補講103教室

特別授業:音便表記についての誤解

 「歴史的仮名遣ひは発音が変化しても表記を変へないのが原則だが、音便は発音と元の表記の隔たりが大きいので妥協して表記を変へる」・・・

 といふ理解は間違つてゐます。

 

 「会ひて」は昔は「アフィテ」と発音されましたが、その後同じ表記のまま「ひ」の部分が「イ」と発音されるやうになり「アイテ」となりました。「アフィテ」といふ発音は消えてしまひました。同じ語が歴史的に発音変化してきたわけです。これを転呼と言ひます。

 これに対して音便形の「会うて」や「会つて」は「ひ」の仮名が「ウ」や「ッ」と読まれたわけではありません。元の語とは明らかに違ふ言ひ方であると意識されて使はれたもので、元の語と音便形は並存の関係にあります。(元の語は「フォーマルな」言ひ方、音便形は「今風の」言ひ方と意識されたでせう。)

 前者の「転呼」は語が変化したのではなく、単に仮名の発音習慣の方が変化したに過ぎないものです。語そのものは一貫して同じ語ですから、もちろん表記も一貫してゐます。
 後者の「音便」は新語の誕生です。新語ですから誕生したときの発音のままに書かれます。元の語も古い言ひ方や改まつた言ひ方として元の書き方のまま残ります。それぞれ別の語なのですから表記も別々であるのが当然です。現代語の例で言へば「あんた」は元々「あなた」だつたのだから「あなた」と書くべきだといふことにはなりません。「あんた」は「あなた」とは別の語として「あんた」と書かれます。

 このことを理解してゐないと歴史的仮名遣ひの原理に齟齬があるやうに感じてしまひます。
 歴史的仮名遣ひにおける発音と表記の関係は首尾一貫してゐると理解してください。

詳しくは発音の変化と表記の関係参照


 戻る 特別授業目録へ