5月の月山スキー場
5月の月山は一年のうちで最も生命力に富み、雪のコンディションも良く、スキーに訪れるのは最高のシーズンでしょう。毎年、美しい風景が私たちを待っていてくれます。
麓は春真っ盛り

山麓ではブナの新緑が美しい季節です。
私は個人的にブナの若葉の緑が大好きです。
何か、心を落ち着かせてくれる優しさを感じます。
いかにも5月らしい景色です。

まさに月山スキーの季節

五月晴れの山々。朝起きてこんな風景だったら真っ先にゲレンデに向かいましょう。まさに春スキーのためにあるような天候・季節です。
こんな日はゲレンデスキーだけではなく普段行けないところに行けるのです。
ゲレンデコンディションも良好

稀に雪が降ることもありますが、この時期は雪も安定してきてスキーをするにはもってこい。
私たちは毎年連休を過ぎてから行っているのでリフト待ち知らずですが、大型連休中は、きっとたいそうな混雑になるのでしょうね。
休憩も雪の上

ゲレンデ内にはリフト乗り場の食堂と降り場の軽食という2店がありますが、私は雪の上でのお弁当をお薦めします。
ゆっくりと景色でも眺めながら昼食をとりましょう。空気も美味いし食事も美味い。
姥ヶ岳山頂

気軽に行ける頂上として姥ヶ岳山頂があります。通常のメインゲレンデ部分の山頂で、Tバーリフト最上部から歩いて15分程度です。
担ぎましょう、登りましょう。

天気が良く時間の余裕があったらリフトでは行けない月山山頂を目指して登りましょう。普段の都会での生活からくる運動不足が、スキー板の重さを倍加させますが、がんばりましょう。
体力にかなり左右されますが、通常の雪上登坂だけでも2時間以上、山頂までなら3時間以上は時間を見てください。

月山・山頂への道のり

雪上をしばらく歩き、雪の最上部からはご覧のような地面を歩くことになります。通常5月ころには山頂付近の雪はありません。
あらかじめ登ることがわかっているときはスニーカーなどを持参したほうが楽です。
月山神社

頂上は神社になっています。
出羽三山(月山・湯殿山・羽黒山)の霊験あらたかな神社です。
月山は山そのものが信仰の対象です。
神聖なる場所ですので、ゴミなどは必ず持ち帰りましょう。
頂上からの眺め

標高1984m月山山頂からの風景です。晴れた日には日本海や鳥海山まで見えます。
歩いて登った人だけに与えられる特別の景色です。
牛首ゲレンデ

登るのは大変ですが苦労の割には滑り降りるのは短時間で終わってしまいます。
しかし、担いで登った人だけが滑ることのできる斜面です。このような大きなバーンをひとり占めする快感もあります。
何一つ音が聞こえない静寂も味わえます。

HOME  春スキーメインページ  4月 6月  スキー以外の楽しみ方