- 会 則 -                            TopPageへ

会 則


第1条   ( 名称・事務局 )

本会は「TOKYO・IBD」と称し,事務局を東京都内に置く。


第2条   ( 目 的 )

本会は炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎・クローン病)の患者及びその家族のQOL (Quality Of Life:生活の質)の向上を図るため、患者交流会や勉強会等をとおして病気に対する正しい知識の習得や情報の交換をしたり,会員同士の親睦を深めることを目的とする。


第3条   ( 活 動 )

本会は次の活動を行う。

1. 交流会,学習会(調理実習会・講演会等)の開催

2. 会報(情報)誌の発行

3. 他の患者団体との情報交換や交流活動

4. 総会

5. その他目的達成に必要な諸活動等


第4条   ( 会員・賛助会員 )

本会は会員及び賛助会員で構成される。

1. 会員

炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎・クローン病等)の患者及び家族,その他本会の趣旨に賛同するすべての人で,所定の入会申込書の提出と会費を納入した人を会員とする。

2. 賛助会員

本会の趣旨に賛同するすべての人及び団体等で,所定の申請書の提出と会費を納入した人及び団体等を賛助会員とする。


第5条   ( 役 員 )

本会は次の役員を置く。

1. 役員名と主な職務

 会長     本会を代表し、会務を総括する

 副会長    会長を補佐し、必要に応じてこれを代行する

 事務局    本会の事務を行う

 会計監査員  本会の会計監査を行う

 役員     会長の委任により会の運営を補佐する

2. 役員の選出は立候補又は推薦された会員を総会で承認する

3. 役員の兼任はできない

4. 役員の任期は1年とし,再任は妨げない


第6条   ( 役員会 )

役員会は前条第1項の役員で構成し,総会での決定事項を執行する。


第7条   ( 総 会 )

総会は役員,会員及び賛助会員により開かれる。

1. 総会は年1回以上開かれ,本会の基本事項を決定する

2. 役員会が必要と認めた場合,会長は臨時に総会を招集することができる

3. 総会では次のことを決議する

 ⅰ 事業報告及び決算報告

 ⅱ 事業計画及び予算

 ⅲ 役員の選出

 ⅳ その他,会則変更等の本会の運営にかかわる事項等

4. 総会は出席者の三分の二をもって決議する


第8条   ( 会 計 )

本会は会費,寄附金,その他の収入により運営される。

会計年度は毎年4月1日から翌年3月31日までとする。


第9条   ( 会 費 )

本会の会費は次のとおりとする。

1. 会員の会費

  年会費 2000円   ただし,1月~3月の新規入会者は翌年度の会費を免除する。

2. 賛助会員の会費

  年会費 1口2000円とし,任意の口数とする。

3. 臨時会費

  調理実習勉強会開催の際等,臨時に会費の徴収が必要となった場合は,その実費程度の必要な金額を臨時会費として徴収できる。


第10条   ( 退会規定 )

退会する場合は,その旨会に連絡する。 

なお,既に払い込んだ会費は返金しない。


第11条   ( 禁止事項 )

本会は下記の行為を禁止する。これらに該当すると思われる行為を行った会員は退会処分もあり得る。

1. 会員の氏名・住所等を本来の目的以外に使用すること

2. 特定の宗教,政治団体等の勧誘

3. 営利目的の勧誘

4. 自己の経験や知識を絶対的なものとして、会員およびその他の者に病気や治療に関する情報を伝達すること

5. その他,本会の趣旨に反すると思われる行為

6. 会費を滞納し会からの催促にも関わらず支払いされない場合退会処分する


附 則

1. 本会則は平成11年4月24日から施行する

2. 平成13年4月7日  第4条,第5条,第7条,第9条を改正

3. 平成16年4月10日 第1条を改正(改称)

4. 平成19年4月29日 第9条、第10条、第11条を改正

5. 平成23年6月25日 第9条を改正

6. 平成25年4月 1日 第11条を改正。(3項を追加)

7. 平成26年4月 1日 第9条を改正

  (1月~3月の新規入会の場合、翌年度分も含めて(13~15ヶ月分で)年会費が2000円となります。)

8. 平成29年4月 1日 第11条を改正(4項を追加)

TopPageへ