イ段の発音について

イ段の構音障害(側音化構音)

 イ段の発音が正しくできないことをイ列構音障害といいます。

(「い段、イ段」は「い列、イ列」「い行、イ行」と言われることもあります。)

 イ、キ、シ、チ、ニ、ヒ、ミ、リ、ギ、ジ、ビ、ピ、および拗音に現れます。またケ、ゲなどのエ段に現れることもあります。
 サ行全体、ザ行全体に現れることもあります。
 舌の歪みによって起こるもので、息の流れが片寄り、下顎がずれたり唇が左右に歪んだりします。
 イ段のうち、イ、ヒ、ミ、ビ、ピなどは舌の歪みがあっても割合正しい発音に聞こえることが多いので問題となることは少ないのですが、キ、シ、チ、ニ、リ、ギ、ジは明らかに異常な音質になります。


 キはティ、チなどと聞き間違えられます。
 シはヒと聞き間違えられます。
 チはキと聞き間違えられます。
 ニはギと聞き間違えられます。
 リはギと聞き間違えられます。
 サ行はシャ行、ヒャ行などと聞き間違えられます。
 その他全般にきしみ音とか唾をはじくような音などとも表現されます。


成人の場合、これらは正しい構音指導によって短時間に完治します。

解説ページ:機能性構音障害とは

HOME (音調研東京発音教室)