二百十日の計算

 ひょんな事から昭和2(1927)年と7(1932)年の二百十日は果たして何月何日に当たっていたのかという問題につきあたった。(二百十日とは雑節の一つで、立春の日を元日として210日目に当たる暴風の吹きやすいと言われる日。)

 初め私は昭和初期の暦をみつけて立春あるいは二百十日の日付を調べるつもりだったが、なかなかその暦が見当たらない。そこで、計算によって調べてみようと思い立ち、事典を参考に次のような道筋で考えてみた。

 立春とは二十四節気(絶対的な季節の指標)の一つだから、毎年地球が公転軌道上で太陽に対して同じ位置に来た瞬間の日付をもってその日が決まることになる。

 そこで地球の公転周期を調べてみると、365.2422日とある。

@ すると、立春の時刻は我々のカレンダーや時計の上では毎年0.2422日(約5時間49分)ずつ遅れることになる。

 4年経つと丸24時間近くも遅れることになるが、しかしその4年間のうちには日数が一日多い閏年が一回含まれているから、差し引き約45分逆に早まる計算になる。

A つまり、立春に限らず二十四節気の時刻というのは全ていつの年でもその4年前と比べると45分早まっていることになる。

 (ただしこのことは途中に閏年を省く年があると当てはまらない。)

 次に、手掛かりになる日付を見つけるため私物の古い手帳など資料を調べてみたところ、1984年の立春が2月5日で、1988年の立春が2月4日であることが分かった。

 さあ、この4年間にも立春の時刻は45分早まったはずだが、日付まで変わっているということは、次の可能性しか考えられない。

 「1984年の立春は2月5日0時台で、1988年の立春が2月4日23時台であった。」

 ここまで分かればつぎの表が完成する。

 
 立春の時刻

1984年(閏)   5日 0時台
1985年(平) @により、また前年は立春のあと平年より1日多いから一日戻して 4日 朝6時台頃
1986年(平) @により 4日 昼頃
1987年(平) @により 4日 夕方17時台頃
1988年(閏) @により(またAにより) 4日 23時台


 いよいよ概算で目的の年の立春を調べる。

 1927年から1987年までは60年経っており、この間に閏年が省かれることはなかった。この間立春はAにより11時間15分ほど早まっているのだから、1927年の立春は1987年の時刻よりもその分遅い「おおよそ5日の朝5時前後」であったはずだ。

 また、1932年から1984年まで52年経っており、この間に閏年が省かれることはなかった。この間立春はAにより9時間45分ほど早まっているのだから、1932年の立春は1984年の時刻よりもその分遅い「おおよそ5日の午前10時前後」であったはずだ。

 ところでAで示した時間はあくまで平均である。事典によるとより正確には44分56秒で最大15分程度の誤差を持っているということであるから、概算の結果が日付の境目(24時)に近い場合は厳密な計算が必要になる。

 しかし上に示した結果は日付の境目からは充分離れているので、誤差が日付にまで影響を与えている心配はない。日付はそのまま確定してよいことになる。

 それでは目的の1927年の二百十日を数えてみよう。結果は9月2日となる。

 また、1932年の二百十日は、閏年であることに注意して数えてみると、結果は9月1日となる。

 

 以上でこの項おしまいなのだが、こうやって考えてみると、春分や夏至などの日付も国によって違う(一日ずれる)ということを改めて思い知らされた格好だ。暦の季節に関する日付が世界共通とはいかないとしたら、占いなどに関する情報が国によって相当混乱している可能性があるだろう。このことはやはり意外な気がする。


目次