−松岡美佳先生講演会 アンケート結果 −

 『IBDのライフマネジメント』    (2015年1月17日実施)

IBD患者にとって永遠のテーマである『IBDのライフマネジメント』について
手順を追って丁寧にお話ししていただきました。またIBS
(過敏性腸症候群)についてもお話ししていただき大変参考になりました。

講演会の参加者は31名、うちアンケートにご協力いただいた方は21名でした。
以下、集計とご意見の抜粋です。ご協力ありがとうございました。

 

  

 

問1 本日の講演会についての、ご意見・ご感想

・先生のお話しが大変わかりやすく、 病気の受け止め方や、
 病気との向き合い方などについて考えることができて良かったです。(多数)

・日常生活の健康管理が大切なことに気づかされました。(CD20代女性本人)

・ビタミンDのお話しを初めて聴きました。日光浴びたいと思います。
 (UC20代女性本人)

・非常にわかりやすい説明でした。寛解期でも薬の服用を続けることことが
 大切であることがわかりました。
 患者側からドクターへのアプローチの仕方をお話ししていただけて良かったです。
 (UC50代女性本人)

・IBDのライフマネジメントと言う切り口の講演会は初めて聴きました。
 「自分が主体的に」と言う考え方は重要だと思いました。(CD50代男性本人)


問2 今後、講演会で取り上げて欲しいテーマ

・今後の新薬の治療の可能性について。(多数)

・IBDを発症しながらも社会で活躍されている方、いきいきと過ごされている方の
 体験談、講演会を自身と重ねながら聴きたい(CD20代男性本人)

・漢方治療など、一般治療と違う治療についても知りたい。(CD男性本人)

・UCオペ済み後の日常生活や合併症のお話し
 外科の先生の講演会 (UC40代男性本人)

・腸内環境を良好に保つ方法 (UC50代女性本人)


問3 患者会に対する期待・ご意見・ご要望

・今後も定期的な講演会の開催をお願いします。(多数)

・料理教室をやってほしいです。(CD20代男性本人)

・ボウリングなどを楽しめるイベントがあったら。(CD20代男性本人)

・難病受給資格が変更となり、具体的どう変わったのか、今後の対策(治療費など)に
 ついて注意点など示していただければ。(UC50代男性本人)

・できるだけ多角的なテーマでの講演会を数多く開いていただきたいと思います。
 講演会と交流会を1日で行う方法の方が、親の面倒を見ているものにとって
 参加しやすいです。(UC50代女性本人)