補講106教室

特別授業:古文の動詞を現代仮名遣ひに変へるときの問題について

 「歴史的仮名遣ひを現代仮名遣ひに変へる」とは、「その文の現代での発音を現代仮名遣ひで書く」といふことです。
 ただ、古文の動詞の場合にはちよつと気を付けて下さい。

 例へば古文の「ねが(願)ふ」は「ネゴー」と読んでも「ネガウ」と読んでもいいのです※1が、しかしこれを現代仮名遣ひに変へるときは「ねごう」ではなく「ねがう」の方を選びます。
 なぜなら現代仮名遣ひで「ねごう」と書く動詞が存在しないからです。もし存在するなら「ねごわない」「ねごいます」も存在するはずですがそんな語はありません。

 もし問題が「現代仮名遣ひに変へよ」ではなく「現代における読み方を示せ」であつたなら、「ねごう」も正解といつてよいことになるでせう。

 「願ひて」の音便形「ねがうて」を現代仮名遣ひに変へよといふのならば「ねごうて」とします。「ねがうて」はあくまで「ネゴーテ」と読み、「ネガウテ」とは読まないのですから。

歴史的仮名遣ひ 読み方 現代仮名遣ひ 読み方
ねがふ(終止・連体形) 願ふ、願ふがごとく ネゴーまたはネガウ ねがう ネガウ
ねがう〜(連用形の音便) 願うて、願う奉る ネゴー ねごう〜 ネゴー

※1 古文・文語文の動詞を分かりやすく読むには参照

 参考


 念のために現代文における場合を示しておきます。

歴史的仮名遣ひ 読み方 現代仮名遣ひ
ねがふ(終止・連体形) 願ふ、願ふとき ネガウ ねがう
ねが〜(連用形の音便) 願うて ネゴー ねごう〜


●「ふ」で終はる歴史的仮名遣ひの動詞を現代仮名遣ひに変へる方法

1.「ふ」が含まれてゐる語形のとき

  ハ行転呼のみした発音を現代仮名遣ひで書くと考へる※2

歴史的仮名遣 ハ行転呼のみ 完全転呼した読み 現代仮名遣
ねがふ ネガウ ネゴー ねがう
うたふ ウタウ ウトー うたう
ささふ ササウ サソー ささう
ながらふ ナガラウ ナガロー ながらう
ながらふる ナガラウル ナガロール ながらうる
ながらふれば ナガラウレバ ナガローレバ ながらうれば
いふ イウ ユー いう
まじふ マジウ マジュー まじう
まじふる マジウル マジュール まじうる
まじふれば マジウレバ マジューレバ まじうれば
くふ クウ クー くう
うれふ ウレウ ウリョー うれう
うれふる ウレウル ウリョール うれうる
うれふれど ウレウレド ウリョーレド うれうれど
おもふ オモウ オモー おもう

※2 完全転呼した発音に従ふはうが原理的にはすつきりするが、現代標準語ではこの種の動詞の語尾を長音化転呼しないためそれに従ふ。

.「ふ」が含まれてゐない形に変化してゐるとき

  完全転呼(ハ行転呼、長音化転呼、「む」の撥音転呼など)した発音を現代仮名遣ひで書くと考へる。

歴史的仮名遣 ハ行転呼のみ 完全転呼した読み 現代仮名遣
ねがはむ ネガワム ネガワン ねがわん
ねがはう ネガワウ ネガオー ねがおう
ねがひて ネガイテ ネガイテ ねがいて
ねがうて ネガウテ ネゴーテ ねごうて
ねがへば ネガエバ ネガエバ ねがえば
ながらへて ナガラエテ ナガラエテ ながらえて
ながらうて ナガラウテ ナガローテ ながろうて

  なほ、1.であつても専ら文語の補助動詞として耳慣れた一部のものは慣用的に2.と同じとする。

歴史的仮名遣 完全転呼した読み 現代仮名遣
〜さうらふ 〜ソーロー 〜そうろう
〜たまふ 〜タモー 〜たもう

  長音化転呼するのがふつうの慣用句も2.と同じとする。

歴史的仮名遣 完全転呼した読み 現代仮名遣
まがふかたなき マゴーカタナキ まごうかたなき


「酔ふ」について

 「ゑふ」は古語。「よふ」は後にできた新語。別の語として扱ふ。

「ゑふ」は

歴史的仮名遣 ハ行転呼のみ 完全転呼した読み 現代仮名遣
       
ゑふ エウ ヨー えう
       
ゑひて エイテ エーテ(エイテ) えいて
ゑうて エウテ ヨーテ ようて

「よふ」は

歴史的仮名遣 ハ行転呼のみ 完全転呼した読み 現代仮名遣
       
よふ ヨウ ヨー よう
       
よひて ヨイテ ヨイテ よいて
ようて ヨウテ ヨーテ ようて

参考 参考


難しい問題について

 上に書いた「方法」によれば「憂ひて」の音便「憂うて」は2.により次のやうに考へなければなりません。

歴史的仮名遣 ハ行転呼のみ 完全転呼した読み 現代仮名遣
うれうて ウレウテ ウリョーテ うりょうて

 しかし、「うりょうて」とはなんでせう。例へば学校のテストで果たして「うりょうて」といふ答を求めることができるでせうか。どうも行き過ぎな感じがします。
 そこで1.のやうに長音化転呼しない「うれうて」の方がふさはしいと考へることにすると今度は

歴史的仮名遣 ハ行転呼のみ 完全転呼した読み 現代仮名遣
ねがうて ネガウテ ネゴーテ ×ねがうて
ながらうて ナガラウテ ナガローテ ×ながらうて
うれうて ウレウテ ウリョーテ ×うれうて

 といふことになりますが、ではこの現代仮名遣ひの「ねがうて」や「ながらうて」は一体何なのでせう。そんな語が存在するでせうか。
 結局正しい答は2.に従つて「ねごうて」「ながろうて」「うりょうて」であるとせざるを得ないのですが、さあそれで「うりょうて」に納得がいくでせうか。

 さて、この問題以外にも動詞の現代仮名遣ひ表記についての一連の説明にいろいろと納得し難い部分がなかつたでせうか。
 「古文を現代仮名遣ひに直しなさい」といふ設問の考へ方は、一応当り障りのない範囲では何といふこともないやうに見えても、少し突き詰めて考へてみると実は非常に難しい問題を孕んでゐるものなのです。教育的見地からはある一定の意味はあるでせうが、実は原理的な無理――「現代仮名遣ひ」が対象とするのは専ら現代語であることを無視して設問されてゐる――を含んでゐるものなのです。


お断り:
「現代仮名遣ひ」は現代の発音に従つて書くと規定されてゐるものです。古文の現代における読みがすべて一意的に決まるわけではない以上、古文を現代仮名遣ひに変へるための矛盾のない包括的方法を示すことは困難です。
参考


戻る 特別授業目録へ