■あなたも大会に参加してみませんか!
 
HOME  JPAのナショナルリーグについて  JPAのチャレンジリーグについて
 
白鷹での大会はJPA(日本パラグライダー協会)が出来てから毎年開催しています。
大会期間中は地元フライヤーとJPA会員のボランティアスタッフ40名が3日間サポートいたします選手、役員皆さんで協力して楽しい大会を目指しています。
 
 
\大会期間中は、地元の まーどんな?会 の皆さんにお願いして毎朝できたての暖かい朝食を500円で用意しています。
特に食材には地元の米や菜を使い、春は珍しい山菜を沢山食べてください。
朝の大事な栄養補給をしっかりとって大会に望んでください。
白鷹スカイパークは南と北に盆地がありその間に位置しています。その関係で 午前中南成分の風と午後北成分の風が吹きます。
テイクオフの白鷹山から南に尾根が繋がっておりお隣南陽スカイパークは十分一山までのアウト&リターンフライトも出来ています。
 
白鷹の大会の目玉タスクは、何といってもファイナルグライドが直線10キロ〜20キロのタスクを行ってしまうところです。
 
ゴール付近は、コース沿いに最上川の大きな河川続いていますので、プレッシャー無く飛んでいただいております。毎年、条件次第ですが米沢ゴールを考えています。
 
 
  
タスクの目玉は、白鷹町を北から南に横断する。ファイナルグライド15キロです。
河川沿いにフライとしますのでプレッシャー無く、誰でも挑戦できます。
条件によってはお隣長井市を通過して米沢までのタスクも考えています。
  
 
  
HOME  JPA大会フォトアルバムへ
 
お申し込みはスクールまで
メール・TEL0238-87-2500