仮名の使い分けとは?

 現代仮名遣いを使っている私たちもふだん次のように仮名を使い分けています。

 

 「お」と発音する仮名    こ
               おと
さん
               え
かく

 「え」と発音する仮名    おねさん
               え

               そこ
いく

 「わ」と発音する仮名    たし
               これ

 「ゆ」と発音する仮名    うごはん
               
うだけ

 「じ」と発音する仮名    あ
               ち

 「ず」と発音する仮名    す
               こ
かい

 

 つまり、現代の私たちもすべて発音のままに書いているわけではなく、仮名の使い分けの決まりにしたがって書いているのです。

 次は 小学生の皆さんへ を読みましょう。


戻る

総目次