歴史的仮名遣い変換辞書「快適仮名遣ひ」


概要

 歴史的仮名遣い(旧仮名遣い)で入力し、歴史的仮名遣い(旧仮名遣い)で出力する かな漢字変換辞書です。仮名遣い書き換え(置換)ソフトではありません。
 国文学・日本史関係のテキスト入力にも威力を発揮します。

MS-IME・Office IME用システム辞書形式とGoogle日本語入力用テキストファイル形式があります。

変換対象は和語・準和語の動詞・形容詞およびその他の基本語彙、主な成句です。
ハ行四段活用を含むすべての活用に対応しています。
促音・拗音文字の大小を選択的に入力できます。
新漢字版と旧漢字版があります。

現代仮名遣いを歴史的仮名遣いに変換するものではありません。
正しい入力のみを正しく変換します。仮名遣い修正・学習ソフトではありません。
古語を網羅的に収録しているものではありません。

 ダウンロード案内


使用法

 和語の動詞・動詞転成語、形容詞・形容詞転成語は歴史的仮名遣いで入力すればそのまま歴史的仮名遣いに変換されます。

例:おもはない⇒思はない
  よまう⇒読まう
  さそひませう⇒誘ひませう
  とんぢや⇒飛んぢや
  ひきうぃよう⇒率ゐよう
  ひきゐよう⇒率ゐよう
  
をしへさうだ⇒教へさうだ
  きつちやはう⇒切つちやはう
  きっちゃはう⇒切っちゃはう
  たとへば⇒例へば
  かひもどす⇒買ひ戻す
  まよひを⇒迷ひを
   おあつらへむき⇒お誂へ向き
  ころもがへ⇒衣替へ
  たううぇ⇒田植ゑ
  たうゑ⇒田植ゑ
  いはばしる⇒石走る
  あをからう⇒青からう
  きびしう⇒厳しう
   えらさうに⇒偉さうに
  わづらはしくつて⇒煩はしくつて
  あをによし⇒青丹よし

 促音・拗音は小字で入力すれば小字に、並(大)字で入力すれば並字に変換しますが、一語内ではどちらかに統一して下さい。
 wi(うぃ)、we(うぇ)と入力すれば「ゐ、ゑ」と同じとみなして変換します。
 kwa(くぁ)、gwa(ぐぁ)と入力すればkuxwa(くゎ)、kulwa(くゎ)、guxwa(ぐゎ)、gulwa(ぐゎ)と同じとみなして変換します。

 変換キーの複数回押下、変換区切りの変更が必要となることがあります。また、変換区切りが妥当でなくても正しい語形が得られたところで確定することが推奨されます。学習機能により徐々に使いやすくなっていきます。

 文語の活用・助動詞、漢文訓読体、候文体などにも対応しています。

例:おもはざりき⇒思はざりき
  をしへん⇒教へん
  あづくれば⇒預くれば
  あをかりけり⇒青かりけり
  いはんや⇒言はんや⇒況や⇒*況
   ござなくさうらふ⇒御座なく候⇒*無御座候         *=拡大版限定(以下同じ)

一部の非標準的語形も慣用として収録しています。

  例:ハ行二段動詞のウ音便形 (つかうた⇒仕うた など)

ただし、サ行四段動詞のイ音便形、マ・バ行四段動詞のウ音便形(出いて 読うだ など)は一部を除いて収録していません。

 *踊り字(一の字点)も変換候補に含まれます。入力には踊り字は使いません。

例:あぢははう⇒味ははう⇒*味はゝう
  いはば⇒言はば⇒*言はゞ

語境界を跨いで踊り字を適用することがあります。
濁音の仮名の後の「ゞ、ヾ」を誤読のおそれのない限りにおいて「ゝ、ヽ」とすることがあります。
小字(っゃゅょゎぁ)を含む入力の語の変換には踊り字を表示しません。
*一の字点の単独入力は「どう」、二の字点は「にの」、〃は「のの」、々は「のま」、縦書き用のくの字点の上下分割入力は「くの」「ぐの」で行います。

 *若干の合字・約物を収録しています。

より とも こと ます うた・いほり  など

 不正確な入力では正しく変換されません。特に次のような間違いに気を付けて下さい。

×おしへる ○をしへる  ×そびへる ○そびえる   参考

 古文入力の際には予測変換、文節未満での変換、変換区切りの変更や、長い平仮名部分はそのまま確定するなどの工夫で効率的に目的の語形を得てください。
 また、古語については語彙を網羅しているものではありません。次のような工夫をお勧めします。

例:稀な動詞「あがふ」の漢字表記「贖ふ」は「あがふ」と入力せずに「あがなふ⇒贖ふ」とする。

入力のヒント

 変換の区切りを変えるときは [Shift]+[→](または[←])を使用します。

 例:
  「違へる」と変換された状態を「田が減る」に変更する場合は[Shift]と同時に[←]を2回(2文字分)押してから変換して下さい。
  逆の場合は[Shift]と[→]を使います。
  「泣いてでも」と変換された状態から「*泣いてゞも」を得るには[Shift]と[←]で「ない
てでも」の区切りに変えて変換します。

  参考:MS-IME用において正しく変換される最短の区切りは次の通りです(これより短い入力では目的の語形に変換されません)。
   動詞の場合は「活用形」
    おもは(思は) おもひ(思ひ) おもふ(思ふ) おもへ(思へ) おもつ(思つ) おもっ(思っ)
    あへが(喘が) あへぎ(喘ぎ) あへぐ(喘ぐ) あへげ(喘げ) あへい(喘い)
    をがま(拝ま) をがみ(拝み) をがむ(拝む) をがめ(拝め) をがん(拝ん)
    とぢ(閉ぢ) とづ(閉づ)
    つかへ(仕へ) つかふ(仕ふ)  など
   形容詞の場合は「語幹」(シク活用は「し」を含める)
    あを(青) うるはし(麗し)  など

 複合語がうまく変換されない場合は前後に分けて変換して下さい。

 和語の動詞・形容詞以外について

和語の動詞・形容詞以外については、仮名遣いの相異が表面に現れない語については一般的には現代仮名遣いでの入力・変換に委ねることとしています。ただし、特に歴史的仮名遣いや字音仮名遣いで入力されることの予想される語は一定数収録しています。

 旧漢字の入力について

旧漢字版はすべての入力に対して旧漢字を出力するものではありません。この辞書が収録している語の範囲においてのみ旧・異体字を表示します。また、正しい歴史的仮名遣いおよび字音仮名遣いで入力されたもの以外は旧漢字に変換しません。
この辞書が関与しない部分の旧漢字入力は各自の方法で行って下さい。

なお、*オプションの「字音単漢字辞書」を利用すれば字音仮名遣いで多くの新旧漢字の入力が可能となります。
更により高度なレベルの字体表示のためには別途漢字入力専門ソフトの導入をお勧めします。

*=拡大版限定


基本版と拡大版について

 基本版の収録範囲は和語の動詞・動詞転成語、形容詞・形容詞転成語、その他の漢字仮名交じりの基礎語彙、主な成句です。
 これは一般的に送り仮名の入力し直しという面倒を避けるために十分な内容です。

 拡大版は基本版におおよそ次のものを付加したものです。

平仮名のみの動詞・形容詞、助動詞・助詞連続
踊り字(一の字点)適用の語形
和語の漢字仮名交じりでない基礎語彙
国文学関係の基礎用語
日本史関係の基礎用語
一字漢語
仮名で書き分け可能な主な同音異義熟語
字音仮名遣いで打鍵数が節約できる漢字およびそれを含む主な熟語
主な地名、苗字
有名俳句・短歌
主な漢文定型、仮名なし候文定型
主な合字・約物

別に字音単漢字辞書が付属しています。


収録語比較表(「あ」部より抜粋)

 

入力

 

基本版

 

拡大版

新漢字版 旧漢字版 新漢字版 旧漢字版 字音単漢字辞書
動詞 あふ 遇ふ
会ふ
合ふ
遭ふ
逢ふ
和ふ
敢ふ
饗ふ
相婚ふ
遇ふ
會ふ
合ふ
遭ふ
逢ふ
和ふ
敢ふ
饗ふ
相婚ふ
遇ふ
会ふ
合ふ
遭ふ
逢ふ
和ふ
敢ふ
饗ふ
相婚ふ
遇ふ
會ふ
合ふ
遭ふ
逢ふ
和ふ
敢ふ
饗ふ
相婚ふ
あう



あふ
央桜櫻鸚奥奧
襖墺懊澳鴬鶯
鴦媼鏖

凹圧壓押鴨
活用
形容詞 あをい 青い
蒼い

蒼い
青い
蒼い

蒼い
活用
転成語 あひびき 逢ひ引き
逢引き
-
-
逢ひ引き
逢引き
-
-
逢ひ引き
逢引き
媾曳
あひゞき
逢ひ引き
逢引き
媾曵
あひゞき
基礎語彙 あひこ 相こ
-
相こ
-
相こ
相子
相こ
相子
あひだ -
-
-
-
-
-

-
あひだ


あひだ
成句 ああいへば ああ言へばかう言ふ
ああ云へばかう云ふ
-
-
ああ言へばかう言ふ
ああ云へばかう云ふ
-
-
ああ言へばかう言ふ
ああ云へばかう云ふ
あゝ言へばかう言ふ
あゝ云へばかう云ふ
ああ言へばかう言ふ
ああ云へばかう云ふ
あゝ言へばかう言ふ
あゝ云へばかう云ふ
国文学 あかぞめうぇもん - - 赤染衛門 赤染衞門
あかぞめゑもん - - 赤染衛門 赤染衞門
あさぢふ - - 浅茅生 淺茅生
日本史 あうしうかいだう - - 奥州街道 奧州街道
あなほのみこ -
-
-
-
穴穂天皇
穴穂皇子
穴穗天皇
穴穗皇子
一字漢語 あく - - -
同音熟語 あいしゃう - - 愛唱 愛唱
あいしやう - - 愛唱 愛唱
あいしょう - - - 愛稱
あいしよう - - 愛称 愛稱
あいせふ - - 愛妾 愛妾
あひしゃう - - 相性 相性
あひしやう - - 相性 相性
打鍵数 あいけう - - 愛嬌 愛嬌
あいしう - - 哀愁 哀愁
地名 あかほ - - 赤穂 赤穗
あをもり - - 青森
苗字 あひだ -
-
-
-
-
-
合田
会田
相田
合田
會田
相田
俳句関連 あさがほに -
-
-
-
-
-
朝顔に
槿に
朝顔につるべとられてもらひ水
朝顏に
槿に
朝顏につるべとられてもらひ水
短歌関連 あをによし 青丹よし
-
-
丹よし
-
-
青丹よし
青丹吉
青丹よし奈良の都は咲く花の匂ふ
がごとく今盛りなり
丹よし
丹吉
丹よし奈良のキは咲く花の匂ふ
がごとく今盛りなり
漢文定型 あによく 豈能く
豈に能く
-
豈能く
豈に能く
-
豈能く
豈に能く
豈能
豈能く
豈に能く
豈能
候文定型 あひなりさうらふ 相成り候
-
相成り候
-
相成り候
相成候
相成り候
相成候
踊り字 あわてて -
-
-
-
慌てゝ
あわてゝ
慌てゝ
あわてゝ
仮名のみ あげなくつちや - - あげなくつちや あげなくつちや
あらまほしかり - - あらまほしかり あらまほしかり
約物 あります - - 有り 有り


作成:歴史的仮名遣教室

 「快適仮名遣ひ」は歴史的仮名遣いの文章入力時における従来の面倒(送り仮名の一部削除と再入力)解消を目的としてデザインし、2006年にβ版発表、2008年から一般に頒布しているものです。歴史的仮名遣い入力の動詞・形容詞が正しく変換される快適な感覚をぜひご体験下さい。

 辞書の性格は極めてオーソドックスです。中核部分(活用語周辺)は網羅的で丁寧な採録によって質実、充分な内容となっています。更に、一般的な国語辞典の採録語として馴染まない種類の泡沫語、スラング、ジャーゴンなどを排除し、また不正確な入力での変換・不正確な仮名遣いへの変換を避けていますので、業務・研究・学習用のスタンダード辞書として安心してお使いいただけるものとなっています。

 この辞書は当初は現代文を本仮名遣いで入力、変換するというシンプルな目的を実現するためのものでしたが、その後歴史・国文学研究関係などからの要望を次々と容れて様々に増補しています。従って種々相の日本語文を包括的に処理しようとするこの辞書は必ずしも常に最短操作で目的の変換形を出力するとは限りません。また結果としての正しい語形出力を優先して変換区切りの妥当性を求めない部分もあります。最初は使いにくい所もあろうかと思いますが、学習機能による調整もありますのでどうぞご了承下さい。

 お気付きの点、ご感想などがありましたらお送り下さい。
 

 収録リクエスト: 入力 変換形 
 返事が必要な場合はメールアドレスをご記入下さい。

 

 

 ダウンロード案内

 サイト歴史的仮名遣い教室