古典文法事項

大原則:現代仮名遣ひの語頭以外の「わ、い、う、え、お」を「は、ひ、ふ、へ、ほ」とする。「ず」を「づ」とする。
この大原則を超えて注意すべきものを以下に挙げる。

●仮名遣ひに注意すべき動詞活用とその語例通常の活用表ではないことに注意)




  連用形 命令形
か行  
が行  
さ行 ま(増)  
は行 (買)  
ば行 よ(呼)  
ま行 たの(頼)  
ら行 下さます 下さ




  未然形 連用形 終止形 連体形 已然形 命令形
ま行          
わ行 (居) るが れば ゐい




  未然形 連用形 終止形 連体形 已然形 命令形
だ行 ぢず るが れば よ 閉
は行          
や行 いず るが れば よ 老




  未然形 連用形 終止形 連体形 已然形 命令形
全行           得(え) 助け 流れ
ざ行     ま(交) 交 るが れば 交ぜ
は行   (仕)        
や行 えず るが れば よ 越えい 越
わ行 ゑず  植る 植 るが 植るが れば 植れば よ 植ゑい 植



  終止形 連体形 已然形 命令形
さ行      
ざ行  信 るが れば 信ぜ



命令形

(以上、通常の活用表ではないことに注意)

 

●仮名遣ひに注意すべき形容詞活用とその語例 (通常の活用表ではないことに注意)

  連用形 終止形 連体形
く活用 (赤)
しく活用 しう 嬉し 嬉し

 

●仮名遣ひに注意すべき形容動詞活用とその語例 (通常の活用表ではないことに注意)

  未然形 連用形 終止形 連体形
なり活用 確かぢやらう 確かぢやつた 確かぢや 確かぢや

 

●仮名遣ひに注意すべき助動詞 (通常の活用表ではないことに注意)

  未然形 連用形 終止形 連体形 已然形 命令形
指定 ぢやら ぢや ぢや ぢや    
比況
伝聞
推定
やうなら


やうに やうなり やう
さうなり さうに さう

やうなり やうな やうぢや やう
さうなり さうな さう
らう
やうなる やうな やう
さうなる さう
らう
やうなれ やうなら
さうなれ さうなら

 
未来
推量
意志














べう





うず うず
らう

らし




うず うず
らう

らし




うず



 
上の打消   じう まじ ま まじ ま けれ  
打消







   
希望  

たう
まほしう

まほし


   
上の打消   まう まう まう まうけれ  
受身
可能
自発









らゆ
れる
られる
   


られ
使役     しむる
す する せる
さす さする させる
    しめ

させ
尊敬   まう












ます
るる れる
らる らるる られる
しやるる しやる
つしやるる つしやる
つしやるる つしやる
さしやる
さつしやるる さつしやる
さつしやるる さつしやる
やしやる
やつしやる






























られ
しや
つしや
つせ
さしや
さつしや
さつせ
やしや
やつしや

謙譲
丁重
    まらする
まする ます
    まらせ
ませ
丁重指定 ざうらは
ざう
ざうらひ ざうらう
ざう
ざうらふ
ざう
ざうらふ
ざう
ざうらへ

 

 

●仮名遣ひに注意すべき助詞

間投 (上代)


なあ
いなう

(近世・呼びかけ、親しみ)
なう

まで

なう

わい

(上代・感動)
らう
(上代)
接続
ものゆ

 

戻る

総目次