入力法について

 歴史的仮名遣いの文章をデジタル入力(パソコンなどで入力)するにはどうすればいいでしょうか。一般的な方法は以下の通りです。


 1.普通の入力ソフトをそのまま使う方法

 現代仮名遣いで入力して変換したあと、必要であれば仮名部分の修正を行います。
 なお、入力ソフトのユーザー辞書に個々の語を登録して歴史的仮名遣いに変換させる方法があります。だだし一つ一つ登録する手間がかかります。


 2.普通の入力ソフトに手を加えて使う方法

 一括登録できる辞書データを入手して入力ソフトの辞書として登録します。これが現在最も手軽に歴史的仮名遣い入力環境を作る方法です。

  無料ソフト:快適仮名遣ひ(歴史的仮名遣教室) MS-IME用、Google日本語入力用。


 3.入力ソフトを購入する方法

 以下を参考にして下さい。

  有料ソフト:ATOK(JustSystems Corporation)
       契冲(有限會社申申閣)


 4.自動書き換えソフトを利用する方法

 現代仮名遣いの文をペーストすれば歴史的仮名遣いに書き換え(置換)してくれるオンラインソフトが複数存在します。「歴史的仮名遣いを使って書く」という意義は失われてしまいますが、初心者には利用価値があるかもしれません。ただ、書き換え精度はどれも完全とは言えませんので注意が必要です。



参考:MS-IMEでの特定文字入力法

  「ゐ」「ゑ」「ゎ」の入力

 wyiと入力すると「ゐ」、wyeと入力すると「ゑ」が得られます。
 あるいは、wiと入力すると「うぃ」と表示されますが変換するとすぐに「ゐ、ヰ」が得られます。weと入力すると「うぇ」と表示されますが変換すれば「ゑ、ヱ」が得られます。
 また、xwa または lwa と入力すると「ゎ」と表示され、変換すると「ヮ」が得られます。

入力設定が「かな入力」に変更されている場合は「い」の変換候補の中から「ゐ、ヰ」を、「え」の変換候補から「ゑ、ヱ」を、「わ」の変換候補から「ゎ、ヮ」を選ぶ。

設定を「ローマ字入力」に戻すには言語バー右クリック→[プロパティ]→[詳細設定]→[全般タブ]の[入力設定]の[ローマ字入力/かな入力]で[ローマ字入力]を選ぶ。

 参考:MS-IMEのローマ字と仮名の対応表

 ローマ字入力でより速く「ゐ、ゑ」が入力できるようにするには

プロパティ→[詳細設定]の[全般タブ]の[ローマ字/色の設定]の[ローマ字設定]の[変更]をクリック→[ローマ字設定タブ]で[うぃ=wi]を選択→[変更]で[ひらがな]を「ゐ」に変更→[OK]、[うぇ=we]を選択→[変更]で[ひらがな]を「ゑ」に変更→[OK]→[OK]→[OK]

  「ゝ」「ゞ」「ヽ」「ヾ」(繰り返し符号・踊り字)の入力

 「おなじ」または「くりかえし」と入力して変換を繰り返すとこれらの符号が得られます。一旦使用すれば次からはすぐに変換されます。

 Microsoft Wordで縦書きの文を入力するときには2文字以上の繰り返しを表す細長い「く」の字様の符号(くの字点)を使用することができます。

プロパティ→IMEパッド→[文字一覧](虫眼鏡のアイコン)→プルダウンメニューで[JIS X 0213(1面)]を選択すると、1-2-19〜1-2-21に上下二分割形が収納されている。
また、より簡単には次の方法を取ることもできる。
「く」または「ぐ」を入力して選択し、右クリック→[フォント]→[詳細設定]の[倍率]に200〜300%程度を入力→[OK]


漢字の旧(正)字体入力について

 MS-IME用のヒント
  1.言語バーの「あ」または「A」を右クリック→プロパティ→詳細設定→辞書/学習→単漢字辞書にチェック。
  2.プロパティ→詳細設定→変換→詳細設定→変換文字を制限しないにチェック。

 旧漢字を入力するソフトや、テキスト中の新漢字をまとめて旧漢字に置き換えるソフトなどもあります。ネット上でお探し下さい。


濁点非表示やカタカナの文の入力について

 濁点非表示の変換辞書は大変非効率的なものとなってしまいます。またカタカナ辞書も使いにくいものです。一旦ふつうに文を作成した後、ソフトなどを利用して文字を一括差替えすることをお勧めします。


 戻る

 総目次