各文字について

 仮名一字ごとに問題点を整理しました。濁音については清音から類推して下さい。
 

の問題

歴史的仮名遣いの「あ」を読むとき

 そのまま「ア」と読みます。
 ただし「あう、あふ」は「オー」と読みます。動詞(「会ふ」など)では「アウ」とも読めます。

現代仮名遣いの「あ」を歴史的仮名遣いに書き換えるとき

 そのまま「あ」と書きます。

の問題

歴史的仮名遣いを読むとき:

 そのまま「イ」と読みます。
 ただし「いう、いふ」は「ユー」と読みます。
 「えい、けい、せい、・・・」などは多くは「エー、ケー、セー、・・・」と読みます。

歴史的仮名遣いに書き換えるとき:

 語頭の場合は「い」のときと「ゐ」のときがあります。
 語頭以外の場合は「い」のときと「ひ」のときと「ゐ」のときがあります。
 具体的には「
歴史的仮名遣いの手引き」で確認できます。

の問題

歴史的仮名遣いを読むとき:

 「ウ」と読みます。ただし、
 「あう、かう、さう、・・・」などは「オー、コー、ソー、・・・」と読みます。
 「いう、きう、しう、・・・」などは「ユー、キュー、シュー、・・・」と読みます。
 「えう、けう、せう、・・・」などは「ヨー、キョー、ショー、・・・」と読みます。
 「おう、こう、そう、・・・」などは「オー、コー、ソー、・・・」と読みます。
 「きやう、きゃう、しやう、しゃう、ちやう、ちゃう、・・・」などは「キョー、ショー、チョー、・・・」と読みます。
 「きよう、きょう、しよう、しょう、ちよう、ちょう、・・・」などは「キョー、ショー、チョー、・・・」と読みます。

直音か拗音かは意味によって判断します。例:「服を着よう」は「フクオキヨー」。

歴史的仮名遣いに書き換えるとき:

 語頭の場合はそのまま「う」となります。
 語頭以外の場合は「う」のときと「ふ」のときがあります。
 例外的な固有名詞で「こう」が「かほ」、「おう」が「あを」となるものがあります。
歴史的仮名遣いの手引きへ。

の問題

歴史的仮名遣いを読むとき:

 そのまま「エ」と読みます。
 ただし「えう、えふ」は「ヨー」と読みます。

歴史的仮名遣いに書き換えるとき:

 語頭の場合は「え」のときと「ゑ」のときがあります。
 語頭以外の場合は「え」のときと「へ」のときと「ゑ」のときがあります。
歴史的仮名遣いの手引きへ。

の問題

歴史的仮名遣いを読むとき:

 そのまま「オ」と読みます。

歴史的仮名遣いに書き換えるとき:

 語頭の場合は「お」のときと「を」のときがあります。
 語頭以外の場合は「ほ」のときと「を」のときと、僅かに「お」のときがあります。
 例外的に「あお」が「あふ」、「たお」が「たふ」となる語があります。
 動詞の意志形「〜おう」の場合(例:「会おう」)は「〜はう」となります。
 その他の「おう」の場合は「あう、あふ、おう、おふ」となります。僅かな例外として「あを」「わう」となる語があります。
歴史的仮名遣いの手引きへ。

の問題

歴史的仮名遣いを読むとき:

 そのまま「カ」と読みます。
 ただし「かう、かふ」は「コー」と読みます。動詞(「買ふ」など)では「カウ」とも読めます。

歴史的仮名遣いに書き換えるとき:

 そのまま「か」と書きます。
 ただし漢語の場合は「くわ」となることがあります。同じく「が」が「ぐわ」となることがあります。
字音仮名遣い表へ。

の問題

歴史的仮名遣いを読むとき:

 そのまま「キ」と読みます。
 ただし「きう、きふ」は「キュー」と読みます。

歴史的仮名遣いに書き換えるとき:

 そのまま「き」と書きます。

の問題

歴史的仮名遣いを読むとき:

 そのまま「ク」と読みます。
 ただし漢語で「くわ」の場合は「カ」と読みます。「ぐわ」は「ガ」です。

歴史的仮名遣いに書き換えるとき:

 そのまま「く」と書きます。

の問題

歴史的仮名遣いを読むとき:

 そのまま「ケ」と読みます。
 ただし「けう、けふ」は「キョー」と読みます。

歴史的仮名遣いに書き換えるとき:

 そのまま「け」と書きます。

の問題

歴史的仮名遣いを読むとき:

 そのまま「コ」と読みます。

歴史的仮名遣いに書き換えるとき:

 そのまま「こ」と書きます。
 ただし動詞の意志形「〜こう」の場合は「〜かう」となります。
 その他の「こう」の場合は「かう、かふ、こう、こふ」となります。
歴史的仮名遣いの手引きへ。

の問題

歴史的仮名遣いを読むとき:

 そのまま「サ」と読みます。
 ただし「さう、さふ」は「ソー」と読みます。動詞(「ささ(支)ふ」など)では「サウ」とも読めます。

歴史的仮名遣いに書き換えるとき:

 そのまま「さ」と書きます。

の問題

歴史的仮名遣いを読むとき:

 そのまま「シ」と読みます。
 ただし「しう、しふ」は「シュー」と読みます。

歴史的仮名遣いに書き換えるとき:

 そのまま「し」と書きます。
 濁った場合は「じ」のときと「ぢ」のときがあります。
歴史的仮名遣いの手引きへ。

の問題

歴史的仮名遣いを読むとき:

 そのまま「ス」と読みます。

歴史的仮名遣いに書き換えるとき:

 そのまま「す」と書きます。
 濁った場合は「ず」のときと「づ」のときがあります。
歴史的仮名遣いの手引きへ。

の問題

歴史的仮名遣いを読むとき:

 そのまま「セ」と読みます。
 ただし「せう、せふ」は「ショー」と読みます。

歴史的仮名遣いに書き換えるとき:

 そのまま「せ」と書きます。

の問題

歴史的仮名遣いを読むとき:

 そのまま「ソ」と読みます。

歴史的仮名遣いに書き換えるとき:

 そのまま「そ」と書きます。
 ただし動詞の意志形「〜そう」の場合は「〜さう」となります。
 その他の「そう」の場合は「さう、さふ、そう、そふ」となります。
歴史的仮名遣いの手引きへ。

の問題

歴史的仮名遣いを読むとき:

 そのまま「タ」と読みます。
 ただし「たう、たふ」は「トー」と読みます。動詞(「耐ふ」など)では「タウ」とも読めます。

歴史的仮名遣いに書き換えるとき:

 そのまま「た」と書きます。

の問題

歴史的仮名遣いを読むとき:

 そのまま「チ」と読みます。
 ただし「ちう、ちふ」は「チュー」と読みます。

歴史的仮名遣いに書き換えるとき:

 そのまま「ち」と書きます。

の問題

歴史的仮名遣いを読むとき:

 そのまま「ツ」と読みます。
 促音の「っ」が大きく書かれていることがあるので注意が必要です。

歴史的仮名遣いに書き換えるとき:

 そのまま「つ」と書きます。
 促音は小さく書くこともできます。

の問題

歴史的仮名遣いを読むとき:

 そのまま「テ」と読みます。
 ただし「てう、てふ」は「チョー」と読みます。

歴史的仮名遣いに書き換えるとき:

 そのまま「て」と書きます。

の問題

歴史的仮名遣いを読むとき:

 そのまま「ト」と読みます。

歴史的仮名遣いに書き換えるとき:

 そのまま「と」と書きます。
 ただし動詞の意志形「〜とう」の場合は「〜たう」となります。
 その他の「とう」の場合は「たう、たふ、とう、とふ」となります。
歴史的仮名遣いの手引きへ。

の問題

歴史的仮名遣いを読むとき:

 そのまま「ナ」と読みます。
 ただし「なう、なふ」は「ノー」と読みます。動詞(「綯ふ」など)では「ナウ」とも読めます。

歴史的仮名遣いに書き換えるとき:

 そのまま「な」と書きます。

の問題

歴史的仮名遣いを読むとき:

 そのまま「ニ」と読みます。
 ただし「にう、にふ」は「ニュー」と読みます。

歴史的仮名遣いに書き換えるとき:

 そのまま「に」と書きます。

の問題

歴史的仮名遣いを読むとき:

 そのまま「ヌ」と読みます。

歴史的仮名遣いに書き換えるとき:

 そのまま「ぬ」と書きます。

の問題

歴史的仮名遣いを読むとき:

 そのまま「ネ」と読みます。
 ただし「ねう、ねふ」は「ニョー」と読みます。

歴史的仮名遣いに書き換えるとき:

 そのまま「ね」と書きます。

の問題

歴史的仮名遣いを読むとき:

 そのまま「ノ」と読みます。

歴史的仮名遣いに書き換えるとき:

 そのまま「の」と書きます。
 ただし動詞の意志形「〜のう」の場合は「〜なう」となります。
 その他の「のう」の場合は「なう、なふ、のう、のふ」となります。
歴史的仮名遣いの手引きへ。

の問題

歴史的仮名遣いを読むとき:

 語頭の場合は「ハ」と読みます。
 ただし「はう、はふ」は「ホー」と読みます。動詞(「這ふ」など)では「ハウ」とも読めます。
 語頭以外の場合はほとんど「ワ」と読みます。
 ただし「はう、はふ」は「オー」と読みます。動詞(「いは(祝)ふ」など)では「ワウ」とも読めます。

歴史的仮名遣いに書き換えるとき:

 そのまま「は」と書きます。

の問題

歴史的仮名遣いを読むとき:

 語頭の場合は「ヒ」と読みます。
 ただし「ひう、ひふ」は「ヒュー」と読みます。
 語頭以外の場合はほとんど「イ」と読みます。

歴史的仮名遣いに書き換えるとき:

 そのまま「ひ」と書きます。

の問題

歴史的仮名遣いを読むとき:

 語頭の場合は「フ」と読みます。
 語頭以外ではほとんど「ウ」と読みます。ただし、
 「あふ、かふ、さふ、・・・」などは「オー、コー、ソー、・・・」と読みます。動詞語尾の場合には「アウ、カウ、サウ、・・・」とも読めます。
 「いふ、きふ、しふ、・・・」などは「ユー、キュー、シュー、・・・」と読みます。
 「えふ、けふ、せふ、・・・」などは「ヨー、キョー、ショー、・・・」と読みます。動詞語尾の場合には「エウ、ケウ、セウ、・・・」とも読めます。
 「おふ、こふ、そふ、・・・」などは「オー、コー、ソー、・・・」と読みます。
 例外的に「あふ〜、たふ〜」を「アオ〜、タオ〜」と読む語があります。

歴史的仮名遣いに書き換えるとき:

 そのまま「ふ」と書きます。

の問題

歴史的仮名遣いを読むとき:

 語頭の場合は「ヘ」と読みます。
 ただし「へう、へふ」は「ヒョー」と読みます。
 語頭以外の場合はほとんど「エ」と読みます。

歴史的仮名遣いに書き換えるとき:

 そのまま「へ」と書きます。

の問題

歴史的仮名遣いを読むとき:

 語頭の場合は「ホ」と読みます。
 語頭以外の場合はほとんど「オ」と読みます。

歴史的仮名遣いに書き換えるとき:

 そのまま「ほ」と書きます。
 ただし「ほう」の場合は「はう、はふ、ほう、ほふ」となります。
歴史的仮名遣いの手引きへ。

の問題

歴史的仮名遣いを読むとき:

 そのまま「マ」と読みます。
 ただし「まう、まふ」は「モー」と読みます。動詞(「舞ふ」など)では「マウ」とも読めます。

歴史的仮名遣いに書き換えるとき:

 そのまま「ま」と書きます。

の問題

歴史的仮名遣いを読むとき:

 そのまま「ミ」と読みます。
 ただし「みう、みふ」は「ミュー」と読みます。(実例はほとんどない。)

歴史的仮名遣いに書き換えるとき:

 そのまま「み」と書きます。

の問題

歴史的仮名遣いを読むとき:

 そのまま「ム」と読みます。
 ただし古文では助動詞の「む」やその他若干の語で「ン」と読みます。

歴史的仮名遣いに書き換えるとき:

 そのまま「む」と書きます。

の問題

歴史的仮名遣いを読むとき:

 そのまま「メ」と読みます。
 ただし「めう、めふ」は「ミョー」と読みます。

歴史的仮名遣いに書き換えるとき:

 そのまま「め」と書きます。

の問題

歴史的仮名遣いを読むとき:

 そのまま「モ」と読みます。

歴史的仮名遣いに書き換えるとき:

 そのまま「も」と書きます。
 ただし動詞の意志形「〜もう」の場合は「〜まう」となります。
 その他の「もう」の場合は「まう、まふ、もう、もふ」となります。
歴史的仮名遣いの手引きへ。

の問題

歴史的仮名遣いを読むとき:

 そのまま「ヤ」と読みます。
 ただし「やう、やふ」は「ヨー」と読みます。動詞(「舫ふ」など)では「ヤウ」とも読めます。
 拗音の「ゃ」が大きく書かれていることがあるので注意が必要です。
 「きやう、きゃう、しやう、しゃう、ちやう、ちゃう、・・・」などは「キョー、ショー、チョー、・・・」と読みます。 

直音か拗音かは意味によって判断します。例:「しやうがある」は「シーガアル」。

歴史的仮名遣いに書き換えるとき:

 そのまま「や」と書きます。
 拗音の「や」は小さく書くこともできます。

の問題

歴史的仮名遣いを読むとき:

 そのまま「ユ」と読みます。
 拗音の「ゅ」が大きく書かれていることがあるので注意が必要です。

歴史的仮名遣いに書き換えるとき:

 そのまま「ゆ」と書きます。
 ただし「ゆう」の場合は「ゆう、ゆふ、いう、いふ」となります。
 「きゅう、しゅう、ちゅう、・・・」などは「きう、きふ、きゆう、しう、しふ、しゆう、ちう、ちふ、ちゆう、・・・」となります。
歴史的仮名遣いの手引きへ。
 拗音の「ゆ」は小さく書くこともできます。

の問題

歴史的仮名遣いを読むとき:

 そのまま「ヨ」と読みます。
 拗音の「ょ」が大きく書かれていることがあるので注意が必要です。

歴史的仮名遣いに書き換えるとき:

 そのまま「よ」と書きます。
 ただし「よう」の場合は「やう、やふ、よう、よふ」となります。
 「きょう、しょう、ちょう、・・・」などは「けう、けふ、きやう、きよう、せう、せふ、しやう、しよう、てう、てふ、ちやう、ちよう、・・・」となります。
歴史的仮名遣いの手引きへ。
 拗音の「よ」は小さく書くこともできます。

の問題

歴史的仮名遣いを読むとき:

 そのまま「ラ」と読みます。
 ただし「らう、らふ」は「ロー」と読みます。動詞(「洗ふ」など)では「ラウ」とも読めます。

歴史的仮名遣いに書き換えるとき:

 そのまま「ら」と書きます。

の問題

歴史的仮名遣いを読むとき:

 そのまま「リ」と読みます。
 ただし「りう、りふ」は「リュー」と読みます。

歴史的仮名遣いに書き換えるとき:

 そのまま「り」と書きます。

の問題

歴史的仮名遣いを読むとき:

 そのまま「ル」と読みます。

歴史的仮名遣いに書き換えるとき:

 そのまま「る」と書きます。

の問題

歴史的仮名遣いを読むとき:

 そのまま「レ」と読みます。
 ただし「れう、れふ」は「リョー」と読みます。動詞「憂ふ」は「ウレウ」とも読めます。

歴史的仮名遣いに書き換えるとき:

 そのまま「れ」と書きます。

の問題

歴史的仮名遣いを読むとき:

 そのまま「ロ」と読みます。

歴史的仮名遣いに書き換えるとき:

 そのまま「ろ」と書きます。
 ただし動詞の意志形「〜ろう」の場合は「〜らう」となります。
 その他の「ろう」の場合は「らう、らふ、ろう、ろふ」となります。
歴史的仮名遣いの手引きへ。

の問題

歴史的仮名遣いを読むとき:

 そのまま「ワ」と読みます。
 ただし「わう、わふ」は「オー」と読みます。

歴史的仮名遣いに書き換えるとき:

 語頭の場合はそのまま「わ」となります。
 語頭以外の場合は「は」となるときと「わ」となるときがあります。
歴史的仮名遣いの手引きへ。

の問題

歴史的仮名遣いを読むとき:

 「イ」と読みます。

の問題

歴史的仮名遣いを読むとき:

 「エ」と読みます。
 ただし「ゑう、ゑふ」は「ヨー」と読みます。動詞「ゑ(酔)ふ」は「エウ」とも読めます。

の問題

歴史的仮名遣いを読むとき:

 「オ」と読みます。

歴史的仮名遣いに書き換えるとき:

 そのまま「を」となります。

の問題

歴史的仮名遣いを読むとき:

 「ン」と読みます。

歴史的仮名遣いに書き換えるとき:

 そのまま「ん」となります。


戻る

総目次へ