本人)

・交流会、食事会、楽しい企画をお願いします。
 (UC40代男性本人)

・子供を含めた交流会をお願いします。
 (UC40代男性家族)

・今日の講演の内容のような様々な情報を提供していただきたいです。
 (UC40代男性本人)

・他県との患者会との情報のシェアができればと思います。
 TOKYO・IBDの講演に参加した人だけ得するのはもったいなさすぎます。
 (UC50代男性本人)

・普段、新しい情報をなかなか知る機会が無いので、
 講演会は楽しみにしています。今後もお願いします。
 各専門病院の特徴などを紹介するお話しも聴きたいです。
 (UC60代女性本人)

・新しい難病法が作られているようですが、
 この制度についての説明を聞きたい。
 (UC70代男性家族)

・みなさんとてもさわやかな対応でありがとうございました。
 病気になったばかりで心細かったのでありがたく思いました。
 (UC無記名家族)