疑問仮名遣・許容仮名遣の例

 正しいとされる仮名遣いを太字で示しました。どちらとも決しがたいものは当サイトの推奨するものを前に配置しました。

あるいは あるひは

いちゃう いてふ

うずくまる うづくまる

うちわ(内輪) うちは

おぢゃん おじゃん

をやま おやま

かげろふ かげろう

かっと くゎっと

がんばる ぐゎんばる

げぢげぢ げじげじ

けむくぢゃら けむくじゃら

かうぢ(麹) かうじ

こうる(梱) かうる

こぢんまり こじんまり

さえぎる さへぎる

さはやか さわやか

しをらしい しほらしい

じっと ぢっと

しわい しはい

スイクヮ スヰクヮ

ズイキ ズヰキ

スケトウダラ スケタウダラ

すまふ(相撲) すまう

ズハイガニ ズワイガニ

ずんべらぼう ずんべらばう

せわ せは

さうめん そうめん

さうらふ さふらふ

そんぢょそこら そんじょそこら

たぢたぢ たじたじ

たとい(仮令) たとひ

たはら たわら

たはし たわし

つくえ つくゑ

〜づくめ 〜ずくめ

づたづた ずたずた

てめえ てめへ

どう だう

どうしやうもない(何も方法がない) どうしようもない

どろぼう どろばう

ナズナ ナヅナ

なめづる なめずる

のっぺらばう のっぺらぼう

はい(蝿) はひ

はひる はいる

はづむ はずむ

はらいせ はらゐせ

ひづむ ひずむ

ぶっさう ぶっそう

ふわふわ ふはふは

べっかんこう べっかんかう

べらぼう べらばう

メウガ ミャウガ

むかい(迎) むかひ

むかふ(名詞) むかう

むくい むくひ (四段動詞なら「むくひ」)

もう まう

もちゐる もちひる (文語上二動詞なら「もちひずもちひてもちひよ」)

やぢ やじ

(終助詞) は

 

 参考:語の由来


 戻る