歴史的仮名遣いとは

歴史的仮名遣い 読み方の決まり

in English

歴史的仮名遣いとは「発音は時代とともに変化して来たが書き方は最初のまま変化させずに来た」という原理のものです。ですから今それを読むときには当然今の発音によって読みます。

「ゐ、ゑ」を「イ、エ」と読む。現代仮名遣いでは「い、え」と書く。

   ゐる→いる(居る)
   こゑ→こえ(声)  など

古文の例題

「を」を「オ」と読む。現代仮名遣いでは助詞の「を」を除いて「お」と書く。

   をばさん→おばさん  など

古文の例題

「ぢ、づ」を「ジ、ズ」と読む。現代仮名遣いではほとんど「じ、ず」と書く。

   おぢいさん→おじいさん
   まづ→まず(先ず)  など

語頭以外の「は、ひ、ふ、へ、ほ」を「ワ、イ、ウ、エ、オ」と読む。現代仮名遣いでは助詞の「は、へ」を除いて「わ、い、う、え、お」と書く。

   かは→かわ(川)
   会ひます→会います
   使ふ→使う
   まへ→まえ(前)
   おほい→おおい(多い)  など

古文の例題

「あう、あふ、かう、かふ、さう、さふ、・・・」などを「オー、コー、ソー、・・・」と読む。現代仮名遣いでは「おう、こう、そう、・・・」と書く。

   あふぎ→おうぎ(扇)
   行かう→行こう
   さうです→そうです
   ありがたう→ありがとう
   たふとい→とうとい(尊い)
   死なう→死のう
   まうす→もうす(申す)
   だらう→だろう
   散らう→散ろう  など

   かうかう→高校
   ざふきん→雑巾  など

古文の例題


ただし動詞は例外である。

「-あふ、-かふ、・・・」などの動詞は「-アウ、-カウ、・・・」と読む。現代仮名遣いでは「-あう、-かう、・・・」と書く。
古文では「-あふ、-かふ、・・・」などの動詞は上の原則通り「-オー、-コー、・・・」または現代的に「-アウ、-カウ、・・・」と読む。現代仮名遣いでは「-あう、-かう、・・・」と書く。

古文の例題

「いう、いふ、きう、きふ、しう、しふ、ちう、ちふ、・・・」などを「ユー、キュー、シュー、チュー、・・・」と読む。現代仮名遣いでは「ゆう、きゅう、しゅう、ちゅう、・・・」と書く。

   きうり→きゅうり
   悲しう→悲しゅう  など

   いうぎ→遊戯
   えいきう→永久
   じふじ→十時  など

例外:
「言ふ」は「ユー」と読むが、現代仮名遣いでは「ゆう」ではなく「いう」と書く。

古文の例題

「えう、えふ、けう、けふ、せう、せふ、てう、てふ、・・・」などを「ヨー、キョー、ショー、チョー、・・・」と読む。現代仮名遣いでは「よう、きょう、しょう、ちょう、・・・」と書く。

   けふ→きょう(今日)
   でせう→でしょう  など

   にちえう→日曜
   けうしつ→教室
   てふ→蝶  など

古文の例題

漢字の音読みでは「きやう、しやう、ちやう、・・・」などを「キョー、ショー、チョー、・・・」と読む。現代仮名遣いでは「きょう、しょう、ちょう、・・・」と書く。

   きやうだい→兄弟
   たいしやう→大将
   ちやうちやう→町長  など

古文の例題

漢字の音読みでは「くわ、ぐわ」を「カ、ガ」と読む。現代仮名遣いでは「か、が」と書く。

   くわし→菓子
   マングワ→漫画
   ゆくわい→愉快  など

古文の例題

促音・拗音の大きな「つ、や、ゆ、よ」を小さい「ッ、ャ、ュ、ョ」として読む。現代仮名遣いでは「っ、ゃ、ゅ、ょ」と書く。

   あつた→あった
   ちやんと→ちゃんと  など

古文の場合には助動詞の「む」を「ン」と読む。現代仮名遣いでは「ん」と書く。

   逢はむ→あわん
   〜せむ→〜せん
   ありけむ→ありけん
   取りてむ→とりてん
   給ひなむ→たまいなん
   吹かむとす→ふかんとす
   まかりなむずる→まかりなんずる  など

例題

 上に挙げた決まりには例外や些少の追加項目がありますが省略します。完全版で学習してください。


 発音の変化についてひとつだけ説明しておきましょう。

 「きょう」を昔は「けふ」と書いたのはなぜでしょう。

 大昔は実際に「ケフ」と発音していたのですが、
 その「ケフ」という発音は楽に発音すると「ケウ」になります。 「オハヨー」が「オアヨー」という感じになるのと同じでハ行はア行になりやすいのです。
 その「ケウ」を口を開けたまま(顎を閉じないで)発音すると「ケオ」のようになります。
 そしてその「ケオ」を早く言うと「キョー」になります。 

 このような理由で「ケフ」という発音は長い間に「キョー」に変化してきて、そしてその「キョー」を今では「きょう」と書くことにしているのです。
 歴史的仮名遣いは発音と関係のない変な書き方をしているわけではなく、大昔の発音がどうであったのかを示しているものなのです。


歴史的仮名遣いの基盤となる五十音図

   
   
   
 
                     
           
           
           
           
           

 (「ゐ」の片仮名は「ヰ」、「ゑ」の片仮名は「ヱ」。)


現代仮名遣いで生活している私たちも実は歴史的仮名遣いから全く離れてしまっているわけではありません。

 「こんにちは」と書いて「コンニチワ」と読んでいます。
 「〜原(はら)」を「ワラ」と読みます。(藤原、菅原、・・・)
 「羽、把」は「ハ」と読む漢字だと知りながら「一羽、一把」を「イチワ」と読んでいます。
 「8(はち)」を九九で「ワ」と読んだり、語呂合わせで「ワ」と読んだりします。
 「ホオ(頬)」と言いながら「ほほ」と書くことがあります。
 「不知火(しらぬい)」に「しらぬ」と振り仮名をつけたくなります。
   ・
   ・
   ・


学校での試験問題の考え方 

 学校のテストや試験で出題されるのはほとんど「次の古文を現代仮名遣いに変えなさい。」という形式の問題です。
 この「現代仮名遣いに変える」とは

 「この古文を現代ではどのように発音して読むでしょうか。それを現代仮名遣いで書きなさい。」

 という意味です。
 発音通りの仮名を書くのではなく現代仮名遣いの決まりで書くこと、また古い語を現代語に変えたり分かりやすい言い方に変えたりするのではないことに注意して下さい。

 それでは読み方試験1(7級)を受けてみましょう。


 現代文の読み取り練習


 

例題と試験問題についての注意:
現代仮名遣いとはいわば現代語のための専用の仮名遣いですから、古文を現代仮名遣いで書くことはふつうはしないことです。古文の現代における読み方を示すための便宜的な作業と考えてください。
古文を現代仮名遣いで書くことの困難については
こちらを参照して下さい。



戻る

総目次