白井孝之先生講演会 アンケート結果−

 『当院におけるIBD診療の現状と今後の展望
 −より良いクオリティを求めて−』
(2013年12月7日実施)

今回はかなりレベルの高いご講演であったとのアンケート回答を多くいただきました。
病気になって浅い方もベテラン患者さんにとっても、
有意義な情報をたくさん持ち帰っていただけたかと思います。

講演会の参加者は35名、うちアンケートにご協力いただいた方は21名でした。
以下、集計とご意見の抜粋です。ご協力ありがとうございました。



 



問1 本日の講演会についての、ご意見・ご感想

・抗TNF−α抗体製剤と免疫調整剤の併用効果確認など、多種多様な治療が行われ、
 データを収集されていることが興味深かったです。(CD20代男性本人)

・クローン病の治療の選択肢についてさらに詳しくわかりました。(CD20代女性本人)

・他の病気との関係、予防接種などとの関係が解り大変良かった。(UC30代男性のご家族)

・副作用や薬についての詳細な話があり、普段聞く機会の少ない話だったので貴重だった。
 (CD30代男性本人)

・初めて講演会に参加しましたが、専門的な内容は理解が難しかったが、薬をしっかり飲むことと、
 内視鏡検査を定期的に受ける重要性は理解できた。(UC40代男性本人)

・新薬の状況や効果と副作用について知ることができました。(UC40代男性本人)

・お話しはレベルが高く難しかった。(UC40代女性本人)

・とても勉強になりました。薬のことなど違いがよくわからなかったのですが、
今回理解できて良かったです。(UC50代女性ご家族)

・まだ発症して間もないので、先生のお話しが難しく理解できないところも多かった。今後、
 講演会や患者会に出席して自分の治療に関し知識を得ていきたいと思います。
 (UC60代女性本人)

・今まで聴講した講演に比べて、突っ込んだお話しで良かった。質疑応答にも丁寧に答えて
 いただきました。(UC60代女性本人)


問2 今後、講演会で取り上げて欲しいテーマ

・新薬について。(CD20代男性本人)

・患者の日常生活について。(CD20代女性本人)

・医療助成制度について。(CD20代男性本人)

・栄養療法について(CD30代男性本人)

・合併症について取り上げてほしい。(UC30代男性のご家族)

・治療された患者の声なども入れてほしい。(無記名)


問3 患者会に対する期待・ご意見・ご要望

・貴重なお話が聞けて良かったです。(CD20代女性本人)

・多摩方面で開催してもらえると参加しやすい。(UC40代女性本人)

・定期的に講演会を開催してほしい。
 (最新の治療情報を得たい。主治医以外の先生からお話しを聞く機会を継続して提供して欲しい、
  治療の経験談を聞けて大変参考になる、不安が軽減されるなど、多くのご意見をいただきました)

・直接患者様と会って、ご意見や切実な思いを聞いて1日でも早く新薬を届けたいと思いました。
 この講演会に参加できて、とてもためになりました。ありがとうございます。
 明日からの研究に役立てたいと思います。(製薬会社研究所勤務30代男性)

・とても素晴らしい活動ですので、幅を広げて活動してください。
 それと、こう言った会があることをもっと世の中に伝えてください。(製薬会社研究所勤務30代男性)