補講201教室

特別授業:定家仮名遣ひ、契沖仮名遣ひ、歴史的仮名遣ひ、現代仮名遣ひ


定家仮名遣ひ

 1.歌人藤原定家は鎌倉時代初期の1210年代頃から一部の仮名遣ひの混乱を旧に復さうと企図し始め、その後『下官集』に由緒正しいと考へる仮名遣ひの例を示した。
 それは「い、ひ、ゐ」「え、へ、ゑ」「お、を」についての使ひ分けを七十数語について示しただけの単語集であつたが、うち十五語は正しいものではなかつた。根拠とした平安時代の文書が十分に古いものでなかつたために完全な使ひ分けの実態を認識することができず、また、「お」と「を」の使ひ分けの多くをアクセントの低高によるものと誤つて定義したための誤りであつた。
 その後この単語集を様々に増補したものが流布する。

誤りの例: しむ りふし かての木 草木をうへをく ことのゆ ゆく おぬれは つに よのま 他

 2.南北朝の1360年代に至つて僧行阿が『仮名文字遣』を著した。これは定家の三類八字に「は、わ」「む、ふ、う」「ほ」を加へた五類十四字について使ひ分けを示した単語集で、追加した文字分については相当正確なものであつたが、従来分については誤りを十分に正すことができなかつた。また「お、を」についての考へ方の誤りも受け継いでゐる。
 この行阿の仮名遣ひは一般には「定家仮名遣ひ」として受け取られ、その後増補されつつ秘伝化して歌道などの世界では明治維新まで権威あるものと見なされることになる。しかし同時に、当時はアクセントが時代を経るに従つて変化するものであることは知られてゐなかつたので、現実のアクセントに合はない不合理な仮名遣ひであると見なされることにもなつた。

 「定家仮名遣ひ」や「行阿仮名遣ひ」と言ふと、何か独自の仮名遣ひ方式の名称のやうに受け取られ勝ちだが、その実体は単なる語の羅列に過ぎなかつた。「仮名遣ひ便覧」のやうなものであつたと言へよう。


契沖仮名遣ひ

 万葉集研究者の僧契沖が奈良、平安の古典を調べて仮名遣ひの整然としてゐることを知り、1695年に『和字正濫鈔』を出版して正しい(混乱以前の)綴りとその根拠を示した。後に続く国学者たちはさらに研究を深めてこれを増補するとともに、仮名の使ひ分けがそれぞれの語の元々の発音に基づくものであり、その後の混乱は発音の歴史的変化によるものであることなどをも正しくつきとめた。これらの研究は仮名遣ひを単なる慣習としてではなく確たる根拠のあるものとして捉へたもので、過去の仮名遣ひ論とは一線を画し、以後の研究の範となつたものであつた。
 このやうにして近代科学的裏打ちを与へられた仮名遣ひシステムは後に歴史的仮名遣ひと呼ばれた。

 この仮名遣ひもまた「契沖」の名を冠してゐるからといつて、これを彼個人の創意による新方式であるかのやうに受け取るのは誤りである。往々にして見られる「契沖が従来の仮名遣ひを一新した」とか「契沖が新たに歴史的仮名遣ひを規定した」あるいは「契沖が定めた」などといふ表現は誤解を広めてゐる。
 契沖仮名遣ひが行つたことは平安時代以降の個々の綴りの間違ひや迷ひの払拭であり、それ以上の変革を提示したわけではない。「これまで当てずつぽうで書いてきたところもあつたが、調べてみたら元々はかうであつた。」といふ内容のものである。当然従来の表記慣習の根本(文字とその発音の関係)になんらの変化を与へたものでもなかつた。

注:
奈良時代に書かれた万葉仮名の文書では、後の仮名文字で書き分けられる以上の数の音を漢字で書き分けてゐる。これは上代特殊仮名遣ひと呼ばれるが、いはゆる仮名遣ひとは異なる範疇のものであり、契沖はこれを取り上げてゐるものではない。


定家仮名遣ひと契沖仮名遣ひの関係

 この二つは方式を異にするといふものではない。いづれもあるべき仮名遣ひを明らかにしようとしたものであるが、後者は近代的な手法で前者を訂正したのである。


歴史的仮名遣ひ

 契沖仮名遣ひの別称とされることもあるが、狭義としては明治初年から概ね第二次大戦後まで流布した規範的仮名遣ひを言ふ。契沖以後の研究成果を含み、また本居宣長による字音仮名遣ひの範疇を含めて言ふのがふつうである。原理と根拠が明白なので半自動的に公的に採用され、成文化・法定化されないまま推移した。
 明治から昭和前期までは単に「仮名遣ひ」といへばふつうはこれを指し、あへて「歴史的仮名遣ひ」といふ時には「契沖以来明らかにされてきた正しい仮名遣ひ」といふニュアンスで使はれた。
 ところが現代仮名遣ひが制定されると、「歴史的仮名遣ひ」といふ用語に「現代仮名遣ひ以前の伝統的仮名遣ひ」といふ新たな意味での用法が付け加はつた。平安から昭和前期まで行はれた仮名遣ひ一般を、それらの持つ非現代仮名遣ひ的な共通特徴、すなはち「ゐ、ゑ」の使用や「ぢ、づ、を」の一般的使用、ハ行転呼・長音化転呼を当然の前提としてゐること、などを捉へて包括的に指すこととなつたのである。「平安以降一貫して続いてきた表記慣習による書き方」といふ意味の、いはば広義の「歴史的仮名遣ひ」である。この意味では定家仮名遣ひは歴史的仮名遣ひである。


現代仮名遣ひ

 戦後、現代発音との一致を目指して歴史的仮名遣ひを大幅に整理し成文化したもの。ただし音と文字の一対一対応は達成されてゐない。(参照
 現代の発音に従ふとされてゐるため古文を書き表すのに原理的な困難があり、その適用範囲は主として現代の口語文であると規定されてゐる。

 現代仮名遣ひは平安以降保たれてきた表記慣習の根本(文字とその発音の関係)を初めて人為的に変更した仮名遣ひ方式である。
 具体的には「転呼」、つまり語頭以外の「は、ひ、ふ、へ、ほ」を「ワ、イ、ウ、エ、オ」と発音することと「あう、かう、・・、いう、きう、・・、えう、けう、・・」類を「オー、コー、・・、ユー、キュー、・・、ヨー、キョー、・・」と発音することをやめ、また「ゐ、ゑ」を使用せず、「ぢ、づ、を」も一般的には使用しないこととした結果、表記の視覚的印象が従来とは大きく変はることとなつた。


現代仮名遣ひ・歴史的仮名遣ひ・定家仮名遣ひ

 この三つを並列関係で見るのは誤りである。現代仮名遣ひを一方に置いて見れば、歴史的仮名遣ひと定家仮名遣ひは一つのものである。歴史的仮名遣ひと定家仮名遣ひとが両者相並び立つといふわけではなく、その違ひは単に定家仮名遣ひの方が不完全であるといふだけのものである。

 

各仮名遣ひの関係概念模式図
 各時代の枠内全体が「問題となる仮名を含む和語・準和語の集合」。濃色地(「共通部分」と記した)は歴史的仮名遣ひに一致する部分。薄色・白色地は異なる部分。
 黒太枠は成文仮名遣ひ名。青枠はその仮名遣ひが収録・規定してゐる範囲。範囲・部分比は大まかなもの。

  平安前期の表記    平安中期の表記     定家実践の表記     歌壇の表記       国学者の表記    一般教養人の実際    無学者の実態     明治〜昭和の規範   現代一般の表記

 ※1従来の伝統の枠内に収めたため現代発音に一致しない部分
  「おお、こお、そお・・・」と同じ発音の語を「おう、こう、そう・・・」と書く など。
 
※2従来の伝統をそのまま採用して現代発音を無視した部分
  「わ、え、お」と同じ発音の助詞を「は、へ、を」と書く など。


参考:歴史的仮名遣ひ普及・確立の事情 江戸時代の仮名遣ひ

戻る 特別授業目録へ